機械
テクノロジー科

金属加工を主体とした「ものづくり」で将来の技術者を育成する学科です。

前へ
次へ

機械テクノロジー科の特徴的な専門科目

機械テクノロジー科では、ものづくりの基礎として 「設計・製図」「機械加工」「測定・検査」「保全」 の分野に特に力を入れています。

工業技術基礎
1年生に設定される科目で、3年間実施される実習や課題研究などのものづくりの基礎を学びます。 工業に関する基礎的技術を実験・実習によって体験し、各分野における技術への興味・関心を高める ための科目です。
機械テクノロジー科では「機械加工」「板金加工」「電気基礎」「鋳造」「溶接」などを学びます。

製図
工業高校ではすべての学科が学習する内容です。機械テクノロジー科では3年間かけて実施します。
1年生では基礎から学び手書きの図面を作成します。2年生からはコンピュータによる製図(CAD)を使用し、 より内容の濃い学習をします。3年生では3DCAの基礎を学習し、コンピュータ上でのシミュレーションを行い、作成した図面の確認動作なども行います。

機械設計
2年生から学習が始まります。機械設計では力学(材料に対する力の加わり方)や機構・機械要素に関わる学習を行います。 ものづくりの基礎となる分野で重要な学習内容です。

工業管理技術
工業生産の運営と管理に関する知識・技術を学びます。品質管理や工程管理、安全衛生に関することを学び、将来の 産業現場において実際に活用できる様学習を行います。。

機械工作
機械加工に関わる基礎を学習します。座学と実技を関連させて学ぶことができるのが特徴です。

生産システム技術
機械テクノロジー科ですが、機械を理解するためには制御分野や電気・電子の知識も必要となります。 生産システムで基礎知識を学びます。

その他特徴的な専門科目
情報技術基礎、機械技術、原動機、選択実習(ものづくり・測定技能)

機械テクノロジー科教育課程

  • 機械テクノロジー科 カリキュラム PDF
  • ページのトップへ戻る