京丹後市立大宮中学校
京丹後市立大宮中学校
所在地:〒629-2501 京都府京丹後市大宮町口大野216番地
電話:0772-64-2201 ファックス:0772-64-2210 メール:oomiya-jhs@kyoto-be.ne.jp
 

天気予報

 

オンライン状況

オンラインユーザー1人
ログインユーザー0人

カウンタ

COUNTER602857

校長室

校長室から
12345
2020/07/31

1学期終業式 式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
 

1学期終業式 式辞

 

 例年より遅い終業式となりましたが、無事1学期を終えることができました。

この1学期は、誰もが経験したことのないような学期でした。在校生のいない入学式、修学旅行や合唱祭の延期、丹後ブロック陸上大会や京都府中学校総合体育大会の中止等、今まで当たり前に取り組んできたこと、やってきたことができない学期となりました。普通の日常生活が普通じゃなくなり、感染防止に努めながら新しい生活様式での生活をせざるを得ないこととなり、不安や戸惑いを持ったことと思います。部活動で掲げていた目の前の目標が達成できなくなり、モチベーションを持ち続けることや気持ちをコントロールすることが大変難しかったのではないかと思います。

臨時休業後、学校再開となり、当たり前の日常がどんなに幸せなことだったかを強く感じたことと思います。その感じたことは、大きな意味があるのではないかと思います。その意味とは、日々の生活が送れることに感謝し、それだけに一つひとつを大切に頑張らないといけないと、強く思えることができたということです。

 学校再開となり、目の前の大きな大会がなくなってしまった時、部長会が動きました。自分たちの思いを出し合い、その思いを共有しました。3年生として「やってきてよかった」と思える部活動になるよう残りの期間取り組んでいくことを確認し、周りの人から応援してもらえる、自分たちも最後楽しんで終えれる部活動にしよう! 3年生全員の思いを一つにしようと各部まとまっていきました。そして、全校に3年生の決意が広がった。職員室の廊下にある各部ホワイトボードを見て、生徒皆さんの心の強さを感じたとともに、頼もしさも感じました。

その心の強さが日々の授業、取組、学校生活のいろいろな面につながり、前向きに頑張ることができる、何事にもしっかりと取り組むことができる姿として、多くの場面で目にすることができたんだと思います。この1学期、皆さんの大きな成長の一つであると思います。

 明日から夏休みに入ります。明日・明後日は丹後ブロック中学校総合体育大会が各会場であります。ぜひ、ワン・チームとして力を発揮して、楽しんできてください。

夏休みの宿題は早いうちに終え、1学期の学習でわからなかったところの復習を重点的に取り組み、始業式には元気に登校してください。

 まだまだ、新型コロナが収束していません。まだまだ、予断を許さない状況は続きます。感染予防を徹底し、体調をしっかりと管理し、元気で楽しい夏休みにしてください。
                                          校長 今度 義則

                    
09:11
2020/04/10

令和2年度 大宮中学校入学式 式辞(一部)

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

式 辞

 

 (前略)

 ただ今、呼名いたしました八十四名の皆さん、ご入学おめでとうございます。新型コロナウィルス感染拡大の影響により入学式を縮小し、挙行することとなりましたが、入学式ができることを大変うれしく思います。

今、新たなスタートをきる新入生の皆さんの目の輝きから、大きな希望と期待、そして強い決意を感じます。この今の思いを、ぜひ、心において、大宮中学校の生徒として自覚と誇りを持って学校生活に臨んでほしいと思います。

ただ、不安も少しはあると思います。しかし、皆さんは、昨年度、「大宮学園」の取組として、「ハイタッチモーニング」や「部活動体験」、そして、「授業体験」等を通して、中学生としての生活を実際に体験してきました。このことは、きっと皆さんの中学校への不安を期待にかえているんじゃないかと思っています。いろいろな取組の時出会った先輩の姿は、目標を高く持ちどんどん挑戦している、これからの学校生活の中で頼もしい手本となる姿で目に映ったことと思っています。

