京丹後市立大宮中学校
京丹後市立大宮中学校
所在地:〒629-2501 京都府京丹後市大宮町口大野216番地
電話:0772-64-2201 ファックス:0772-64-2210 メール:oomiya-jhs@kyoto-be.ne.jp
 

天気予報

 

オンライン状況

オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人

カウンタ

COUNTER665804

校長室

校長室から
12345
2021/04/08

令和3年度 第75回入学式 式辞(一部抜粋)

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

式 辞(一部抜粋)

(前略)

 ただ今、呼名いたしました91名の皆さん、ご入学おめでとうございます。新型コロナウィルス感染拡大の影響により入学式を縮小し、挙行することとなりましたが、新入生の皆さんがそろって入学式ができることを大変うれしく思います。

皆さんは、大宮第一小学校・大宮南小学校での学びを終えて、今日、第75回目となる、伝統ある大宮中学校に入学しました。皆さんの入学を心より歓迎いたします。

今、新たなスタートをきる新入生の皆さんの目の輝きから、大きな希望と期待、そして強い決意を感じます。この今の思いを、ぜひ、心において、大宮中学校の生徒として自覚と誇りを持って学校生活に臨んでほしいと思います。

ただ、不安も少しはあると思います。しかし、皆さんは、昨年度、「大宮学園」の取組として、「ハイタッチモーニング」や「部活動体験」等を通して、中学生としての生活を実際に体験してきました。このことは、きっと皆さんの中学校への不安を期待にかえているんじゃないかと思っています。いろいろな取組の時出会った先輩の姿は、目標を高く持ちどんどん挑戦している、これからの学校生活の中で頼もしい手本となる姿で目に映ったことと思っています。

ぜひ、これからの学校生活をともにする中で、先輩から多くのことを学び、それを参考にしながら自分の中学校生活を創ってください。

そこで、今日から中学校生活を始める皆さんに三つのことを話します。

 1つ目は、毎日の授業で「できるようになった」「わかった」ことを増やす。そのためには、その日に学習したことを振り返ることをきちんと積み重ねることを大切にしてほしいと思います。毎時間の振り返りに根気強く取り組んでください。

 2つ目は、「自分を信じて、決してあきらめない」ということです。あきらめた時点で自分の成長を自分で止めてしまうことになります。努力の積み重ねが結果につながります。努力を積み重ねる気持ちを大切にしてください。

最後、3点目は、大宮学園としてずっと大切にしている『人権を大切にすること』です。皆さんは、「自分も仲間も大切な存在である。」ことを、小学校の時から学んできたと思います。自分も大切にし、周りの仲間も大切に、常に感謝の気持ちを大切にして中学校生活に取り組んでほしいと思います。(略)

       京丹後市立大宮中学校長  今度 義則


14:25
2021/04/07

令和3年度始業式 式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

令和3年度 第1学期始業式 式辞

今年は、桜の開花が例年よりも早く、この春休みは、桜をいろいろな所で楽しむことができたのではないか、と思います。

大きな事故やケガもなく、元気に春休みを終え、学年を一つ上げて、新しく学校生活をスタートできること、今日、こうやって始業式を行うことができることを、皆さんとともに喜びたいと思います。

 3月が4月になり、修了式からあまり日にちが経っていないように感じますが、離任式を1日に終え、本日、1学期がスタートすることとなります。大きな節目、この節目のために、皆さんはゼロ学期と言われるこの1月・2月・3月の3か月間を上級生となるために、最上級生となるために取組を進め、力をつけてきました。いよいよ明日、新入生91名が入学してきます。その新入生の大きな関心、いや期待の一つは、先輩のやさしさであり、頼もしさであり、尊敬できる先輩としての力強い姿であると思います。新入生は、そういう思いで皆さんを期待の眼差しで見てくることと思います。

おそらく、1年前、2年前は、皆さんもそうではなかったかと思います。

 ぜひ、頼れる上級生、最上級生としての1年をスタートさせてほしいと思います。

 2年生は、進級に伴ってクラス替えが行われました。1年生をしっかりとまとめ上げたことは大きな力となります。その力を、それぞれが新しいクラスで、新しい友達と一緒に2年生としての学校生活につなげていってください。

明日、入学してくる91名の新入生は、まず、一番身近な2年生を手本にします。その手本となる学校生活を築いてください。そして、この大宮中学校のリーダーとなるために力をつけていく1年間にしていってほしいと思います。その基礎を築く1学期にしてほしいと思います。

