カウンタ

COUNTER1383418

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

学校長より >> 記事詳細

2019/04/08

1学期始業式 「どんなときも久御山」

| by manager

1学期始業式 校長あいさつ                           

 みなさん、おはようございます。
 今は新しいクラスのメンバーや担任、部活動顧問のことなどで、期待でわくわくしている人も多いと思いますが、その反面不安でいっぱいの人など、本当に人それぞれだと思います。

 私はノートルダム清心学園の渡邊和子さんの「置かれた場所で咲きなさい」という本に出会い、どんなことでもポジティブにとらえるようにしました。この本では「咲くということは、仕方ないと開き直るのではなく、自分も周囲の人も幸せにすること」、そして「置かれたところこそが、今のあなたの居場所であること」。しかし「どうしても咲けない時がある。その時は根を下へ下へと降ろそう」という内容でした。

 今一人一人のいろいろな気持ちがあると思いますが、ただ言えることは、自分の考え方が変わること、心の持ち方を変えることで「自分という花」を咲かせることが可能になるということです。置かれた場所こそが自分の居場所で、そこで花を咲かせてくれることに期待しています。

 実は先生方も同じです。担任、学年、部活動顧問など全員が希望通りではありません。最初の職員会議で私から「置かれた場所で咲きましょう」という話をしたところ、先生方も変わろうとし、すべての先生方が「置かれた場所で咲こう」としていることも知っておいてください。

 さて、昨年のキーワードは「おもろいやんか久御山」でした。1年間を通して、おもろいということは一人一人が自分から、感じて、気づいて、考えて行動するということなのだとみんなから教えてもらいました。そしてみんなの頑張りが地元の新聞(道標号外)に大きく取り上げられ、この2年でHPのアクセス数が今朝見ると56万回になっていました。

 そこで、今年のキーワードは「どんなときも久御山」です。どんなときでもどんな困難に出合っても、前向きにポジティブに行動すること。そして、どんなときも自分は自分らしくあること。迷ったり悩んだりすることもすべていい経験として、自分の道を進んでいこうということです。そして今後、どんなときも自分はこうありたい、どんなときも自分はこう行動するというものを探し求めてください。

 結びに、久御山中学校の先生はみんなの応援者です。「久御山ONE(ひとつになる)」で結集力を発揮してみんなの夢を応援します。また特に3年生には新たな伝説の卒業式を創りあげてくれることを期待し、始業式の挨拶とします。
                          H31.4.8 校長


12:00

2019校長メッセージ

2019夏季大会

2018校長メッセージ

2018秋季大会

2018夏季大会

2018春季大会

2018入学式

2017校長メッセージ

2016校長メッセージ

2017入学式