カウンタ

COUNTER1383474

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

学校長より >> 記事詳細

2016/07/20

夏季大会 壮行会 校長の話 

| by manager

「仲間の失敗を許し、仲間を信じよう」 
          
                      

 いよいよ明日から夏季大会が始まります。3年生、まず3年間続けてこれたことがすばらしいと思います。よく頑張りました。今まで楽しいこと、つらいこと、いやなこと、怒られたこと、ほめられたこと、悔しい思いをしたこと、飛び上がるほどうれしかったこと、人それぞれだと思います。これで十分です。もう終わったみたいなものです。明日からはどれだけいい思い出を作ることができるか、どれだけいい色のメダルが取れるかです。ここからの頑張りでメダルの色が変わってくると思います。

 さて、人は必ず負けます。明日負けるか、あさって負けるか、全国大会に行く人でも1ヵ月後終わります。大切なのはどのような終わり方をするかです。人は必ず失敗をします。失敗をして負けます。失敗は誰にでもあることです。例えば、最後のバッターで三振をしてゲームセット。三振した人は自分が失敗したから負けたと思うでしょう。どうでしょうか。三振は失敗でしょうか。最後の大会で、失敗を責めても何も残りません。

 最後に、一緒に頑張ってきた仲間の失敗を許し、仲間を信じて、いい終わり方をしてください。みんなの健闘を祈ります。

             平成28年7月20日  校長 南 亮司


10:30

2019校長メッセージ

2019夏季大会

2018校長メッセージ

2018秋季大会

2018夏季大会

2018春季大会

2018入学式

2017校長メッセージ

2016校長メッセージ

2017入学式