機械
テクノロジー科

金属加工を主体とした「ものづくり」で将来の技術者を育成する学科です。

前へ
次へ

機械テクノロジー科とは?

機械テクノロジー科は、金属加工を主体とした「ものづくり」で将来の技術者を育成する学科です。
学習内容としては、機械に関わる基礎知識から専門性の高い内容まで学習します。また、機械だけでなく電気・情報に関わる 基礎知識も学習します。その中でも、将来の工業を担う人材育成としてものづくりの基礎である 「設計・製図」「機械加工」「測定・検査」「保全」 の分野に特に力を入れています。

機械テクノロジー科の学科説明

自分で考えたものを形にすることができる力を身に付けます。修理・製作の依頼を請負、実現することで地域貢献も行っています。
     

金属加工を中心としたものづくりを通して、知識・技能だけではなく3S(整理・整頓・清掃)や安全作業などを行い、 進路実現に向けて力を付けます。

学習の流れとして「設計・製図」「機械加工」「測定・検査」「保全」の分野で着実に力が付けられる様、授業を展開しています。

「設計・製図」では、3DCADを使用して製作する製品の組立図から分解図までシミュレーションを行い、 完成までのイメージができる様にします。

「機械加工」では、様々な工作機械を用いて授業を行います。3年生では0.02mmの公差で加工する実習もあります。 また、難易度の高い技能検定旋盤作業2級を在学中に取得する生徒もいます。

「測定・検査」では、測定専門の実習内容があり知識・技能を高めます。品質管理・工程管理における座学も設定されたおり 品質管理(QC)検定なども積極的に受検することができます。

「保全」では、機械要素に関わる座学と実技をリンクさせることで、より理解を深めることができます。

力を入れている4つの分野においては、国家検定である技能検定や難易度の高い検定を取得し、社会で 必要な「知識・技能」を身に付けます。

機械テクノロジー科でしかできない特色あるものづくりを通して、様々な経験をすることで「主体性や協調性」など 技術以外の部分についても力を付けて行きます。

実習で製作した製品を販売しています。お客様の立場で考え、どの様な商品に需要があるかなど、販売に至るまでの過程を学習します。イベント販売時には大きな達成感を得ることができます。

各種大会や、コンテストに積極的に参加しています。全国高校生ものづくり大会「旋盤作業部門」では、平成30年度に全国大会へ出場しました。 加工の難易度は非常に高く、専門的な知識も必要となります。

課題研究にてスターリングテクノラリーに参加しています。試行錯誤を繰り返しながら製作を行い、課題解決能力などを身に付けることができます。

この様に機械テクノロジー科では、様々なことに挑戦していく中で本校のコンセプトである「おもしろまじめ」を体感することができます。 真剣さと楽しさとを融合させ、メリハリのある学校生活を送り、進路実現に向けて確実に力を身に付けることができます。

進路の傾向としては就職が8割、進学が2割の割合です。就職では地元企業を中心に近畿圏を含め多くの実績があります。進学についても理工学部を 中心に多くの実績があります。
詳しい就職先・進学先については本ページ進路実績をご覧ください。

最後になりますが、機械テクノロジー科では普段の学習を大事にした上で、多くの資格取得に挑戦することができサポートもしっかり行います。 また、将来の工業を担う人材の育成のため知識・技能だけでなく、多くの経験ができる学科でもあります。



ページのトップへ戻る