カウンタ

COUNTER1384683

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

陸上部 >> 記事詳細

2018/07/30

気持ち!!

| by manager
 7月27日(金)・28日(土)の2日間、西京極陸上競技場で京都府大会が行われました。結果は男子走幅跳で4位・5位。女子2年100mで8位。男子共通リレーで3位。という結果となり、見事、リレーで近畿大会出場権を獲得しました。この2日間は様々なドラマがあり、応援も選手もチーム一丸となり、気持ちで勝負をすることができました。

 7月27日(金)
男子走幅跳 出場者:坂本・中西
予選ラウンドは中西くんが6m02を跳んで2位。坂本くんが5m89を跳んで4位。
 
 ベスト8の発表で二人が決勝に残るも、4回目に逆転され、中西くんが5回目に6m08まで記録を伸ばすも、近畿までわずか3cm届かず4位。坂本くんも気持ちで5m98まで記録を伸ばすも、5位という結果となり、近畿大会出場にはなりませんでした。

 7月28日(土)
女子2年100m 出場者:吉田
男子共通4×100mR 出場者:坂本・中西・村山・村本
 女子2年100mは予選、準決勝と勝ち上がり、なんと決勝進出。決勝ではスタート~20m地点までは抜群の飛び出しでトップ!しかし、その後は力の差を見せられ、結果は8位。初めての府大会で8位は素晴らしい結果です。何よりも、スタートの良さが光りました!!

 男子共通4×100mR村山くん→中西くん→坂本くん→村本くんの走順で走り、気持ちの出た最高のレースとなりました。予選では2走の中西くん→3走の坂本くんへのバトンパスで上手くいかず、全体の4番目で予選通過。3位とは0.3秒差。5位とは0.04秒差…どこが勝ってもおかしくない状況でした。決勝へ向けてのアップでは、バトンパスを入念にチェックを行い、決勝レースへ挑みました。
 決勝は気持ちの勝負!メンバーから出た言葉は「近畿走る!絶対に行ける!」という強い気持ちが出ており、表情も明るく、とても良い表情で召集場所へ向かいました。
 迎えた決勝。1走、村山くん。素晴らしいスタートを切るも内側から東輝中学校にすぐに抜かれる。しかし、必死に追いかけ、2走の中西くんへ。
 スムーズなバトンワークから絶好調の中西くんがエース区間を爆走!他の選手を追い込むような走りで坂本くんへ。
 予選のバトンミスをしっかり修正し、加速に乗って坂本くんが激走。西城陽中学校に少し先行されながらも、城南中学校、青葉中学校と接戦で4走村本くんへ。
 バトンワークは問題なし。バトンを受け取った時点では4番手。しかし、ここから後半の伸びが持ち味の村本くんがぐんぐん追い上げる。ゴール手前5mの所で西城陽、城南中学校に並び、ゴール直前でかわしゴール!0.08秒の差で3位に上がり、見事に近畿大会出場という快挙を果たしてくれました!

 最後の最後まで諦めない姿、「やればできるんだ」ということを証明してくれました。朝のミーティングでも「府大会は誰もが目指す場所。その場所で、夢を実現させよう!」という言葉を伝え、応援を含む全員が、勝つことを信じて応援した結果が今回、現れたように思います。
 陸上競技は個人競技に思えるのですが、今回、応援・サポート、信じる力がなければ、絶対に勝つことができなかったように思います。まさにチームプレー!
 
 次は8月6日・7日に行われる近畿大会。共通リレーは7日10時より予選が始まります。久御山中学校の代表として、また、京都代表として、最高のレースができるように頑張ります。応援、よろしくお願いします!!
 
12:37