カウンタ

COUNTER1381970

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

1年生 >> 記事詳細

2021/03/18

アントレプレナー学習~中学校と企業と町役場~

Tweet ThisSend to Facebook | by manager

 2月の福祉体験学習も終わり、ノーマライゼーションの実現に向けてどんなことができるのか?

 2月中旬からアントレプレナー学習を行いました。アントレプレナー学習とは、新事業や新商品の開発などに高い創造意欲を持ち、それに先立つリスクに対しても粘り強く、積極的に取り組んでいく姿勢や発想、能力などを持つ「(企・起)業家精神」のことを意味します。

 

 昨年末頃に久御山町役場の行財政課より、「久御山町中央公民館の建築に向けて、町の人たちに長く利用されるようにと、中学生の視点も取り入れたい」との要望をいただきました。

そこで、総合の時間で「中央公民館の設計」を「中学生の視点」と「ノーマライゼーションの視点」の2つの視点で考えました。

計6回の授業を行い、各クラスで、公民館設立のプロジェクトチームを6チーム作り、クラス発表を行い、代表を決めました。
 

そして、本日18日の4時間目に、役場からお越しいただき、名古屋と岐阜の企業様にはZoom(オンライン)で発表を聞いていただきました。
 

「大人では思いつかないようなアイデアがたくさんあった。」「防災の視点も含まれているのはすごい!」「発表の仕方で、ただ欲しい。必要だ。という主張だけでなく、しっかりと根拠を基に考えられている。」など講評をいただきました。惜しくも発表できなかったチームもありましたが、代表チームの講評にどこか誇らしい様子も感じられました。

企業様、町役場の方。共に1年生のために、貴重な時間を作っていただき本当にありがとうございました。

 

これでアントレプレナー学習の時間は終わりです。けれども、2年生でも活用できるスキルや知識がたくさんあります。来年度も、深い学びに繋げていきましょう。

 

 


15:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)