カウンタ

COUNTER1383385

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

学校長より >> 記事詳細

2016/04/07

1学期始業式 校長の話

| by manager


「為せば成る」「継続は力なり~目指せ皆勤賞!」

 始業式に際し、2つのことをお話したいと思います。
 
 一つ目は、やる気です。この字を読める人はいますか?
「為せば成る」やったらできる。
「為さねば成らぬ何事も」やらなかったら何もできない。成功しない。
「成らぬは人の為さぬなりけり」できないのは、成功しないのはあなたがやらないからです。
 これは、江戸時代の有名な人の言葉のようです。誰の言葉か、知っている人は教えてください。 
 また、あのイチロー選手は「リセット」という便利な言葉があると言っています。何度失敗してもやり直しはできるということです。前のことはリセットして、新しい学年、学級で、新しい気持ちでやる気を出して頑張ってください。為せば成ります。

 二つ目は、継続する力です。今年度から新たに「皆勤賞」を設け、3学期の修了式で表彰したいと考えています。一日も休まずに、学校に来る。言葉で言えば簡単ですが、これがなかなか難しいことです。風邪を引くこともあれば、熱を出してしまったり、時には心が疲れてしまうこともあるかもしれません。本人のたゆまぬ努力や強い意思はもちろん、家族の支えなしでは絶対にとれない賞です。この賞は、これからの人生の中で、自分の自信となり、ブレない自分を作る軸になるものと信じています。この「皆勤賞」が、今日休みたいなあと思ったとき、心が折れそうになる自分に「頑張れ」と背中を押してくれる目標のようなものになってくれるものと信じています。さあ、みんなにチャンスがあります。「継続は力なり」です。

 

 最後に、久御山中学校の先生はみんなの味方です。君たちの夢を応援するために、「チーム久御山」で頑張ることを約束して、始業式の挨拶とします。

                 平成28年4月7日  校長  南 亮司



09:00

2019校長メッセージ

2019夏季大会

2018校長メッセージ

2018秋季大会

2018夏季大会

2018春季大会

2018入学式

2017校長メッセージ

2016校長メッセージ

2017入学式