リンクリスト

カウンタ

COUNTER771477

新着情報

 

各種証明書発行について

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2017部活動紹介

2017壮行会

2016年-夏季大会

日誌

学校長より >> 記事詳細

2019/07/19

1学期終業式「あきらめたらそこで試合終了ですよ」。

| by manager

1学期終業式 「あきらめたらそこで試合終了ですよ」 
                                         R1.7.19 校長

 まず、「1学期、一日も休まなかった人は立ってください」。皆勤賞おめでとう。よく頑張りました。残念ながら、家の用事や体調不良などで休んでしまった人も含め、みんなで「よう学校に来たね」の大きな拍手を送りましょう。 次に、1学期の頑張りを振り返って3つあります。
 1番目は今話した学校に来たこと
 2番目は行事。1年生は希望が丘での飯盒すいさん、2年生は3日間の職場体験、3年生は大学訪問と寺社巡り。一人ひとりの頑張りと仲間の支えで成功したものだと思います。
 3番目は、当たり前のことを当たり前にしたこと。あいさつ、そうじ、ベル着、勉強、部活動、係活動、困っている人がいたら手を貸してあげること、そして、なんと言ってもヘルメットをかぶることなど。この前、「暑いのにちゃんとヘルメットかぶっているね。ありがとう。」と言うと、誇らしげに、「そんなこと当たり前です」という答えが返ってきました。この生徒はきっと当たり前のことを毎日積み重ねて、すでにいい習慣になっているのだと思います。このように、一人ひとりのいい行いや習慣が、みんなの当たり前になり、今のいい学校の大きな原動力になっていることを大変嬉しく思います。
 さて、バスケットの漫画「スラムダンク」を知っていますか?今日伝えたい話は登場人物の顧問安西先生の有名なセリフです。「あきらめたらそこで試合終了ですよ」。「どんな困難や苦しい場面に直面したときでもあきらめないことが大切だ」ということですが、今年の久御山中学校のスローガン「どんなときも久御山」にも同じメッセージを込めています。
 春季大会の壮行会で「勝っても負けてもすべてをプラスにしよう」という話をしましたが、人は失敗や負けること、うまくいかないことのほうが多いように思います。結果がどうであろうと最後まで全力を尽くすことをあきらめないことが一番大切で、そのことが自信になって次の一歩が踏み出せるのだと思います。この夏の大会だけでなく、受験もきっと同じことだと思います。
 もう一つ好きなセリフがあります。それはこの漫画に登場する三井選手の「バスケがしたいです」。この言葉が表すように、この気持ちこそがどんなことでも頑張れる源なのだと思います。大会中でも、受験勉強でも、生きていく中でも、つらくなったときは是非ともこの二つの言葉を思い出してみてください。
 それでは2学期、みなさん全員と笑顔で会えることを楽しみに、1学期終業式のあいさつとします。

追加です!
 ここで第27巻の場面を紹介します。高校の全国大会2回戦、相手は山王工業高校、残り時間11分41秒、36対58と大きくリードされた場面。安西先生は桜木を一旦ベンチに下げ、試合を見るように促す。22点差ついた絶望的な状況で桜木にこう問いかける。
 安西先生:「私だけかね?まだ勝てると思っているのは・・・」
 安西先生は負けを覚悟していると思っていた桜木はその言葉を聞いてこ う切り返す。
 桜木:「あきらめたんじゃなかったのかオヤジ・・・」
 安西先生:「あきらめる?」「あきらめたらそこで試合終了ですよ・・・?」
その後、安西先生からオフェンスリバウンドという役割を託された桜木がその意図を理解して試合に復帰。激闘の末、1点差で優勝候補に劇的な勝利をするというストーリーです。


09:00

2019校長メッセージ

2019夏季大会

2018校長メッセージ

2018秋季大会

2018夏季大会

2018春季大会

2018入学式

2017校長メッセージ

2016校長メッセージ

2017入学式