カウンタ

COUNTER1390060

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

女子ソフトテニス部 >> 記事詳細

2018/01/16

プレッシャーの中でいかに力を発揮できるか

| by manager

 

先日、太陽ヶ丘にて山城冬季ソフトテニス大会(団体戦)がありました。

 

結果は3位。準決勝であと2点というところで敗退。

悔しすぎる3位です。

 

しかし、その中でも大きな収穫がありました。

 それは、今まで結果を残せていなかった人の活躍です。

普段、あまり勝てていないペアが強敵を次々倒していき

 山城ベスト8のペアにも勝利することができました。

 

すごい!!  ほんとうによい試合!!

 

自分たちのやるべきことをきっちりやりきりました。

 この大きな成長が大きな収穫です。

 

 

 

もちろんまだまだ課題はあります。

 

特にプレッシャーに弱いこと

    勝負というプレッシャー

    勝たなければいけないというプレッシャー

    ミスできないプレッシャー

    相手の応援、迫力によるプレッシャー

    接戦によるプレッシャー

         様々なプレッシャーがありますが

 

これから押しつぶされ、普段の自分のプレーや

やるべきことができない人が多いです。

 そのため、コロッと負けて悔しい思いをたくさんしてきました。

このプレッシャーに打ち勝ち、自分の力を発揮できなければ

勝ちあがれません。心を強くするのです。

これは、大会や試合の中で一番成長できます。

 

また、日々の練習の中で、自分自身でプレッシャーをかけて

取り組める人はなおすてきです。

今回の大会でみんなの心が少しでも強くなったことを期待しています。




 

とりあえず

 

明日からのテスト頑張りましょう。


11:06