福知山市立遷喬小学校  校訓「強く 仲よく 深く考える」 
学校教育目標『自ら学び 心豊かに 輝いて生きる児童の育成』

 

学校経営方針

 令和4年度    学校経営方針        福知山市立遷喬小学校

 福知山市教育目標

「自分のために人のために 社会のために 共に幸せを生きる人材の育成」 

◇ 校訓 「強く 仲よく 深く考える」 

1 学校教育目標

「自ら学び、心豊かに輝いて生きる児童の育成」(自主と自立)

 

2 目指す学校像

   学校教育目標が、子どもたちの日々の生活に姿として現れている学校

 

3 めざす児童像

・自ら学び続け、「わかる・できる喜び」を味わう子 《主体的に学び考える力》

・きまりを守り、思いを伝え合う子         《多様な人とつながる力》

・健康を大切にし、よりよいくらしを創る子      《新たな価値を生み出す力》

 

4 めざす教職員像

・ 温もりをもって子どものよさを褒め、使命感と教育的愛情をもつ教職員

・ 情操を育む環境や安全で快適な教育環境づくりを心がける教職員

・ 教育目標達成に向け、全職員で学び高め合う教職員

・ 保護者や地域の願いを受け止め、信頼される教職員

 

5 学校経営テーマ

「学校・家庭・地域社会をつなぐ教育活動の推進」

  ~新しい時代をたくましく生き抜くための学びの創造

 

6 学校経営方針

(1)学校教育目標の実現を図り、特色ある学校づくりに努める。

(2)授業充実を重視した教育活動を行い、保護者や地域の信頼と安心を得る。

(3)教育活動全体に心の教育、人権尊重の実践的態度の育成を位置付けた取組を行う。

(4)組織の一員としての自覚や課題意識をもち、積極的に学校運営に参画する。

(5)教育公務員としての使命と責任を自覚し、地域に開かれた学校づくりに関わる。

(6)学校評価、教職員評価の積極的な活用による自己成長をめざす。

(7)市立学校教育内容充実推進プラン「響」プラン・Fのもと、日新ブロックの小小連携、保幼こ小中高連携の一層の充実を図り、校種間のスムーズな移行を大切にした小中一貫・連携教育を進める。

(8)本市教育目標と本校の学校教育目標を一体的に捉え、共に幸せを生きる人材の育成に努める。