3年生は、大宮学園でも最上級生となります。これから皆さんがリーダーとして取り組む行事や取組の一つ一つが中学校最後になっていきます。それだけに一つ一つが今までとは違う貴重で価値あるものになってきます。3年生の皆さんにしかできない本物を、このコロナ禍だからこそ工夫しなければならない最高のものを、学級で、学年で、体育祭のブロックで、そして全校・学園で創り上げてくれることと期待しています。

日々の学習、リーダーとして取り組む部活動や行事、取組の一つ一つが、必ず直面する進路実現の時、自分の希望する進路を達成するための自信、卒業後の自分自身への自信につながっていくと思います。

  そこで、このことは大切にしてほしいことを3点言います。

 1点目は、毎日の授業で「できるようになった、わかった」ことを、増やす。そのためには、その日に学習したことを振り返ることをきちんと積み重ねることが大切です。毎時間の授業の中での振り返りにしっかりと取り組んでください。

 2点目は、いつも言うことですが、あきらめないことです。あきらめた時点で、自分の成長を自分で止めてしまうことになります。努力の積み重ねが結果につながります。努力を積み重ねる気持ちを大切にしてください。

 3点目は、大宮学園でずっと大切にしている「人権を大切にする」ということです。人権を大切にすることは、人としての心を磨き、心を豊かにし、周りの人との信頼関係を築き、自らの人生を豊かにしていくことにつながります。心の豊かな人になってください。

 離任式でお別れした先生方が、言われたことの中に、「皆さんの挨拶には、大きな力がある。皆さんの挨拶で元気になれた、心が豊かになった。」とありました。皆さんの挨拶には、周りの方々に元気や勇気を与える大きな力があると、先生もそう思います。それを学校でも、お家でも、地域でも、どんなところでも大切にし、1学期、皆さんが頑張ることを楽しみにし、1学期の始業式の式辞とします。
                校 長  今度 義則

09:25
2021/03/24

令和2年度修了式 式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

令和2年度 3学期修了式 式辞(一部)

 

本日で、3学期が終わり、令和2年度も修了となります。

 (略)
 この1年間、常に新型コロナ感染防止に努めながら、学習に、行事や取組に、部活動にと、いろいろな場面で皆さんの頑張りが輝いていました。自ら考え、行動したことが、この1年間の学年としての、学級としての、そして、一人一人の成長につながったと思っています。

 1年生は、入学してからの1年間で身も心も中学生となりました。特に、この3学期は、クラス解散を意識し、しっかりと締めくくろうと取り組む姿をよく見ました。最後、学年で取り組んだ球技大会は、自分たちの手で見事成功させ1年間を締めくくったと思います。今度入学してくる後輩の手本となる意識を今後も持ち続けてほしいと思います。

 2年生は、来年度のリーダー学年として着実に力をつけました。一番身近な先輩として1年生の手本となり、3年生が実質引退した後、新チームの要として部活動を引っ張ってきました。新生徒会本部を中心とした動きづくり、4月に予定している修学旅行に向けた取組、いろいろな場面で最高学年となるべく行動力を、個人が、学級が、そして、学年が身につけて2年生を終えました。4月以降は、それを発揮することになります。

 ぜひ、この1年間をそれぞれが振り返ってみて、学習面や部活動、行事や取組で頑張ったことは自分で評価し、課題となるところは4月以降、学年を一つ上げての学校生活で克服して、さらに自分を成長させてほしいと思います。

 明日から春休みとなりますが、休み中の生活リズムを狂わすことなく、学習に取り組む時間を必ず確保し、部活動にも積極的に参加してほしいと思います。4月1日には離任式を行い、お世話になった先生方に感謝を皆さんとともにお伝えしたいと思います。

この春休み、引き続き感染防止に努め、健康で、安全で、次の学年への決意を固める、そんな春休みにしてくれることを期待し、修了式の式辞とします。       
                  校 長  今度 義則

09:55
2021/01/08

令和2年度3学期始業式 式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

あけまして、おめでとうございます。

それぞれが、それぞれの冬休みを終え、新年をスタートさせるとともに、3学期をスタートさせることになりました。今年はうし年、干支で2番目にくる年です。

十二支の動物の中で最も動きが緩慢で、歩みの遅いのが、「うし」です。しかし、うし年は、「先を急がず、一歩一歩着実に物事を進める年」であると言われています。

今年も、コロナ禍での感染防止の徹底は続きますが、そういった中でも「一歩一歩着実に自分の理想とする姿に、目標・夢に向け歩んでいく」という年にしてほしいと思います。

 さて、1年のスタートではありますが、今年度はこの3学期を残すのみとなります。わずか3か月間ではありますが、それぞれに大きな意味を持つ、大切な3か月間となります。その意味でも、皆さんは、今日、気持ちも新たに登校してきたことと思います。