ぜひ、これからの学校生活をともにする中で、先輩から多くのことを学び、それを参考にしながら自分の中学校生活を創ってください。

そこで、今日から中学校生活を始める皆さんに二つのことを話します。

 一つ目は、「失敗を恐れるな!」ということです。まず、心に決めたことを臆することなく挑戦してみてください。失敗したとしても、二度と失敗しないためには、自分はどうしなければいけないのかを考えてください。そうすることが、次の成功に必ずつながります。

 二つ目は、「人権を大切にする」ということです。皆さんは、大宮学園として大切にしてきた『人権』をあらゆる場で学習し、「自分も友達も大切な存在である。」ことを、今まで学んできました。自分も大切にし、周りの人も大切に、常に感謝の気持ちを持ち、中学校生活に取り組んでほしいと思います。

皆さんの持つ無限の可能性を伸ばし、自分の希望する進路に進むことができるように、教職員一同、全力で努力してまいります。(略)
11:37
2020/04/07

令和2年度1学期始業式 式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
        令和2年度 1学期始業式 式辞
 

春休みを終え、令和2年度がスタートしました。学年を一つ上げて、新しく学校生活がスタートできること、今日、こうやって始業式を行うことができることを、皆さんとともに喜びたいと思います。

3月以降、新型コロナウイルス感染拡大防止により、日々の日常生活が大きく変わりました。普通に学習に取り組み、普通に部活動に頑張り、普通にみんなと楽しく過ごしていた学校生活がどれだけ幸せなことなのか、この間、多くの人が改めて実感したのではと、思います。皆さんがいない学校はさびしく、早く通常に戻って欲しい。そればかりを願っていました。

まだまだ、気を抜けない、油断できない状況は続きますが、自身の健康、安全にこれまで以上に気をつけて、日々の学校生活を大切にし、学習や部活動、行事や取組にしっかりと取り組んで欲しいと思います。

必ず、通常の生活に戻れる日は来ます。その時を信じて、明日入学してくる84名を加えた269名の皆さんと、教職員とで、新年度に挑戦していきたいと思います。

 3年生は、この大宮中でも、大宮学園でも最上級生となります。これから皆さんがリーダーとして取り組む行事や取組の一つ一つが中学校最後になっていきます。それだけに一つ一つが今までとは違う貴重で価値あるものになってきます。3年生の皆さんにしかできない本物を、学級で、学年で、体育祭のブロックで、そして全校・学園で創り上げてくれることと期待しています。

日々の学習、リーダーとして取り組む部活動や行事、取組の一つ一つが、必ず直面する進路実現の時、自分の希望する進路を達成するための自信、卒業後の自分自身への自信につながっていくと思います。

 2年生は、進級に伴ってクラス替えが行われました。

新しいクラスで、新しい友達と2年生としての学校生活を創っていってください。明日、84名の後輩が入学してきます。新入生は、まず、一番身近な2年生を手本にします。その手本となる学校生活を築いてください。そして、この大宮中学校のリーダーとなるために力をつけていく1年間にしていってほしいと思います。その基礎を築く1学期にしてほしいと思います。

  そこで、このことは大切にしてほしいことを2点言います。

 1点目は、「自分には無理!」とあきらめないことです。あきらめた時点で、自分の成長を自分で止めてしまうことになります。努力の積み重ねが結果につながります。努力を積み重ねる気持ちを大切にしてください。

 2点目は、大宮学園でずっと大切にしてきた「人権を大切にする」ということです。人権を大切にすることは、人としての心を磨き、心を豊かにし、周りの人との信頼関係を築き、自らの人生を豊かにしていくことにつながります。それが大宮中学校の魅力となり、大宮学園全体に広がっていくことを期待します。

1学期の皆さんの頑張りを楽しみにし、1学期の始業式の式辞とします。                 校 長  今度 義則
09:49
2020/03/24

令和元年度修了式式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
  令和元年度修了式 式辞

 おはようございます。

本日で、3学期が終わり、令和元年度も修了となります。本来なら3月13日に皆さんも卒業式に参加し、みんなで3年生の卒業をお祝いしたり、修了式で1年間の皆さんの頑張りを評価し、令和元年度を締めくくるはずであったのですが、新型コロナウイルスの感染拡大防止によって、今までの当たり前を当たり前にできなくなってしまいました。今日のように、皆さんがいつも道理に登校し、皆さんの笑い声や元気のいい声が校舎内に響き渡ることが、どんなに幸せなことかと痛感します。

