生産システム科・ロボット技術科資格取得


生産システム科・ロボット技術科では「機械技術者」、「電子技術者」、「コンピュータ関連」の資格が取得できます。

-トップページ- -学科方針- -日々の活動- -実習- -課題研究- -進学・就職先情報- -資格取得情報-

生産システム科・ロボット技術科で取得できる専門的な資格・検定

下記の他にも、様々な資格・検定の合格実績があります。

資格の名称・種別どんな資格か?
基礎製図検定図面を描くために立体を平面に置き換える訓練をする製図を描くための基本検定
機械製図検定基礎製図検定をベースにした実際の図面記号や作図を行う検定
計算技術検定特殊な計算ができる「関数電卓」を用いた計算能力検定
情報技術検定コンピュータや情報通信ネットワーク、プログラミングなどの知識能力検定
初級CAD検定コンピュータを使った製図であるCADに関する知識技能試験
電気通信設備工事担任者電気通信回線に端末設備、 又は自営電気通信設備の接続工事を行い、又は監督するための国家資格
危険物取扱者乙種第四類火災の危険性の高い物質である「危険物」を取り扱うための国家資格
品質管理(QC)検定3級品質管理や標準化の考え方や実施法、品質管理手法についての筆記試験
国家技能検定働く人たちの技能が一定の基準を満たしているかどうかを国として証明する、知識及び技能検定試験

国家技能検定の取り組み

 生産システム科・ロボット技術科では国家技能検定として「電気器機組立て(シーケンス制御作業)3級」「電子器機組立て3級」の取得に力を入れています。
 技能検定の取得者は確かな技能の証として各企業で高く評価されています。
 「電気器機組立て(シーケンス制御作業)3級」は、指示された仕様に基づいて配線作業を行い、回路を完成させた後、プログラマブルコントローラ(PC)にプログラムを入力し作動させるものです。 工場のラインで使用されている自動制御の技術の基礎を習得します。
 「電子機器組立て作業3級」は、ロボットや制御には欠かせない電子機器の作業段取り、組立て、電子回路のはんだ付け、及びこれに伴う修理に必要な技能・知識を習得します。
 毎年多くの生徒が合格しており、”技能士”として進路実現に大きく役立てています。

電気器機組立て(シーケンス制御作業)

電子機器組立て作業