カウンタ

COUNTER1386487

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

学校長より >> 記事詳細

2021/08/28

2学期が始まります

| by manager
昨日、始業式(リモート)が行われ、困難や試練の多くあると思われる2学期がスタートしました。コロナの感染状況、西日本を中心に猛威を振るった自然災害など、この2学期を不安にさせる要素は多くありますが、登校してくる生徒たちの表情は、マスク越しではありますが、再会を喜び、力強く前を向き、楽しみや喜びを困難や不安以上に手に入れようとしている意気込みが感じられました。今学期も、生徒、教職員で力を合わせて、「力漲る学校」を作り上げていきたいと思います。始業式のあいさつを掲載します。

                  2学期始業式 校長あいさつ     R3.8.27 校長
 みなさん、おはようございます。1カ月余りの夏休みはいかがでしたか。部活動に勤しんだ人、勉強をがんばった人、趣味や家族との時間を大切にした人、様々だったと思います。オリンピックや高校野球などスポーツ観戦を楽しんだ人も多かったことでしょう。
 今年の夏休み、西日本を中心に、記録的な大雨による甚大な被害がありました。多くの人が命を落とされ、家屋や施設が損傷、損壊している報道が連日のように流されていました。また、近隣の城陽市では、小学校1年生の児童が、交通事故で亡くなるという痛ましい知らせも、夏休みに入ってすぐのことでした。亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。
 コロナウイルスの感染状況は、日ごとに厳しいものとなっています。ここでも命を落とされる方々、後遺症に悩まされる方々、感染状況により様々な影響を受け、苦しんだり辛い思い、悔しい思いをされている方々がたくさんおられます。1学期までも、みなさんはマスクの着用、3密の回避、手洗い、消毒など、感染症対策を徹底してくれていたと思います。この2学期は、さらに意識を高め、マスクの着用はもちろんのこと、今までにない緊張感を持って、感染拡大を防がなくてはなりません。そのことを今一度、この場で確認しておきたいと思います。繰り返します。今まで以上に、感染症対策の意識を徹底してください。本校も緊急事態宣言が出された影響で、今学期の予定が大幅に変更となります。まず、9月8日から予定されていた3年生の修学旅行は、緊急事態宣言が解除される予定の12日以降の9月22日に延期され、その結果、30日に予定されていた久御山大作戦「音楽の部」は11月2日に変更されます。期間に余裕を持たせるため、10月30日の「体育の部」は、22日に変更。これらの変更には、学年の先生、担当の先生が、それぞれの取組や行事をなんとしても実現させたいという思いがあります。学年通信や学級通信、学校だよりでもお知らせがあると思いますので、しっかりと見ておいてください。そして、それ以上にしっかりと心に留めておいてほしいことは、この変更は、「決定」ではないということ、つまり、状況によっては、まだ変更の可能性があるということです。さらに深く、心がけてほしいことは、予定が揺らいでも、できる限り、心は揺らがないでおいてほしいということです。これは、なかなか難しく、大人でも簡単にできることではないかもしれません。そう心がけておいたほうがよいと思っていても、人の心は思うようになりません。そのことも踏まえて、この2学期の始まりに際し、1学期に身に付けた「切り替える力」も心構えとして強く持っておきましょう。
 この夏休み、予定されていたリーダー研修会も、延期になりました。まだ、いつできるかはわかりませんが、今年度中に、機会を見つけて実施したいと思っています。リーダー研修会は、集団生活が営まれる学校という場所での縦の繋がり、横の連携、役割の確認、学校行事のあり方などを考える重要な取組です。リーダーにとって大切というだけでなく、学校全体がスムーズに運営していくために、必要な要素です。学校全体が健全に成長し、健康や安全を維持する、目に見えにくいですが、1つの栄養素のような役割を果たします。夏休み中に実施できなかったことは残念ですが、リーダー研修会を含め、延期になったり、中止になった行事や取組が、自分たちにとって、学校にとってどのような役割を果たしていたか、どんな意味があったかを見つめ直すいい機会としてください。
 重苦しい話題ばかりになりましたが、この夏休み中、私は部活動の大会やコンクールの観戦、応援に行き、たくさんの勇気と元気をもらう場面に出会えました。緊張や重圧に負けまいと自分自身を奮い立たせている姿、敗色濃厚な場面で諦めずに追いついた精神力、感染症対策をしっかりと意識した行動、試合には出られなくとも、自分自身の役割をきっちりと果たしている控えの選手たち、顧問の先生に感謝の気持ちを笑顔と涙で伝える表情・・・。この夏、仲間と喜びや悔しさを分かち合った時間は、一生なくさない、忘れられない宝物だと思います。
 いよいよ今日から2学期が始まります。この夏休みに身に付けた力を漲らせ、これから始まる学校生活に心を躍らせ、コロナや自然の脅威、様々な困難に負けないように、1学期に身に付けたもう一つの力である「楽しむ力」も発揮し、生徒も教職員も保護者も地域も、全ての人が心と力を合わせて試練を乗り越えていきましょう。「力漲る」「心躍る」「ファンタスティック」な2学期になることを願って、始業式のあいさつとします。


17:35

2019校長メッセージ

2019夏季大会

2018校長メッセージ

2018秋季大会

2018夏季大会

2018春季大会

2018入学式

2017校長メッセージ

2016校長メッセージ

2017入学式