カウンタ

COUNTER1012232

新着情報

 

パブリックスペース

あいさつ運動

各種証明書発行について

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

ソフトボール部 >> 記事詳細

2020/08/06

山城TKカップ

| by manager

8月1日 【山城TKカップ】

  
 この大会はソフトボール部の少ない地区の最後の夏季大会として行われた大会です。

コロナ対策として、特別ルールを採用し各チーム2試合のみの戦いです。

得失点差が順位を決めるとても緊張感のある大会でした。

【↑試合前アップの様子】

一回戦 VS維孝館中学校 5-0で勝利

得失点差で2位となり、決勝へ。

 

              1            2            3            4            5            

維孝館   0            0            0            0            0            0

久御山   2            0            0            2            1            5

 

 昨年、合同チームで淡路合宿にもいった維孝館中学校の3年生。お互いに頑張ってきた相手と対戦できる喜びを感じながらの戦いでした。山城トップレベルのチームになかなか得点を奪えず、時間だけが迫る中、またもや2年生山田のホームラン、スリーベースなどの活躍で追加点を上げ、得失点差2の差で決勝に進みました。


【↑試合前、試合後の挨拶も全員バッチリ揃っています】

 

決勝 VS木津南中学校

              1            2            3            4            5            

久御山   0            2            1            0            3            6

木津南   0            0            0            0            0            0

 

 山城№1の元気がある雰囲気良いチーム木津南との決勝戦。木津南は初戦で勝山中学校に12得点の圧勝で勝ち上がってきていました。山城決勝という緊張感のある中、初回は両チーム無得点。しかし、2回にはこの大会出塁率100%の加藤がここでもチャンスを作り、野口、加川がそれに続き2点を先取。2年芳川の絶妙なスラップ、公式戦打率7割超えの2年佐原の活躍もあり、その後も点数を重ね6-0と点差を広げた。投げてはエース加川と瀬戸口の3年生バッテリーが奪三振ショーを繰り広げ、最後は野口が2イニングをしっかり抑え、見事「山城TKカップ」初代王者となりました。 

 またこの大会は1年生も含めた16人全員で挑んだ大会でした。怪我をしている者も含め、みんながそれぞれの立場でできることを考え、チームの勝利に貢献してくれました。1年生も代走として出場を果たすなど、公式戦デビューを飾った記念の大会となりました。


【↑守備練習をする1年生】

【↑優勝カップをもらう3年生(左)主将 (右)副主将】

【↑16人全員で勝ち取った優勝 集合写真】

さあ、いよいよ次の大会「全京都大会」が3年生にとって最後の大会となります。山城地方代表として恥のない戦いができるように最高の準備を16人でしていきましょう。


明日もきっといい日になる!!
頑張れ!久御山中学校ソフトボール部⚾



10:15