社会的自立支援プログラム「みらい」の取組
社会的自立支援プログラム「みらい」の取組の最新情報をお伝えします!
12345
2018/05/09

「みらい」の時間に著作権について学習しました

| by 総務企画部広報担当
5月9日(水)、中間年次は「みらい」の時間を活用し、調べ学習の基礎として著作権について学習しました。

前半は、学校図書館司書より、著作権とはどのような権利なのかについてや、何をしてはならないのか、著作物を利用する際に守らなければならないルールについてお話がありました。

後半は、司書教諭より、著作権を守ることが人としての信頼・信用、さらには文化の発展につながるということについてお話がありました。

今後は、今回学んだことをしっかりと守って、調べ学習やレポートの作成に取り組んでほしいと思います。

  
13:08 | 今日の出来事
2018/05/08

「希望進路実現に向けて」講演会

| by 総務企画部広報担当
5月8日(水)のフレックスワーク(学校設定科目)は、株式会社ベネッセ・コーポレーション 馬越 大志様を講師にお招きし、「希望進路実現に向けて~高校1年生の過ごし方が将来を決める~」と題し、講演会を行いました。

講演では、高校卒業後の進路や学ぶことの意義についてお話がありました。また、今の自分の学力・志望と目標進路の実現に必要な学力の差を埋めるのが勉強であり、模試や定期考査、勉強の積み重ねによって学力は伸びるというお話もしていただきました。

 
11:42 | つなぐ
2018/05/02

学習に関する講演会

| by 総務企画部広報担当
5月2日(水)は、「総合的な学習の時間」を活用し、佛教大学教授、本校教育顧問の原 清治先生を講師にお招きし、入学年次生対象の学習に関する講演会を実施しました。

講演では、生徒との対話を交えながら、将来の夢や希望を持ち、その実現に向けてどのような高校生活を送るかを自ら考えることが大切とのお話がありました。また、自分の夢や希望、目標を文字に書いたり、友達や先生に伝えることによって実現しやすくなるということや、「人のチャレンジを邪魔しないこと」が清明高校の良さであるというお話がありました。

生徒からは、「人の夢を尊重することが大事だと学びました」「先生の『行ける大学に行くのではなく、行きたい大学に行くべき』という言葉が心に残った」「今はまだ自信がないけど、人に夢を語れるような人になりたい」といった感想がありました。

清明高校は、生徒が自分のペースで学習できること、そのために、ルールやマナーをきっちりと守れることを大切にしています。生徒一人ひとりが、社会の中で自立して生きていけるために必要な力を身に付けられるように、今後も丁寧な指導と支援を続けていきます。

 
15:16 | 講演会
2018/02/26

ピア・サポート3

| by 総務企画部広報担当
2月21日(水)、立命館大学応用人間科学研究科教授の増田 梨花先生と同大学院生4名をお招きし、入学年次生対象のピア・サポートを実施しました。
今回のピア・サポートでは、生徒どうしのコミュニケーションの促進を図るため、「川を渡る女」と「みんなにプレゼント」の2つの活動をおこないました。


「川を渡る女」では、嵐で離ればなれになった恋人同士をめぐる5人の登場人物について、自分の価値観に合う順に並べる活動を行いました。

「みんなにプレゼント」では、講師の先生の気持ちを聴いて、その人へプレゼントしたいものをグループで相談し、絵に描いて贈るという活動を行いました。

 
11:59 | こころ
2018/02/20

「あいさつ・マナーについて」講演会(フレックスワーク)

| by 総務企画部広報担当
2月20日(火)は、「みらい」の時間を活用し、株式会社マイナビ 教育広報事業本部 進学情報事業部 進路サポート1課の中村 美艶 様をお招きし、「あいさつ・マナーについて」と題した講演会を開催しました。

ルールとマナーの違い、おしゃれと身だしなみの違いを踏まえた上で、自分の服装や態度が相手にどう見られているのかを考え、お互いが気持ちよく過ごせるために、最低限のマナーを守らなければならないというお話をしていただきました。
また、言動のマナー(ことばと態度)、見た目のマナー(身だしなみ)として、どのような点に気をつければよいのかや、仕事をする上で大切なことなどについて、クイズや生徒との対話を交えながら御講演いただきました。

 
 
13:51 | つなぐ
12345


「みらい」の取組

「みらい」の概要