カウンタ

COUNTER1383486

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

学校長より >> 記事詳細

2017/08/28

2学期始業式の話

| by manager
 
 「いい習慣を!」

 おはようございます。今日もよう学校に来ました。夏休み、大きな事故もなく、このようにみんなが元気に学校に来れて、気持ちのいいあいさつで2学期がスタートできたことを大変うれしく思います。

 
 まず、剣道部女子の全国大会3位。私も佐賀の会場で応援していて、日頃学校で見る生徒がとても大きくたくましく見え、誇らしかったです。
 さらに、男子卓球部が初の京都府3位、女子バスケット部が山城3位、野球部山城出場、個人でも剣道、バドミントン、水泳、女子ソフトテニスが上位の大会へ出場。このあとの表彰式で紹介します。吹奏楽部の府コンクール、美術部、仲間いっぱい夏のつどいも頑張っていました。 
 私も各会場に応援に行き、みんなの頑張り、笑顔、励まし合う姿、汗と涙など数多くのドラマと感動を魅せていただきました。今後、みなさんの大きな財産(宝物)になると思います。

 また、そんな中、気になった選手一人、春の大会では控えで3塁のコーチャーボックスに立っていたある選手が、夏の大会の決勝戦のマウンドに立ってピッチャーとして投げて好投いる姿には驚きと同時に、うれしくこみ上げてくるものがありました。「あきらめないこと」「チャンスを活かすこと」ってこういうことかと感じさせられました。顧問の先生に聞くと、彼はクラブノートを出すことを一日も忘れたことがないというエピソードも聞きました。

 そして、オーストラリアのワーウィックに行った15人も、大きく成長して帰ってきました。このあと報告してもらいます。
 この夏は暑かったですが、それ以上に熱い久御山中みんなの頑張りでした。

 さて、2学期に頑張ってほしいことは「いい習慣を身につけること」です。

 
が変われば行動が変わる。  行動が変われば習慣が変わる。
   習慣が変われば人格が変わる。 人格が変われば運命が変わる。
 

 これは星稜高校野球部の山下監督がプロ野球の巨人やヤンキースで活躍した松井選手に贈った言葉です。「心」つまり自分の考え、これが変わると自然と行動が変わってきます。そして、「行動」つまり努力を続けると身につき、「習慣」となります。「人格」が変わり、「運命」まで変わるということです。

 それでは「よい習慣を身につける」秘訣を3つ伝えます。1つ目は言葉を変えること。あなたは普段、こんな言葉を使っていませんか。「できない」「やれない」「わからない」「でも」「だって」「とりあえず」「しょうがない」こういう言い訳の口ぐせをやめ、「まずは!」に変えてみましょう。言葉を変えれば、現実(今)は変えられます。そして、明日(未来)は変わっていきます。2つ目はカレンダーに丸をつけたり記録をつけること。3つ目は21日間楽しく続けること。人間が習慣化するには21日間かかると言われています。

 1学期に話したあいさつやヘルメットも当たり前で、習慣になっている人もたくさんいます。勉強やクラブ、お手伝い、スマホの使用、早寝早起きなど何か一ついい習慣を身につけ、みんなが気持ちよく楽しく過ごせ、一回り成長してくれることを願って、2学期始業式のあいさつとします。
     
      

    平成29年8月28日(月) 校長 南 亮司



11:00

2019校長メッセージ

2019夏季大会

2018校長メッセージ

2018秋季大会

2018夏季大会

2018春季大会

2018入学式

2017校長メッセージ

2016校長メッセージ

2017入学式