卒業した3年生は、この大中で一緒に過ごした在校生の皆さんに一番卒業式で祝って欲しかったことと思います。悔しかったことと思いますが、3年生は堂々と胸を張って卒業していきました。ただ一人、参加した生徒会長の大河くんもしっかりと送辞を述べ、その姿勢に感心をしました。3年生から後輩の皆さんに伝えて欲しいことが答辞の中で述べられました。ぜひ、大河くんから何かの機会に皆さんに伝えてもらえたらと思います。

 さて、平成から令和に時代が移り、この1年間の学業を終えることとなります。この1年間、学習に、行事や取組に、部活動にと、いろいろな場面で皆さんの頑張りを感じました。

自ら考え、行動したことが、この1年間の学年としての、学級としての、一人一人の成長につながったと思っています。

 1年生は、明るく何事にも前向きに取り組むことができました。嫌な思いをする人を学級や学年の中で出さないように、一人ひとりを大切にし、みんなで問題を解決していく強いまとまりがありました。この1年間で、みんなが蒔いた種が芽を出し、若葉をつけ、それが「がんばりの木」となり、大きく成長しました。

 2年生は、来年度のリーダー学年として着実に力をつけました。一番身近な先輩として1年生の手本となり、3年生が実質引退した後、新チームの要として部活動を引っ張ってきました。新しい生徒会本部を中心とした全校の動きづくり、延期となった修学旅行に向けた動きづくり、いろいろな場面で最高学年となるべく行動力を学級で、学年でつけてきました。

 ぜひ、この1年間をそれぞれが振り返ってみて、学習面や部活動、行事や取組で頑張ったことは自分で評価し、課題となるところは4月以降、学年を一つ上げての学校生活で克服して、さらに自分を成長させてほしいと思います。

 明日から春休みとなりますが、部活動を25日から再開します。4月1日には離任式も行います。元気に取り組む皆さんの姿を楽しみにしています。

この春休み、健康に十分気をつけ、安全で、次の学年への決意を固める休みとなることを期待し、修了式の式辞とします。

08:52
2020/03/13

第73回卒業証書授与式 式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

 

大野が原の木々の芽もふくらみを増し、新たな希望に満ちあふれる春の訪れを感じる季節となりました。(中略)

ただ今、卒業証書を授与しました九十二名の卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。

 真新しい制服に身を包んで、中学校生活に慣れることに一生懸命だった一年生。新しい仲間と新しいクラスで過ごし、1年間の思い出を作って進級した二年生。大宮中の伝統を受け継ぎ、そして自分たちにしかできないものを創り上げようとスタートさせた三年生。多くの人がおそらく、この三年間を短く感じていることと思います。それだけこの三年間は皆さんにとって充実したものであったのではないかと思います。

 最上級生としての自覚を行動で示した修学旅行。

 感動を与えた学年合唱。そして、生徒会本部が作詞をし創り上げた「おおみや学園の歌」を、学園の6年生と体育館いっぱいに歌声を響かせた合唱祭。

全員が主役となり、二百七十五名全員で創り上げた体育祭。

いろいろな場面で皆さんは、最高学年としての自覚と責任と行動力を発揮しました。

ただ、そこには、思いが上手く伝わらなかったり、意見の食い違いやぶつかり合いもあったことと思います。時には、涙が出たり、悲しい思いをしたことも必ずあったことと思います。三年間のどの場面でもドラマが     それぞれにあり、その中で皆さんはかけがえのない想い出を創り上げてきました。どんな時にもクラスや学年、部活動の仲間がいて、そばに寄り添って応援してくださるご家族等多くの方がいて、この卒業式を迎えることができたのだと思います。

