京都府立宇治支援学校 喜びはともにあること
 
   学校紹介 校長挨拶  学校要覧 行事計画 
   全校ニュース 小学部ニュース  中学部ニュース 高等部ニュース 
 第73回国民体育大会・第18回全国障害者スポーツ大会
高等部 稲田 由 金メダル(50m走)、高等部 窪野 貴雅 金メダル(一般卓球シングルス)
受賞しました。たくさんの応援ありがとうございます。
 
 ごあいさつ

 この度、京都府立宇治支援学校 校長として着任いたしました 川髙寿賀子 と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 本校は、平成23年4月に宇治市の市街地に開校して、今春で8年目となります。4月に入学生を迎え、小学部から高等部まで合わせて273名の児童生徒が学ぶ学校となりました。

 本校は、「喜びはともにあること」を教育理念に掲げ、これまで必ずしも十分に社会参加できるような環境になかった障害のある人たちが積極的に社会に参加・貢献していくことができる「共生社会」をつくっていくために、教育として何ができるのかを常に問いかけながら教育活動を進めてまいりました。生活に生きる力をはぐくむと同時に、地域の方々の多大な御理解と御協力を得て、地域貢献のできる地域社会と協働した教育活動(「地域学習」)にも挑戦し続けてきたところです。

 さて、全国どこで生活をしていても等しく学ぶことができるための教育の基準となる学習指導要領がこのほど改訂されました。今年度から、その全体に関わる部分において新学習指導要領による教育を進めていくこととなります。そこには、学校教育を学校内で終わらせることなく、地域の人材や資源を活用したり連携を図ったりしながら、めざす教育を社会との連携と協働により実現していく「社会に開かれた教育課程」の実現が示されています。これはまさに、本校がめざしてきたことでもあります。
障害の有無によらず、一人一人の可能性を最大限に伸ばし豊かな人生を創ることができるよう、また社会の担い手として活躍できるよう、教職員一丸となって一層努力をしていきたいと考えております。
また、本校は、京都府の特別支援教育の拠点である「京都府スーパーサポートセンター」を設置しております。地元のみならず京都府内のすべての障害のある子どもたちが、健やかに学び生活できるよう、引き続き取組を進めていきたいと思います。

本校の教育活動にさらなる御理解と御支援をいただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。


平成30年4月
京都府立宇治支援学校 校長 川髙 寿賀子
 校長画像
 

・京都府立宇治支援学校 (平成23年4月開校)  /  〒611-0031  京都府宇治市広野町丸山10  TEL 0774-41-3701 FAX 0774-45-2220
・Copyright (C) uji-s All rights reserved. / PDFがお使いのPCで閲覧できない場合はこちらからAdobe Readerをダウンロードしてください。