 1年生の皆さんは2年生に進級すると、新しいクラスでスタートします。今のクラスで一緒に過ごすのが、この3か月だけとなります。今のクラスの友達と一緒にクラスをまとめ上げ、入学してくる後輩から手本にされる先輩となるために、学習でも部活動でも力をつける学期にしてほしいと思います。

2年生は、最高学年になるための気持ちと行動力をつける学期となります。3年生が卒業するとこの学校の中で最高学年となります。それだけにリーダー学年としての責任と行動力が求められます。3学期は生徒会の取組、修学旅行の取組等、とても忙しい学期となりますが、2年生のまとまりと学年チーム力で最高学年となるための力をつける学期にしてほしいと思います。

3年生は、いよいよ進路を実現させる学期となります。一番早い受験で今週末に試験が行われる学校もあり、進路日程が進んでいきます。受験生としての大変さや不安を感じるのは誰も一緒です。強い気持ちで臨むために、後は計画的にとことんやるのみです!

徹底してやることで、「これだけ自分は頑張ったんだ!」という自信がつきます。その自信を積み重ね、それを発揮することで、自分の夢や目標をぐっと引き寄せることができると思います。3月12日には全員が胸を張って、この大宮中学校を卒業していけるよう、最後まで3年全員で励ましながら頑張ってほしいと思います。受検は、団体戦です。

1月は行き、2月は逃げ、3月はあっという間に去ります。それだけに貴重な一日一日とし、皆さん一人ひとりが具体的な目標と、はっきりとした3学期のゴールをイメージし、この学期に取り組むことを期待しています。                   
                    

08:56
2020/12/24

令和2年度2学期終業式式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
 

令和2年度 2学期終業式 式辞

 

 今までにはない長い2学期でしたが、今日で終業となりました。

 生徒の皆さん、全員が、このコロナ禍の中で今できることを大切にしながら頑張った2学期でした。

 体育祭、合唱祭、総学での講話・生き方学習、人権学習と人権のつどい、3年生は修学旅行、ブラスバンド部の定期演奏会、丹後ブロック駅伝と秋季大会と、いろいろな行事や取組が詰まった大変忙しい学期でした。やり遂げた後、一つ一つの余韻を楽しむような余裕はなかったかと思います。

良いようにとると、それはこのコロナ禍だからこそできたことなのかもしれません。この2学期、皆さんの言葉でよく耳にした言葉があります。

「できることに感謝して!」

体育祭もそうでした。アイデアを出しながら、工夫しながら密を避けて…。

合唱祭もそうでした。マスクをして向き合わず外を向いての練習。オンラインでの合唱参観。

3年生が楽しみにしていた修学旅行等、

今までとは違う生活様式の中で、どうやって今までの楽しい学校生活に近づけていくのか、本当に考え、悩み、苦しみながらも工夫をして、前を向いてみんなで頑張ってきた2学期でした。先生は、この2学期、皆さんの力強さをいたるとこで感じ、感心していました。

 それは、根底に「感謝」の気持ちがあったからだと思っています。親やご家族、地域の人、友達や先輩・後輩、学級や学年、先生等、多くの人の支えや絆を感じ、「できることに感謝」できたからこそ、多くの成果と結果をだすことができたんじゃないかと思います。

 この2学期、このコロナ禍だからこそ感じた「感謝する気持ち」を、ぜひこれからも大切にしてほしいと思います。

  さて、先生は、この2学期を始めるにあたって皆さんに始業式で2つ大切にしてほしいことを話しました。

一つは、先生からその日の授業で示された「めあて」が達成できたか振り返り、自主学習で定着を図れたか。

もう一つは、多くの行事や取組でみんなと創り上げる、取り組む喜びを味わえたか、みんなとつながることを大切にできたか。

  それぞれに振り返ってみて、また3学期も大切にしていってほしいと思います。

明日から、冬休みに入ります。コロナ感染防止は引き続き徹底して行いながら、規則正しい生活と学習したことの復習、年末のお手伝いに頑張って取り組み、楽しい冬休みを過ごしてください。特に3年生は、新しい年を迎え、いよいよ進路実現に直面していきます。受検のための学習にしっかりと取り組んで、力を積み重ねてほしいと思います。

