サイエンスⅠ

 

 サイエンスⅠはサイエンス科(中高一貫コース)の生徒を対象に、課題研究の方法を実践的に体験し、課題を見いだす力、仮説を設定していく力を育てる取組です。

 サイエンスⅠ(J)では、中学3年生を対象に理科の時間を使って、生物分野、化学分野の実験に取り組みます。

 サイエンスⅠ(S)では、高校1年生を対象に年間1単位で実施し、前期は数学、物理、環境の実験・調査に取り組み、後期はミニ課題研究に取り組みます。また、平成30年度より環境分野において、連携協定先である総合地球環境学研究所と共創による取り組みを進めています。 

身につけたい力

  • 課題発見能力
  • 実験データの収集と処理技術
  • 実験、観察に基づく仮説設定力
  • ディスカッション能力

基本実験テーマ

  • 生物分野  ホタライトによる酵素反応
  • 化学分野  謎の白い粉
  • 数学分野  ハノイの塔を解く
  • 物理分野  落体の実験
  • 環境分野  研究手法の検討・比較(総合地球環境学研究所との共創)

 

サイエンスⅠ 目標(洛北Step Up Matrix)
サイエンスⅠ 流れ&年間予定
サイエンスⅠ(S) 年間計画
サイエンスⅠ(S) 基礎実験の講座と内容
サイエンスⅠ(S) 評価について
サイエンスⅠ(S) ミニ課題研究・アイデア発表会

 

数学科の取組(サイエンスⅠ事例集等)

 

→平成30年度 サイエンスⅠ
 
洛北SSH 洛北高校
カテゴリ・リスト
クリックで子カテゴリが表示されます。
COPYRIGHT (C) 京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校