介護職員初任者研修の概要

本校では、「京都府介護員養成研修(介護職員初任者研修課程)」を受講することができます。
この研修は、平成25年に新しく設けられた介護に関する研修で、旧制度の「ホームヘルパー2級」
に相当します。介護に関する基本的な考え方・知識・技術を習得することを目的としています。

研修を修了(資格取得)すれば、修了証が交付されます。
これは履歴書の資格欄に書くことのできる資格であり、
求人の条件欄に「介護職員初任者研修以上」と書かれている場合も
問題なく応募することができる資格です。
 

福祉科の授業

介護職員初任者研修を行う福祉科の授業では、
外部講師を招いての車いすに関する実習や人体模型を使った実習、
タブレットを活用したグループワークなどを行っています。
教科書を使った学習と実習とを併せて、介護福祉に関する専門的な知識・技能を身につけます。
  
 

平成29年度から、介護職員初任者研修を開始

平成29年度から「介護職員初任者研修」を開始しています。


*本校生が、必要な科目を選択することで、
 「介護職員初任者研修」を受講できるようになりました。
 詳細は入学後の受講登録で案内します。
*介護職員初任者研修の詳細はこちら
 


概要

授業の様子