カウンタ

COUNTER1383499

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

学校長より >> 記事詳細

2018/04/19

春季大会壮行会

| by manager
 
「先入観は可能を不可能にする」
                                   H30.4.19 校長
 いよいよ明後日から(陸上は4/30、水泳は6/9)春季大会が始まります。優勝、予選突破、1勝、自己ベストなど、目標は部や個人によって違うと思います。
 今日の話はこれ「先入観は可能を不可能にする」です。今一番スポーツ界で注目を浴びている人は誰でしょうか。そうです、ピッチャーとバッターの二刀流で活躍している大リーグエンゼルスの大谷翔平選手です。高校の佐々木監督から伝えられた言葉です。彼はこう言っています。「高校時代、当初は150キロを目指すつもりでいましたが、監督からは160キロを目標にしようと言われ、正直、無理なんじゃないかと思いました。でも、最初からできないと決めつけるのはやめようと。先入観を捨ててやっていくうちに、手応えを感じるようになりました。それから2年後、3年の夏に160キロがでました。」現在の野球ノートには近い将来の目標として、「170キロ」の文字が刻まれています。
 大会を前にみなさんは今、どんな気持ちですか。相手は強い、勝てないという先入観を持つと、結果はそのようになるでしょう。今持っている力を最大限発揮できるようにすること、これこそ、今みんなができること、やるべきことではないでしょうか。そのためには自分の気持ちのコントロールは当然ながら、仲間の力、声かけがあると、そして、その力が結集されるとすごい力が生まれます。自分の持てる力が120%発揮するにはどうしたらいいか自分で、チームで考えて、試合に臨んでください。
 最後に、1つお願いがあります。今みんなの頑張りが新聞に取り上げられ、その数は日本一だという話をしましたが、みんなの頑張りをアピールしているのが、HPや学校通信「道標」「道標の号外」です。1年間、野球部の人がその道標を自治会長さんのところへ届けてくれたところ、地域からも「久御山中学校頑張っているなあ」とお褒めの言葉をいただいています。今年はすべての部活動にお願いしたいと思います。学校の情報やみんなの頑張りを地域に発信する使者として、協力をお願いします。部活動に入っていない人でも、やってやろうという人がいれば、佐原先生に連絡してください。きっと、「天に貯金をする」ことになると思います。
 それではこれからも、「おもろいやんか久御山、やるやんか久御山」と言われるような学校をみんなで作っていきましょう。



18:12

2019校長メッセージ

2019夏季大会

2018校長メッセージ

2018秋季大会

2018夏季大会

2018春季大会

2018入学式

2017校長メッセージ

2016校長メッセージ

2017入学式