メニュー






 
校長室

 京都府立洛東高等学校のホームページを御覧いただき誠にありがとうございます。
 このたび、洛東高等学校の校長を拝命いたしました 中嶋 知彦 でございます。よろしくお願いいたします。

 本校は、昭和29年に府立医大校舎を仮校舎として開校、本年で65年目を迎えました。開校翌年から現在の山科区安朱(旧東山区山科安朱)に本校舎を移転し、山科区唯一の高等学校として地域の方々に支えられてまいりました。卒業生は22000名を超え、国内外の様々な分野で活躍されています。

 本校では、校是「『正しく働き 正しく生きる』人間の育成」のもと、3年間の学びによって卒業後に社会の形成者として活躍できるよう、学力はもちろん社会性や人間性などの「より良く生きるための基礎・基本の習得」を目標としています。そのため、各授業はもとより「歴史フィールドワーク」「ライフスキル」「医療福祉」などの特色ある科目をとおして地域の教育資源と連携し、ボランティア活動を推奨するなど、地域と積極的につながることを大切にしています。

 また、先行き不透明な時代と言われ、次代を担う子どもたちには課題を発見・解決する能力や協働して取り組む力など、多様な能力が求められている中、本校では今年度のキーワードを「成長」とし、生徒諸君はもちろん教職員もワンランク上の指導力を目指すよう取り組んでいるところです。

 校是に基づく教育活動の実践を通じて、強くしなやかに生きるための力の育成に向けて教職員一丸となって取り組んでまいりますので、本校に対して御支援、御協力をお願いいたします。



京都府立洛東高等学校   校長  中 嶋 知 彦