今年度の生徒会スローガンは、「出発」。この大宮中学校を卒業し、夢や目標に向けて、それぞれが新たに歩み出す、まさに、それぞれの人生に向けての出発となります。

感謝の気持ちを常に持ち、常にあきらめない気持ちを持ち続けてください。それが、必ず皆さんの新しいステージでの頑張りにつながると信じています。

後になりましたが、保護者の皆様には、お子様のご卒業を心より、お祝い申し上げます。

心身ともに大きく揺れ動く多感な中学生期を、お子様とともに歩まれ、時には悩まれたこともあったことと思いますが、多くの喜びや感動をともにして来られた三年間ではなかったかと思います。それだけに、大宮中学校を巣立つお子様の晴れ姿に感慨もひとしおのことと存じます。この三年間、本校の教育に多大なご理解とご協力いただきましたことに、心よりお礼申し上げます。

結びにあたり、卒業生のみなさん、勇気と自信を持って新しい人生に向け出発してください。九十二名の卒業生、一人一人の限りない前途を祝福し、式辞とします。
                      校長 今度 義則

07:47
2020/01/07

3学期始業式式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

令和元年度 3学期始業式 式辞

 

あけまして、おめでとうございます。

それぞれが、それぞれの冬休みを終え、3学期をスタートさせるとともに、新年をスタートさせることになりました。今年は、ねずみ年、干支で一番初めにくる、干支のスタートにあたる年です。また、ねずみ年は繁栄の年と言われています。皆さんにとって繁栄の年となるよう頑張ってください。そして、今年は東京オリンピックが開催される年であり、オリンピック一色の年となることと思います。

 さて、1年のスタートではありますが、今年度はこの3学期を残すのみとなります。わずか3か月間ではありますが、大変それぞれに大きな意味を持つ、大切な3か月間となります。

その意味で、皆さんは、今日、気持ちも新たに登校してきたことと思います。

 1年生の皆さんは2年生に進級すると、新しいクラスでスタートします。今のクラスで一緒に過ごすのが、この3か月だけとなります。今のクラスの友達と一緒にクラスをまとめ上げ、入学してくる後輩から手本にされる先輩となるために、学習でも部活動でも力をつける学期にしてほしいと思います。

2年生は、最高学年になるための気持ちと行動力をつける学期となります。3年生が卒業するとこの学校の中で最高学年となります。それだけにリーダー学年としての責任と行動力が求められます。3学期は生徒会の取組、修学旅行の取組等、とても忙しい学期となりますが、2年生のまとまりと学年チーム力で最高学年となるための力をつける学期にしてほしいと思います。

3年生は、いよいよ進路を実現させる学期となります。一番早い受験で今週末に試験が行われる学校もあり、進路日程が進んでいきます。受験生としての大変さや不安を感じるのは誰も一緒です。強い気持ちで臨むために、後は計画的にとことんやるのみです!

徹底してやることで、「これだけ自分は頑張ったんだ!」という自信がつきます。その自信を積み重ね、それを発揮することで、自分の夢や目標をぐっと引き寄せることができると思います。3月14日には全員が胸を張って、この大宮中学校を卒業していけるよう、最後まで3年全員で励ましながら頑張ってほしいと思います。受検は、団体戦です。
 1月は行き、2月は逃げ、3月はあっという間に去ります。それだけに貴重な一日一日とし、皆さん一人ひとりが具体的な目標と、はっきりとした3学期のゴールをイメージし、この学期に取り組んでくれる事を期待し、始業式の式辞とします。


09:24
2019/12/24

2学期終業式 式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
        令和元年度 2学期終業式 式辞
 

大掃除ご苦労様でした。校舎内をきれいに掃除して、2学期の終業となりました。

 この2学期は、体育祭という大きな行事からスタートし、総合的な学習の時間で1年生は「地域調査活動」、2年生は「職場体験」、3年生は「福祉体験」に取り組むとともに、総学わくわく発表会で学習した学びを発信しました。

障害者問題に視点をあてた人権学習、学年代表者に発表してもらった人権意見発表会、やっさんの人権講演、大中学習サイクルの取組、後期専門委員会の取組のスタート、新生徒会本部役員選挙等、多くの行事や取組があり、それらを通してそれぞれが大きく力を伸ばした学期であったと思います。

 2学期始業式で、先生は皆さんに2学期頑張ってほしいことを2つ話しました。

1点目が、「わかることを増やす、できることを増やす、学習にじっくりと取り組む学期にしてほしい。」でした。自分自身を振り返ってみて、できたでしょうか?