 新しい年を迎え、3学期に元気に登校してくる皆さんとの再会を楽しみにしています。これで、式辞を終わります。              

                             校長 今度 義則

12:19
2020/08/17

2学期始業式 式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
   2学期始業式 式辞

 例年より早く始業式を迎え、本日から2学期がスタートすることになります。

 短い夏休みでしたが、こうやって皆さんと元気に2学期を始めることができること、まず喜びたいと思います。また、感謝したいと思います。

 夏休みに入ってすぐに行われた丹ブロ大会では、どの部も本当に頑張って大会に臨みました。そして、みんなで試合を楽しむことができました。3年生と一緒に臨む最後の試合。みんなで力を発揮できたことが何より素晴らしいことであったと思います。

入賞した部、残念ながら入賞を逃した部、それぞれですが、どの部もチームとして大きくまとまって、3年生が中心となってまとめた部を終えることができました。

今までそれぞれの部で大切にしてきたことを引き継ぎ、次は2年生が中心となって新チームづくりを進めていくことになります。早速、8月に入り、新しいチームとしてスタートしています。また、駅伝部が22名で8月から練習をスタートさせています。2学期も暑い中の練習が続きますが、目標に向けて頑張ってください。吹奏楽部の3年生はまだ引退はできません。吹奏楽フェスティバル・定期演奏会が控えています。頑張ってください。

 

 さて、この2学期は、日々の学習とともに、1学期できなかった行事や取組を行っていくことになります。先生から2つ、この2学期に大切にしてほしいことを話します。

 まず、学習です。必ず毎時間、先生からその授業の「めあて」が示されます。その日の学習が理解できたか、自分でできるようになったか、示された「めあて」が達成できたかを振り返り、自主学習で定着を図っていくことを、さらに大切に取り組んでほしいと思います。「わかった・できた」の積み重ねが、学力を伸ばすことにつながります。努力することを避け、わからないところを放っておくことが一番いけません。わからないところを作らない自主学習を自分なりに工夫して取り組んでみてください。

授業や学習を大切にする、自分なりの学習方法に磨きをかける2学期に、まず、してほしいと思います。

 二つ目が、体育祭をはじめ多くの行事や取組でみんなと創り上げる、取り組む喜びを味わうということです。それぞれが役に就いたり、係を受け持って取り組んでいきます。一つのものを創り上げたり、やり遂げるまでには、それまでの経過がどうだったかが、とても大切です。結果を出すまでに、深く考え、積極的に行動し、みんなと協働することが、やり終えた後の達成感や充実感につながってきます。中には、苦手な人も当然いると思います。苦手な人は、今自分でできること、何でもいいです。何かみんなとつながることを大切にし、この2学期もみんなで一つにまとまり、行事や取組を通して成長していってほしいと思います。その時に感じることを、ぜひ、大切にしてください。

 

 まだまだ、感染予防は続きます。感染予防を徹底して、健康で安全な生活を第一に考え、学習・行事等充実した2学期となることを期待し、式辞とします。

09:15
2020/07/31

1学期終業式 式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
 

1学期終業式 式辞

 

 例年より遅い終業式となりましたが、無事1学期を終えることができました。

この1学期は、誰もが経験したことのないような学期でした。在校生のいない入学式、修学旅行や合唱祭の延期、丹後ブロック陸上大会や京都府中学校総合体育大会の中止等、今まで当たり前に取り組んできたこと、やってきたことができない学期となりました。普通の日常生活が普通じゃなくなり、感染防止に努めながら新しい生活様式での生活をせざるを得ないこととなり、不安や戸惑いを持ったことと思います。部活動で掲げていた目の前の目標が達成できなくなり、モチベーションを持ち続けることや気持ちをコントロールすることが大変難しかったのではないかと思います。

臨時休業後、学校再開となり、当たり前の日常がどんなに幸せなことだったかを強く感じたことと思います。その感じたことは、大きな意味があるのではないかと思います。その意味とは、日々の生活が送れることに感謝し、それだけに一つひとつを大切に頑張らないといけないと、強く思えることができたということです。

