校長あいさつ


 京都府立清明高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 今春、開校4年目を迎えました明るくフレッシュな清明高校に、校長として着任いたしました宮村と申します。どうぞよろしくお願いします。
 山岡初代校長先生のように、開設準備室から本校の学校経営に携わってこられた方の後任ということで、大変プレッシャーを感じておりますが、一日も早く学校に慣れ、本校の更なる充実・発展に向けて学校経営に邁進する所存でございます。
 さて、本校は昼間2部制の単位制普通科という京都府にはこれまでになかった全く新しいタイプの学校です。「京都フレックス学園構想」に基づき、「学びアンダンテ」を基本コンセプトに据え、様々な志望動機や学習経験を持つ多様な生徒が、自分のペースに合った高校生活を送ることができる高校です。「アンダンテ」、それは速度、時間的なことだけを表す言葉ではなく、無理なく、自然に納得感を持って主体的に豊かに学ぶことを真に大切にします、というメッセージです。
  また、校名の「清明」とは、すべてが明るく清らかで、生き生きとしてすがすがしく感じられる頃を意味する言葉です。「春の日差しを受け、植物が芽吹き、花を咲かせるように、入学した生徒一人一人が夢や希望を持って、生き生きと成長してほしい。」という願いが込められております。
 本校に集う全ての生徒が、笑顔で高校生活を送れる学校、生徒同士が互いに励まし合い、ともに成長できる学校、また、地域に根ざした、地域の皆様から愛される学校を目指して教職員一丸となって全力で取り組んで参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 平成30年4月1日  
 宮村 仁