日頃の授業を大切にする、しっかりと取り組むことが、わかること・できることを増やす第一歩です。このことを、どのクラスも頑張ることができたと思います。常に授業を大切にし、課題にしっかりと取り組む。ペアやグループでの学習に積極的に取り組み、学びを深める。他校の先生が、皆さんの授業を参観されて、いつも感心されていました。

 ぜひ、これからも大切にしてほしいと思います。

 担任の先生から手渡してもらう通信簿から、頑張ったことは自分で自分を褒め、課題となるところは克服のために努力してほしいと思います。

 2点目が、「学習したことやつけた力を学校内外に広く発表、発信することを意識して頑張ってほしい。」という点でした。

 先ほど話しましたが、総学わくわく発表会は、どの学年も素晴らし発表でした。また、3年生の「夢・未来式」は、学んだことを自分の生き方につなげ、一人ひとりが発表と志を立てることができました。

 また、人権学習の後の作文、各種コンクールへの挑戦、作品制作、検定等、一人ひとりが自分と向き合い、深く考え、挑戦したり、表現したり、さらに発信することができた2学期であったと思います。

 この後、伝達表彰も行いますが、皆さん一人ひとりの頑張りをそれぞれに高く評価してください。

 明日から、冬休みに入ります。規則正しい生活と2学期に学習したことの復習、年末のお手伝いに頑張って取り組み、楽しい冬休みを過ごしてください。特に3年生は、新しい年を迎え、いよいよ進路実現に直面していきます。受検のための学習にしっかりと取り組んで、力を積み重ねてほしいと思います。

 新しい年を迎え、3学期に元気に登校してくる皆さんとの再会を楽しみにしています。これで、式辞を終わります。校長  今度 義則

10:53
2019/08/27

令和元年度2学期始業式式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

令和元年度 2学期始業式式辞

 

 暑く、長かった夏休みも終わり、2学期のスタートとなります。

皆さんにとって、それぞれどんな夏休みだったでしょうか? 有意義な夏休み、楽しかった夏休みとなりましたか?

 夏休みといっても、学集会に取り組み、部活動に頑張り、体育祭に向けて取り組み、駅伝練習も8月に入り本格的にスタートするなど、お盆前後を除いて忙しかった人も多かったんじゃないかと思いますが、大きな事故やケガがなく、元気に2学期が迎えられたことを大変うれしく思います。
  さて、休みに入ってすぐに行われた丹ブロ大会では、どの部活動も日ごろの熱心な練習の成果を発揮することができました。中でも団体において、野球部と卓球部女子が府大会に進出。野球部は、見事京都府大会3位を獲得しました。府陸上を含め、個人でも多くの生徒が府大会に出場し、自己記録を更新するなど大健闘しました。また、ブラスバンド部は、京都府吹奏楽コンクールにおいて、一番レベルの高いA部門に挑戦し、銅賞を受賞しました。いろいろな場面で3年生を中心として大宮中学校のまとまりと力を大会等で発揮してくれました。部活動、学集会、体育祭の取組、駅伝練習等、それぞれに充実した夏休みを終え、2学期のスタートとなります。

この2学期、先生からは二つ、頑張ってほしいことを皆さんに話します。

一つ目は、「わかることを増やす。」「できることを増やす。」学期に、得意教科はさらに伸ばし、苦手教科は苦手意識を減らすよう努力し、学習にじっくり取り組む学期にしてほしいと思います。先生は、1学期大変感心をしたことが、1日1ページ学習、ほとんどの人が取り組むことができていることに関心していました。その内容を、ぜひ充実させてください。授業中にノートにメモった内容を振り返りながら、学習したことを自分自身に定着させたり、できるようにするために、自主勉強の内容充実を工夫してみてください。そして、自分にあっているなぁと思ったやり方を継続してみてください。わかることを増やす、できることを増やす、学習にじっくりと取り組む学期にしてほしいと思います。