 学校再開となり、目の前の大きな大会がなくなってしまった時、部長会が動きました。自分たちの思いを出し合い、その思いを共有しました。3年生として「やってきてよかった」と思える部活動になるよう残りの期間取り組んでいくことを確認し、周りの人から応援してもらえる、自分たちも最後楽しんで終えれる部活動にしよう! 3年生全員の思いを一つにしようと各部まとまっていきました。そして、全校に3年生の決意が広がった。職員室の廊下にある各部ホワイトボードを見て、生徒皆さんの心の強さを感じたとともに、頼もしさも感じました。

その心の強さが日々の授業、取組、学校生活のいろいろな面につながり、前向きに頑張ることができる、何事にもしっかりと取り組むことができる姿として、多くの場面で目にすることができたんだと思います。この1学期、皆さんの大きな成長の一つであると思います。

 明日から夏休みに入ります。明日・明後日は丹後ブロック中学校総合体育大会が各会場であります。ぜひ、ワン・チームとして力を発揮して、楽しんできてください。

夏休みの宿題は早いうちに終え、1学期の学習でわからなかったところの復習を重点的に取り組み、始業式には元気に登校してください。

 まだまだ、新型コロナが収束していません。まだまだ、予断を許さない状況は続きます。感染予防を徹底し、体調をしっかりと管理し、元気で楽しい夏休みにしてください。
                                          校長 今度 義則

                    
09:11
2020/04/10

令和2年度 大宮中学校入学式 式辞(一部)

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

式 辞

 

 (前略)

 ただ今、呼名いたしました八十四名の皆さん、ご入学おめでとうございます。新型コロナウィルス感染拡大の影響により入学式を縮小し、挙行することとなりましたが、入学式ができることを大変うれしく思います。

今、新たなスタートをきる新入生の皆さんの目の輝きから、大きな希望と期待、そして強い決意を感じます。この今の思いを、ぜひ、心において、大宮中学校の生徒として自覚と誇りを持って学校生活に臨んでほしいと思います。

ただ、不安も少しはあると思います。しかし、皆さんは、昨年度、「大宮学園」の取組として、「ハイタッチモーニング」や「部活動体験」、そして、「授業体験」等を通して、中学生としての生活を実際に体験してきました。このことは、きっと皆さんの中学校への不安を期待にかえているんじゃないかと思っています。いろいろな取組の時出会った先輩の姿は、目標を高く持ちどんどん挑戦している、これからの学校生活の中で頼もしい手本となる姿で目に映ったことと思っています。

ぜひ、これからの学校生活をともにする中で、先輩から多くのことを学び、それを参考にしながら自分の中学校生活を創ってください。

そこで、今日から中学校生活を始める皆さんに二つのことを話します。

 一つ目は、「失敗を恐れるな!」ということです。まず、心に決めたことを臆することなく挑戦してみてください。失敗したとしても、二度と失敗しないためには、自分はどうしなければいけないのかを考えてください。そうすることが、次の成功に必ずつながります。

 二つ目は、「人権を大切にする」ということです。皆さんは、大宮学園として大切にしてきた『人権』をあらゆる場で学習し、「自分も友達も大切な存在である。」ことを、今まで学んできました。自分も大切にし、周りの人も大切に、常に感謝の気持ちを持ち、中学校生活に取り組んでほしいと思います。

皆さんの持つ無限の可能性を伸ばし、自分の希望する進路に進むことができるように、教職員一同、全力で努力してまいります。(略)
11:37
2020/04/07

令和2年度1学期始業式 式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
        令和2年度 1学期始業式 式辞
 

春休みを終え、令和2年度がスタートしました。学年を一つ上げて、新しく学校生活がスタートできること、今日、こうやって始業式を行うことができることを、皆さんとともに喜びたいと思います。

3月以降、新型コロナウイルス感染拡大防止により、日々の日常生活が大きく変わりました。普通に学習に取り組み、普通に部活動に頑張り、普通にみんなと楽しく過ごしていた学校生活がどれだけ幸せなことなのか、この間、多くの人が改めて実感したのではと、思います。皆さんがいない学校はさびしく、早く通常に戻って欲しい。そればかりを願っていました。

まだまだ、気を抜けない、油断できない状況は続きますが、自身の健康、安全にこれまで以上に気をつけて、日々の学校生活を大切にし、学習や部活動、行事や取組にしっかりと取り組んで欲しいと思います。

