カウンタ

COUNTER863951

新着情報

 

各種証明書発行について

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

陸上部 >> 記事詳細

2019/07/01

通信陸上大会

| by manager
 6月29日・30日に丹波自然公園にて、全国大会出場を決める大会である、通信陸上大会が行われました。
 1日目、1年生男子100m・2年生男子100m・3年生女子100m・男子走幅跳・女子走高跳に出場しました。久御山中学校の勝負は男子走幅跳から始まりました。
 幅跳びでは、3年生の西川君が出場。山城大会では負けてしまい、府大会に出場できない分の思いが強く光りました!予選では、1回目・2回目ともにファール。残された試技は1回という中で、大ベスト更新の5m84cmをマークし、逆転で決勝進出。8位に入賞することができました。
 続く100m走では、1年生の松村君が12秒89というタイムをマークし、0.3秒のベスト更新!2年生の杉本君も12秒28というセカンドベストをマークするものの、予選敗退。
 女子100mでも吉田さんが12秒82という好タイムをマークし、次の日に行われるハードルへ繋げました。
 走高跳では、中西さんが出場。ほんの少しのミスが出てしまい、予選敗退となりました。

 2日目、この日は吉田さんのハードルのみのレースとなり、久御山中学校全員での応援となりました。予選は雨の中で、上手く体が動かせない中ではありましたが、順当に予選通過。勝負となった準決勝では、先頭でレースを行うも、9台目でひっかかり失速。準決勝敗退となりました。

 今大会での応援・サポート体制は素晴らしく、選手が競技に思いっきり挑める環境を作ることができました。チームとしての勝負、上手く行くこともあれば、なかなか上手くいかず、悔しい思いをする場面も多く見られました。
 しかし、まだ戦いは終わっていません。次は7月28日・29日に西京極で行われる府大会です。絶対にパワーアップして西京極で勝負することを最後のミーティングで確認しました。
 負けたからこそ、負けた悔しさが分かり、勝った嬉しさが倍増すると思います。全ては最後に最高の笑顔の花を咲かせるために・・・

 今年の全国大会は大阪。近そうで遠い大阪ですが、府大会で全員で出場権を勝ち取りに行きます。引き続き、応援よろしくお願いします。

 


12:01