学習システム
生徒一人ひとりが自分のペースでゆっくり・じっくり・しっかりと学習するために、自分のライフスタイル、学習課題や興味・関心に合わせて、自分だけの時間割を作成できます。

なお、教員と生徒が一対一で面談し、サポートを受けながら時間割を作成します。
  
 

Point① 自分に合った時間帯で学ぶ(昼間二部制)


清明高校は、昼間二部制の高校です。
自分のライフスタイルや将来の目標に応じて、
午前コースと午後コースのどちらかを選択します。

午前コースの主な学習時間帯は1~4限目、
午後コースの主な学習時間帯は3~6限目。

基本的には1日4時間の授業を受け、4年間で卒業します。
ただし、午前コースの生徒が午後コースの授業を選択することや
午後コースの生徒が午前コースの授業を選択することもでき、
全日制のように3年間で卒業することも可能です。


 

Point② 74単位修得で卒業(単位制)


清明高校は、単位制の高校です。
単位制とは、決められた単位を修得すれば卒業が認められる制度です。

 例:「数学A」という授業(2単位)の場合
    週に2回の授業があり、1年間継続して授業を受けます。
    1年間の学習成果や出席日数などが一定の基準を超えれば、
    2単位が認定されます。

清明高校の卒業に必要な単位数は、74単位
他の全日制高校より余裕をもって卒業の基準をクリアできます。

こうしてできた時間は、興味のある科目をもっと選択したり、
スポーツや習い事、校外の活動に力を入れたりすることに活用できます。

なお、「留年(原級留置)」はなく、修業年限は最長8年です。

  
 

Point③ 多様な科目・多様な学び方(普通科)


清明高校は、普通科の高校です。
必履修科目のほかに、
自分の興味・関心や進路に応じて選べる選択科目が多く用意されています。

中学校までの勉強をもう一度やり直したいという生徒のための学び直し科目、
大学進学や就職にチャレンジするための科目、
音楽や美術、体育、家庭、情報、福祉などの実習・体験型科目、
コミュニケーションスキルを身につけるための独自科目・・・。

さらに、大学の授業、ボランティア活動、高等学校卒業程度認定試験の単位認定など、
様々なスタイルの学習が可能となっています。

清明高校は、自分のライフスタイルや将来の目標に合わせて、
自分だけの時間割を作成することで、充実した高校生活を送れる場所です。


 

時間割の例

  
(図をクリックして、ご覧ください)

卒業年次の進路別の時間割例です。





 

Point④ 学び直し科目・アンダンテ学習


《学び直し科目》

 国語・数学・英語の3教科については、
 中学校までの学習の学び直しが可能な授業として、
 「アンダンテ国語」「アンダンテ数学」「アンダンテ英語」を開設しています。
 一人ひとりの学力に応じて選択することで、
 生徒一人ひとりに対してきめの細かい指導を行い、
 苦手科目の克服と基礎学力の定着を図ります。

 

《アンダンテ学習》
 アンダンテ学習は、ICT機器やプリントなどを活用し、
 自らの学習課題や進路に応じた自学自習を行い、
 自ら学び、考える姿勢を身につけることを目的とした清明高校独自の授業。

 新たな一歩を踏み出したい、学び直したいという意欲をサポートします。
 また、学生ボランティアと一緒に自分に合った学び方を考え、
 試行錯誤する中で、少しずつ自分の力に変えていくことができます。

 ▶︎ 学び直し科目「アンダンテ学習」の詳細はこちら