カウンタ

COUNTER1383465

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

学校長より >> 記事詳細

2017/12/22

「走った距離は裏切らない」

| by manager

 
     「走った距離は裏切らない!」                              
                                       H29.12.22 校長

 今日は12月22日冬至。冬至にはゆず風呂に入って、かぼちゃを食べる風習があります。そうすると昔から風邪をひかないと言われています。冬休み、元気に過ごしてください。
 まず、「2学期、一日も休まなかった人、立ってください」。2学期皆勤賞の人はもちろん、残念ながら、家の用事や体調不良などで休んでしまった人も含め、頑張って学校に来た人に、みんなで大きな拍手を送りましょう。座ってください。
 まず、みんなの2学期の頑張りを振り返ると、1番は、なんといっても今の皆勤賞、つまり、学校に来たこと。
 2番は、体育大会と合唱コンクール。全員の一生懸命さと結集力が光った体育大会。「それが大事」「負けないこと、投げ出さないこと、逃げ出さないこと、信じ抜くこと」、何が大事なことか見つけられた合唱コンクール。中でも、3年生の「大地讃頌」の学年合唱は圧巻で、「栄光の架け橋」には参りました。あの感動が今もよみがえってきます。その後、生徒会を中心に、セーフティーマップの作成など、自分たちで学校をよくしていこう、当たり前のことが当たり前にできる学校にしようと頑張っています。
 さて、今日の終業式で皆さんに伝えたいことは「走り続けよう!」です。アテネ五輪のマラソンで金メダルを取った野口みずきさんが「走った距離は、裏切らない」と言っていました。「努力は裏切らない」と言うように、走った距離、つまり毎日の積み重ねが最後にはものを言うということです。
 また、あの相対性理論で有名な物理学者のアインシュタインは「人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走らなければならない」と言っています。一度止まると動き出すのは大変になりますが、走り続けていれば慣性で比較的楽に前進することができます。時にはギアチェンジをしたりある程度の休憩があってもいいのではないでしょうか。
 11月に入って走るクラブが増えてきました。サッカー部の数人が自主練習で走り始め、もう2ヶ月走り続けています。サッカー部は放課後練習で学校周り10周(約8k)を走ってから練習をするので、ボール練習をたくさんしたいから朝に走っていると聞きました。さらに、「朝から10周(8k)走りすぎではないですか」と顧問の先生に聞くと「習慣です。それだけ上の大会を目指しているということです」と返答がありました。また最近、練習試合でも勝てるようになってきたとも言っておられました。きっと、見えない力、つまり続ける力、我慢する力、耐える力、しんどいことを乗り越える力がついてきたのだと思います。また、生徒会の人が朝早く来ていたので、「どうしたの」と聞くと「放課後クラブに行きたいので朝にしています」と言っていました。1月からこの前話した「部活動の休養日」を設定します。時間を上手に使い、量より質の部活動にしてください。最近は、ほかにも多くのクラブが走り続けているところを目にします。走った距離は裏切らないと思います。
 3年生は勉強に走り続けましょう。NMB(なんか、めっちゃ、勉強したい)というネーミングで、自主的に朝勉強している人も多くいました。眠くても朝早く来て、勉強した時間は裏切らないと思います。
 それでは3学期、みなさんと元気に会えることを約束して、終業式の話とします。



10:30

2019校長メッセージ

2019夏季大会

2018校長メッセージ

2018秋季大会

2018夏季大会

2018春季大会

2018入学式

2017校長メッセージ

2016校長メッセージ

2017入学式