二つ目は、「学習したことやつけた力を学校内外に広く発表、発信することを1学期以上に意識して頑張ってほしい」と思います。2学期入ってすぐにある体育祭、ブラスバンド部定期演奏会、総合的な学習の時間の体験学習(地域・職場・福祉)と総学わくわく発表会、夢未来式、丹ブロ駅伝大会、秋季大会、人権意見発表会等、多くの発表や発信できる機会があります。そのために、学校や地域での学習に意欲的に主体的に取り組み、周りの人や自分自身と対話し、いろいろな視点で物事を捉え、考えや学びを深めることを大切にしてほしいと思います。2学期を終える時、「この2学期は、何かいろんなことに挑戦し、いろんなことに根気強く取り組んだ学期だったなぁ!」と振り返ることができる、実り多き2学期にしてほしいと思います。

特に3年生は、さらに自分自身の進路実現に近づけていく学期となります。継続を大切に頑張ってほしいと思います。

皆さんの頑張りを期待し、これで2学期の式辞とします。
                                      校長 今度 義則
10:53
2019/07/19

1学期終業式 式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

 

1学期終業式 式辞


 新しい時代がスタートするという大きな時代の節目のあった1学期、早4カ月が過ぎました。まずもって、本日、皆さんとともに無事に1学期が終了できることを大変うれしく思っています。

皆さんにとって、令和元年度となった1学期はどんな学期でしたか?楽しく過ごせた1学期でしたか? 頑張れた1学期でしたか? 成長できた1学期でしたか? 
1年生は入学する前だったので居なかったのですが、1学期始業式に先生は3つ大切にしてほしいことを話しました。
話したことは、まず、「自分には無理」とあきらめないことを、話しました。この1学期、皆さんの頑張りをあらゆるところで見てきました。日々の学習や取組、合唱祭、春季大会、丹ブロ陸上等、皆さんが一つにまとまり、素晴らしい力を発揮したり、創り上げたりしてきた場面を多く見ました。一人一人がそれぞれに大きな力や人とは違う魅力を持っています。それを発揮できましたか? 反対に、やればできるのに! 挑戦することを自ら避けて「自分には無理」としてしまったことはなかったですか? 振り返ってみてください。
2点目は、「自分で決めたことをやり続ける」ということでした。少し頑張ればできることをやり続けましたか? 難しいことを掲げ、三日坊主で終わってしまったりしていませんか? 継続することは強い信念がいることですが、最後大きな力となって自分に返ってきます。何事もやり続けることが、次へのステップ・アップにつながります。
最後が、「人権を大切にする」ということでした。これは、入学式で1年生の皆さんにも、先生は話をしました。この1学期、自分を大切にできましたか? 周りの友達も大切にできましたか? いやな思い、悲しい思いをさせるようなことを、知らず知らずの内にしていませんでしたか。いけないことに気づくことができましたか? そして、自分や周りの人を大切にするための行動がとれましたか?

この間、皆さんは、人権学習を通して、人権に関わる問題を他人事とせず、自分事として考え、傍観者とならない、傍観者を作らない、人権を大切にする学級・学年・学校をみんなで作るための取組を進めてきました。自分と対話し、友達と対話し、振り返り、深く考え、行動し、みんなと協力したことを、2学期の体育祭でまず本物にし、これからの学校生活に活かしてください。
この後の全校集会の内容が、2学期につながることを期待しています。

全校集会後、教室に戻り、通信簿が渡されます。ABCの評価や5段階の評定が気にはなります。しかし、数字だけにとらわれてはいけません。「何ができて、何ができなかったか、わからなかったか」を自分で分析することが一番大切です。そして、わからなかったことをわかるようにするため、できたことを徹底的にできるようにするための夏休みですから、この夏休み、学習会にきちんと参加するなど、補充学習にしっかりと取り組んでください。

