カウンタ

COUNTER1383356

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

学校長より >> 記事詳細

2016/12/22

2学期終業式 校長の話

| by manager
「夢は見ないと始まらない!」

 今日は12月22日。昨日21日は、暦の上では何と言いますか。そうです、冬至です。昨日はゆず風呂に入って、かぼちゃを食べました。昔から風邪をひかないと言われています。冬休み、元気に過ごしてください。
 まず、「2学期、一日も休まなかった人、立ってください」。一日も休まないということはすごいことです。今日はしんどいなあ、いやなあなど、いろいろあったと思いますが、まず自分で乗り越え、そして家の人や友達、先生に後押しされて頑張った結果だと思います。2学期皆勤賞の人はもちろん、残念ながら、家の用事や体調不良などで休んでしまった人も含め、頑張って学校に来た人に、みんなで大きな拍手を送りましょう。座ってください。
 さて、みんなの2学期の頑張りを振り返ると、まず、1番は、なんといっても今の皆勤賞、つまり、学校に来たこと。終礼放送の佐々木先生のあの「今日もよう学校に来たね」というぬくもりのある、ほっとする響き。みんないつも、どんな思いで聞いていますか。
 2番は、体育大会と合唱コンクール。全員の一生懸命さが光った体育大会。ハーモニーで一致団結した合唱コンクール。中でも、3年生の学年合唱は圧巻で、あの感動が今もよみがえってきます。みんなを大きな感動の渦に巻き込みました。
 次に、この終業式で皆さんに伝えたいことはこれです。
 「夢は見ないと始まらない!」です。今、皆さんはどんな夢を持っていますか。まずは夢を見ること、持つことです。例えば、オリンピックに出ること、ノーベル賞を取ること、プロ野球選手やサッカー選手、幼稚園や学校の先生になること、さらに、人の役に立つ仕事をしたいと考えている人など、人それぞれだと思います。どうせ叶わないんだからとあきらめていませんか。自分で範囲を制限して、叶わないと決めつけて、夢を見ることさえあきらめていませんか。まずは、夢を書き出してみることです。きっと、気づきがいっぱいあると思います。
 みなさんはサッカーのカズこと、三浦知良(みうらかずよし)選手を知っていますか。彼は、「夢は語ったほうがいい。言わなきゃ、何も始まらない!」と言っていました。夢を言葉にして語ることで、自分を奮い立たせることもできるし、より具体的に一歩先に進むことができると思います。
 みなさんも、この冬休みの間に、夢、目標であってもかまいません。自分で考えて、語れるようにしておいてください。 
 それでは3学期、みなさん全員と元気に会えることを約束して、2学期の終業式のあいさつとします。

          平成28年12月22日(木)           校長  南 亮司




10:00

2019校長メッセージ

2019夏季大会

2018校長メッセージ

2018秋季大会

2018夏季大会

2018春季大会

2018入学式

2017校長メッセージ

2016校長メッセージ

2017入学式