メニュー






 
校歌・校章
校   歌
作詞 秋山 羊一
 作曲 石桁真礼生

1 緑なす 山脈
  さやけき流れ 薫風渡りて
  悠久の 自然に通ふ
  ここ山科に 集ふ若人
  仰ぐ白堊の 学び舎に
  八稜旗 高くはためく
      ああ高くはためく  
 2 すこやけく 明るく
  額に汗し 正しく生くる
  人間の 理想を求む
  ここ洛東に 学ぶ我が友
  仰ぐ白堊の 学び舎に
  その使命 共に果さむ
       ああ共に果さむ




校   章



形状は『東』の字を図案化したものです。
全体の構成が直線的であるのは「素直」、
すい状であるのは「重厚」をあらわしています。
また、全体に均整がとれているのは、偏ることなく
広く一般教養を身につけ、豊かな品性を培い、
将来社会の各方面に適応し活動しうる人を
育成したいという、本校教育の目標をあらわしています。