明日から38日間の夏休みに入ります。学習会や部活動、また、体育祭に向けた取組、3年生は希望する高等学校での体験セミナーもあります。日々の計画をしっかりと立て、時間を有意義に使って充実した夏休みにしてください。

8月27日の2学期始業式には、一回り大きく成長し、元気に登校する皆さんと再会できることを楽しみにし、式辞とします。


10:24
2019/04/10

平成31年度第73回入学式~式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
 桜の花も満開となり、温かな春の日、平成31年度 第73回となる入学式を挙行いたしました。
 多くの来賓の皆様のご臨席を賜り、また保護者の皆様の列席をいただき、、本当にありがとうございました。温かく新入生を迎えていただき、1年生93名の大宮中学校での中学校生活がスタートしました。
 入学式の式辞(一部抜粋)をあげさせていただきます。

 

      平成31年度第73回入学式 式辞

 

 ~略~

 

93名の新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。皆さんは、それぞれ小学校での学びを終えて、今日、伝統ある大宮中学校に入学しました。本校の在校生、並びに教職員一同、皆さんの入学を心より歓迎いたします。

今、新たなスタートをきる新入生の皆さんの目の輝きから、大きな希望と期待、そして強い決意を感じます。この今の思いを、ぜひ、心において、大宮中学校の生徒として自覚と誇りを持って学校生活に臨んでほしいと思います。

ただ、不安も少しはあると思います。しかし、皆さんは、昨年度、ここにいる先輩となる在校生の皆さんと一緒に「大宮学園」の取組を行ってきました。「ハイタッチモーニング」や「部活動体験」、そして、大宮中学校の先生との「授業体験」等を通して、中学生としての生活を実際に体験してきました。このことは、きっと皆さんの中学校への不安を期待にかえているんじゃないかと思っています。いろいろな取組の時出会った先輩の姿は、目標を高く持ちどんどん挑戦している、これからの学校生活の中で頼もしい手本となる姿で目に映ったことと思います。

ぜひ、これからの学校生活をともにする中で、先輩から多くのことを学び、それを参考にしながら自分の中学校生活を創ってください。

そこで、今日から中学校生活を始める皆さんに三つのことを話します。

 一つ目は、「失敗を恐れるな!」ということです。まず、心に決めたことを臆することなく挑戦してみてください。失敗したとしても、二度と失敗しないためには、自分はどうしなければいけないのかを考えてください。そうすることが、次の成功に必ずつながります。失敗を恐れず、自分が掲げた目標に向けてあきらめず、取り組んでください。

 二つ目は、「感謝する気持ちを大切にする。」ということです。皆さんは、保護者やご家族の皆様、地域の皆様、多くの皆様に支えられてきて、今日の入学を迎えたことになります。そのことに感謝の気持ちを持ち自覚と責任ある中学校生活にしてください。

そして、皆さんは、大宮学園として大切にしてきた『人権を大切にすること』をあらゆる場で学習し、「自分も仲間も大切な存在である。」ことを、小学校の時から学んできたと思います。自分も大切にし、周りの仲間も大切に、常に感謝の気持ちを大切にして中学校生活に取り組んでほしいと思います。

三つ目は、「健康で、強く、たくましい心と体をつくる」ことです。毎日の学習にも、部活動にも、その根幹は何と言っても、健康な心と体です。自分の心と体を管理し、そして、鍛え、たくましい生徒になってほしいと思います。

苦しいことを避けたり、自分を甘やかしたり、楽な道を選んでいたのでは、心も体も鍛えることはできません。自分の一生を支える強い心と体を、中学校三年間の全活動を通して創り上げるよう、精一杯、努力してください。

皆さんの持つ無限の可能性を伸ばし、自分の希望する進路に進むことができるように、教職員一同、全力で努力してまいります。

 

 ~略~

 

平成から令和へと大きく時代が移り変わります。新入生の皆さんにとっても人生の大きな節目として、今日の決意を忘れることなく、健康で、充実した中学校生活のスタートをきることを心から期待します。

             京丹後市立大宮中学校長   今度 義則
07:49
12345