必ず、通常の生活に戻れる日は来ます。その時を信じて、明日入学してくる84名を加えた269名の皆さんと、教職員とで、新年度に挑戦していきたいと思います。

 3年生は、この大宮中でも、大宮学園でも最上級生となります。これから皆さんがリーダーとして取り組む行事や取組の一つ一つが中学校最後になっていきます。それだけに一つ一つが今までとは違う貴重で価値あるものになってきます。3年生の皆さんにしかできない本物を、学級で、学年で、体育祭のブロックで、そして全校・学園で創り上げてくれることと期待しています。

日々の学習、リーダーとして取り組む部活動や行事、取組の一つ一つが、必ず直面する進路実現の時、自分の希望する進路を達成するための自信、卒業後の自分自身への自信につながっていくと思います。

 2年生は、進級に伴ってクラス替えが行われました。

新しいクラスで、新しい友達と2年生としての学校生活を創っていってください。明日、84名の後輩が入学してきます。新入生は、まず、一番身近な2年生を手本にします。その手本となる学校生活を築いてください。そして、この大宮中学校のリーダーとなるために力をつけていく1年間にしていってほしいと思います。その基礎を築く1学期にしてほしいと思います。

  そこで、このことは大切にしてほしいことを2点言います。

 1点目は、「自分には無理!」とあきらめないことです。あきらめた時点で、自分の成長を自分で止めてしまうことになります。努力の積み重ねが結果につながります。努力を積み重ねる気持ちを大切にしてください。

 2点目は、大宮学園でずっと大切にしてきた「人権を大切にする」ということです。人権を大切にすることは、人としての心を磨き、心を豊かにし、周りの人との信頼関係を築き、自らの人生を豊かにしていくことにつながります。それが大宮中学校の魅力となり、大宮学園全体に広がっていくことを期待します。

1学期の皆さんの頑張りを楽しみにし、1学期の始業式の式辞とします。                 校 長  今度 義則
09:49
2020/03/24

令和元年度修了式式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
  令和元年度修了式 式辞

 おはようございます。

本日で、3学期が終わり、令和元年度も修了となります。本来なら3月13日に皆さんも卒業式に参加し、みんなで3年生の卒業をお祝いしたり、修了式で1年間の皆さんの頑張りを評価し、令和元年度を締めくくるはずであったのですが、新型コロナウイルスの感染拡大防止によって、今までの当たり前を当たり前にできなくなってしまいました。今日のように、皆さんがいつも道理に登校し、皆さんの笑い声や元気のいい声が校舎内に響き渡ることが、どんなに幸せなことかと痛感します。

卒業した3年生は、この大中で一緒に過ごした在校生の皆さんに一番卒業式で祝って欲しかったことと思います。悔しかったことと思いますが、3年生は堂々と胸を張って卒業していきました。ただ一人、参加した生徒会長の大河くんもしっかりと送辞を述べ、その姿勢に感心をしました。3年生から後輩の皆さんに伝えて欲しいことが答辞の中で述べられました。ぜひ、大河くんから何かの機会に皆さんに伝えてもらえたらと思います。

 さて、平成から令和に時代が移り、この1年間の学業を終えることとなります。この1年間、学習に、行事や取組に、部活動にと、いろいろな場面で皆さんの頑張りを感じました。

自ら考え、行動したことが、この1年間の学年としての、学級としての、一人一人の成長につながったと思っています。

 1年生は、明るく何事にも前向きに取り組むことができました。嫌な思いをする人を学級や学年の中で出さないように、一人ひとりを大切にし、みんなで問題を解決していく強いまとまりがありました。この1年間で、みんなが蒔いた種が芽を出し、若葉をつけ、それが「がんばりの木」となり、大きく成長しました。

 2年生は、来年度のリーダー学年として着実に力をつけました。一番身近な先輩として1年生の手本となり、3年生が実質引退した後、新チームの要として部活動を引っ張ってきました。新しい生徒会本部を中心とした全校の動きづくり、延期となった修学旅行に向けた動きづくり、いろいろな場面で最高学年となるべく行動力を学級で、学年でつけてきました。

 ぜひ、この1年間をそれぞれが振り返ってみて、学習面や部活動、行事や取組で頑張ったことは自分で評価し、課題となるところは4月以降、学年を一つ上げての学校生活で克服して、さらに自分を成長させてほしいと思います。

 明日から春休みとなりますが、部活動を25日から再開します。4月1日には離任式も行います。元気に取り組む皆さんの姿を楽しみにしています。

この春休み、健康に十分気をつけ、安全で、次の学年への決意を固める休みとなることを期待し、修了式の式辞とします。

08:52
12345