メニュー






 
教員養成サポートセミナーとは

 教員を目指す大学生が学校現場での演習を通して理論と実践を結び付け、実践的指導力を身に付けていくことを目指して、京都府教育委員会と大学が連携して実施しているインターンシップ事業です。

 洛東高校では、平成26年度から京都教育大学の学生を受け入れ、学生が設定した課題に応じた実践をサポートします。(10月~2月)

 
私たちがインターンシップでお世話になります。
 私たち3名は「教員養成サポートセミナー」として実施されるインターンシップ事業の実習生として、洛東高校でお世話になることになりました。
「ぜったい、教師になる」を合言葉に、洛東高校のみなさんと一緒に、教育活動全般についての実習(演習)を行います。
 
主な予定

・10月~2月   洛東高校において、学生自身が課題を設定し、教育活動全般についての実践を行います。


・1月30日(火)2月2日(金) 研究成果発表会  (於)京都教育大学、本校多目的教室 
 
活動内容
 ・先生方の授業を参観しました。
 ・授業の一部を体験させていただいたり、授業以外のホームルーム活動や清掃活動・部活動なども体験させていただきました。
 ・10月~2月の間、専門教科にとらわれず、多くの先生の授業を見学させていただきます。
  また、専門教科の授業では班別活動などで生徒のサポートもさせていただきます。       
 
研究成果発表会
〇1月30日(火)2月12日(金)研究成果発表会を実施します。
 実習生それぞれが各自が設定したテーマにそって発表を行います。
 
オンライン状況
オンラインユーザー9人
ログインユーザー0人