カウンタ

COUNTER1383406

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

学校長より >> 記事詳細

2020/04/07

令和2年度が始まりました

| by manager
 今年度から本校校長に赴任しました、布川 宏と申します。南前校長の築き上げられた校風と気質を受け継ぎ、久御山中学校がますます発展し、生徒たちが生き生きと学習、活動ができる学校作りを目指して参ります。何卒よろしくお願いします。
 過日、令和2年度第1学期始業式を挙行しました。新型コロナウイルス対策として、体育館での実施から、急遽グラウンドへ変更しましたが、生徒たちが臨機応変に対応してくれたおかげで、スムーズに進行することができました。式を縮小するため、式辞も簡単な挨拶となりましたが、生徒へ伝えたいと思い、用意した原稿を掲載いたします。

1学期始業式 校長あいさつ                    R2.4.7 校長

 新2年生、新3年生への進級おめでとうございます。
 
 様々な考え方から、1年の始まりがあります。普通に考えれば、1月、お正月が1年の始まりです。昔、農耕時代は農業が始まる3月が1年の始まりと考えられていました。つまり、1年の終わりが2月ということです。だから、皆さんもご存じの通り、30日31日の一カ月が、日にちを調節するために2月だけ28日、今年は閏年なので29日しかないのです。
 海外では学校の始まりが9月の国もありますが、日本ではこの4月が学校の始まり、つまり、1年の始まりと考えられます。スタートにあたり、たくさんの思いを皆さんは持っておられると思います。我々教職員も、たくさんの思いを皆さんに伝えたいと思っています。
 今、世界中が困難な状況です。式自体も縮減され、明日の入学式も代表生徒のみの参加となっています。多くを告げられませんが、二つだけお伝えします。
 一つは今年度の本校のキャッチフレーズ、学校だより等でもお知らせしますが、「心躍る久御山」と掲げました。皆さんの学校生活が、心躍る、ワクワクするものとなってほしいと願っています。詳しくは学校だよりを見ておいてください。
 二つ目は、このような状況に対する心構えです。簡単に述べますが「自粛と準備」の気持ちを持ってほしいということです。今、動くべきではないときには動かない、そして、この状況が終息し、動かなければならないときにしっかりと心と体と頭が動かせるように準備を怠らないことです。
 繰り返しますが、多くを伝えられません。甚だ簡単ですが、令和2年度1学期始業式の挨拶とします。


22:32

2019校長メッセージ

2019夏季大会

2018校長メッセージ

2018秋季大会

2018夏季大会

2018春季大会

2018入学式

2017校長メッセージ

2016校長メッセージ

2017入学式