メニュー






 
お知らせ

自然科学部


<部活動紹介>

洛東高校は自然豊かな場所にあります。朝登校すると鳥の声に迎えられ、春にはサクラ、夏にはホタル、秋にはキノコも姿を見せます。洛東の四季を楽しみながら活動ができればと思っています。

 

<活動方針(目標)>

 自然科学に関するもの、面白いものなら何でもやってみようと思っています。

室内での科学実験からフィールドワークまで、幅広く活動をしていきます。

 

<部員数>
 3名(3年生 男女各1名  1年生女子1名)

 

<活動内容>

 割れないシャボン玉をつくろう・コケのテラリウムをつくろう・銀鏡反応で鏡をつくろう・ロケットストーブでご飯を炊こう・段ボールの簡易窯でピザを焼こう・玉ねぎの皮の色素で染物をしよう 他

 
活動実績
自然科学部
12
2016/02/21

京都府高校生理科研究発表会 研究成果発表

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ担当
2月21日(日)、京都市青少年科学センターで実施された京都府高校生理科研究発表会で研究成果を発表しました。
この一年研究を続けていた「激変星EM Cygの降着円盤」について発表しました。この星の研究は3年間続けており、今回の発表はその集大成でした。観測は兵庫県立大学西はりま天文台の口径が2mもある「なゆた望遠鏡」を使用させていただきました。


12:00
12
自然科学部 平成26年度活動実績
1月10日(土) シンポジウム「宇宙にひろがる人類文明の未来2015」で
ポスター展示発表をしました!
(京都大学 国際交流ホール)

  1月10日(土)に、京都大学 国際交流ホールで開催されたシンポジウム「宇宙にひろがる人類文明の未来2015」に自然科学部が参加し、『黒点の大きさと磁場の強さ』と『激変星EM Cygの2色測光観測』の2つをポスター展示発表しました。その後、大学教授の特別講演に参加し、「宇宙の倫理」について学びました。
 ポスター展示発表はいろいろな人に見ていただき、アドバイスもたくさんもらえたので、これからより一層研究に励みたいと思います。


7月28日~30日 第38回全国高等学校総合文化祭 いばらき総文2014に出場しました!

 茨城県つくば市のつくば国際会議場で開催されたいばらき総文2014に出場しました。私たちは5月に西はりま天文台で観測したEM cygと呼ばれる激変星の分光・測光の同時観測の結果について発表しました。発表には他府県の先生・生徒の方々がたくさん聞きに来てくださいました。
  

 また、発表だけでなく宇宙飛行士の古川聡さんによる記念講演に参加したり、JAXA筑波宇宙センターで巡検研修したりするなど、多くの有意義な活動ができました。
 

5月23日~25日 西はりま天文台に行ってきました!
 今年も昨年に引き続き、西はりま天文台で激変星の分光観測に行ってきました。現地では国内最大級である2mなゆた望遠鏡と、60cm反射望遠鏡を用いて観測しました。2日目はやや曇り空であったので観測はうまくいきませんでしたが、初日は天気に恵まれ、貴重なデータを採取することができました。
 
  背景にあるのが2mなゆた望遠鏡です。観望会では土星や火星、木星などの惑星をきれいに見ることができました。
 
 天文台では観測だけでなく、今年の7月に全国総合文化祭で発表予定のプレゼンテーションの練習も行いました。初めての舞台ですが、精一杯頑張ってきます!

自然科学部が第11回高校生科学技術チャレンジで佳作を受賞!
 第11回高校生科学技術チャレンジ JSEC2013で、全国59作品に選ばれ、佳作を受賞しました。受賞した研究タイトルは「アウトバーストを起こした激変星 HT Cas 」というものです。部員が3年間、京都大学、大阪教育大学、西はりま天文台で、この星の測光観測を行って得られたデータを利用し、激変星が明るくなるとき、主星のまわりにある降着円盤の半径が小さくなるということを確かめた、という内容です。この研究は、科学技術振興機構、中高生の科学部活動振興から3年間の援助を得て行っているものです。


 自然科学部は、昨年から、科学技術振興機構、中高生の科学部活動振興プログラムの援助を得て、激変星の降着円盤の構造を分光観測、多波長測光観測を行うことで解明しようとしています。 今年度は、5月24日~26日の2泊3日の日程で兵庫県立大学西はりま天文台の2mなゆた望遠鏡で分光観測、60cm望遠鏡で測光観測を同時に実施し、観測に成功しました。今後、データの処理を行い、得られた結果をまとめ天文学会などで発表していきたいと考えています。 



7月15日、自然科学部10名が、第3回高校生天文活動発表会に参加して、口頭発表とポスター発表を行いました。発表会は大阪教育大学天王寺キャンパスの西館ホールで参加者は151名でした。本校からは「アウトバーストを起こしたHT Cas」 と「Mクラスリムフレアの分光観測」の2本の発表を行いました。


   


部活動紹介へ戻る