写真部


目標
「写真を撮ることは自分探し。心にピントを合わせて撮った写真は人生のように人それぞれ」
これは、写真家・安珠さんの言葉で、私達写真部の活動の指針とするものです。そのためには、毎日たくさん写真を撮ることが大切で、「1週間で100枚!」を目標にしています。
部員数1年生: 8名  2年生:7名    
活動内容京都府総合文化祭や写真甲子園などのコンクールへの作品づくりに取り組みます。体育祭などの学校行事の撮影も行います。
活動時間月曜日以外の放課後。いつでも自由に活動できます。水曜日は全員が集まり、撮影した写真を興隆しながら、撮影技術や表現方法の研究を行います。
顧問松田 成夫    安見 孝政
活動実績平成25年度 全国高等学校総合文化祭(長崎大会)出品
平成25年度 京都府高等学校作品審査会 団体の部 第3位
平成26年度 全国高等学校総合文化祭(茨城大会)出品
平成27年度 全国高等学校総合文化祭(滋賀大会)出品
平成27年度 京都府高等学校作品審査会 団体の部 第3位
平成28年度 全国高等学校総合文化祭(広島大会)出品
平成30年度 第25回全国高等学校写真選手権大会「写真甲子園2018」近畿ブロック審査会進出
                      第30回京都府高等学校総合文化祭写真部門 最優秀賞
                      京都府写真連盟作品審査会 団体の部準優勝、個人の部2席・3席
令和元年度    第26回全国高等学校写真選手権大会「写真甲子園2019」近畿ブロック審査会進出
                      第43回全国高等学校総合文化祭(佐賀大会) 奨励賞
                      第39回近畿高等学校総合文化祭(京都大会) 出品
 部員より一言昨年度はコロナ禍のため、いろいろな場所に出かけて撮影することができませんでしたが、身近にある日常の風景を工夫しながら、いろいろな視点で切り取る活動を地道に続けてきました。その成果として、今年度の全国高等学校総合文化祭(和歌山大会)と近畿高等学校総合文化祭(滋賀大会)の京都府代表にそれぞれ一点ずつ作品が選ばれました。
 
写真部情報 >> 記事詳細

2013/05/01

第37回全国高等学校総合文化祭写真部門の作品が完成しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部
 小豆島での1枚で、題名は、「父の好きな道」です。レトロな看板、石畳などがとても気に入ったので撮りました。作品を制作する上で苦労したことは、人物の顔をつぶさないように明るさを調整しなければならなかったことです。何枚も焼き直して、試行錯誤を繰り返した作品です。

HR31 小谷 里多さん

小谷 里多さん 「父の好きな道」
09:00
 
  〒626-0034 京都府宮津市字滝23 TEL 0772-22-2116 FAX 0772-22-2117
Copyright © Miyazu Senior High School All Right Reserved.