機械
テクノロジー科

金属加工を主体とした「ものづくり」で将来の技術者を育成する学科です。

前へ
次へ

課題研究

課題研究とは
課題研究とは、3年生に設定されている科目でそれぞれ自分の興味・関心のあるテーマについて 工業高校で学んだ知識・技能を駆使して研究・製作していく、 まさに3年間の集大成となる科目です。

令和元年度 研究実績一覧


新生チームブルースターリングエンジンの製作溶接モニュメント
鍛金手法を用いた商品開発おもしろ自転車トランスフォームロードトレインの製作

令和元年度については、機械プランニング科として最後の課題研究の取組となりました。
機械テクノロジー科の課題研究では「地域貢献」「大会参加」「福祉」「イベント参加」の4つをメイン テーマとし、6つの班に分かれて実施しています。
来年度以降は、機械テクノロジー科として課題研究に取り組んでいきます。
「ものづくり」を通して様々な経験をし、「自主的・主体的」に行動できる力を身に付けます。


新生チームブルー(京都府立図書館 依頼品)

スターリングエンジンの製作(スターリングテクノラリー参加)

溶接モニュメント(校内展示・イベント使用)

鍛金手法を用いた商品開発(TANTAN見本市で販売)

おもしろ自転車トランスフォーム(丹波公園祭り参加)

ロードトレインの製作(丹波公園祭り参加)
ページのトップへ戻る