電気
テクノロジー科

生活になくてはならない電気について学び、ライフラインの匠を目指す学科です。

前へ
次へ

学科ニュース

2021-01-20

関西電力送配電株式会社様による特別授業を実施しました!

関西電力送配電株式会社様に電力事業の現状やエネルギー資源、再生可能エネルギーについて、
また、電気を安全にお客様のところへ届ける仕組みや災害復旧について講義をしていただきました。
電力の安定供給自由化に伴う改革、 停電発生から復旧までのシステムなど
現場の技術に触れる貴重な機会となりました!

特別授業の様子                代表生徒からのお礼
2020-11-23

高校生ものづくりコンテスト(電気工事部門)京都府代替大会が実施されました!

コロナ禍において中止となっていた「高校生ものづくりコンテスト(電気工事部門)」ですが
代替大会という形で実施されました!
これまでの練習の成果を発揮し、制限時間内に完成させることができました。
競技の結果は惜しくも準優勝でしたが、本当に良く頑張っていました!!

            競技中の様子             表彰式後、作品の前で記念写真
2020-06-12

国家技能検定(電気機器組立て(シーケンス作業))合格!(2019年度実施分)

昨年度行われた、国家技能検定に現3年生の7名が合格しました。
シーケンス制御は信号機や洗濯機など、身近なところに使われる制御です。
放課後など、多くの時間を費やし成果を上げてくれました。

合格した7名
2020-06-04

電気テクノロジー科 コロナウイルス感染防止対策!

授業が再開され、生徒と教員がコロナウイルス感染防止に向けた対策を取りながら実習を行っています。
手洗いやマスクの着用など簡単かつ継続できることをしっかりと行い、安心して授業ができる環境を作っています。

休み時間の手洗いと授業中の様子
2020-02-28

電気エネルギー科 36名が卒業しました!

令和元年度 (第30回)卒業証書授与式が行われました。
今年度の電気エネルギー科の卒業生の活躍は以下のとおりです。(生徒表彰関係)

※ 京都府産業教育振興会 会長表彰  1名受賞
※ 近畿地区電気教育研究会 会長表彰 1名受賞

※ 全国工業高等学校長協会 ジュニアマイスター顕彰 29名受賞
☆ ジュニアマイスター顕彰 特別表彰受賞者    5名 (ゴールド受賞者より)
☆ ジュニアマイスター顕彰 ゴールド 受賞者   18名
☆ ジュニアマイスター顕彰 シルバー受賞者    9名
☆ ジュニアマイスター顕彰 ブロンズ 受賞者   2名

※ 京都府教育委員会 教育長表彰 31名受賞

電気エネルギー科 令和2年3月卒業者 「進路状況」はこちら
電気エネルギー科 「資格取得状況」はこちら

2020-02-06

第6回 課題研究発表大会 「優秀賞」!

本校体育館で「第6回課題研究発表大会」を実施し、在校生をはじめ、来賓の皆様や保護者、教職員が
各科の代表による5本の発表に聴き入りました。

電気エネルギー科の発表は、基本コンセプトとしている
「動力源を電気エネルギーとし、形あるものを創る」を実践したテーマで、
「電気動力車の製作」に取り組んだ班が、10分間のプレゼンテーションに望みました。
この発表では、取り組みの様子を動画を交えて分かり易く説明しました。

その結果、準優勝となる 「優秀賞」に輝きました。
これまで通算3回「最優秀賞」、そして今回の「優秀賞」受賞と、発表の内容が高く評価されています!

電気エネルギー科 代表「電気動力車(強号)の製作」
2020-01-24

3年生 総合実習で「電気保安講習」を実施しました!

電気エネルギー科では、3年生の最後の実習授業を総合実習と位置づけ、「電気設備の保安講習」を、
(一財)関西電気保安協会 北京都営業所 様 の御協力で毎年実施しています。

現場で使われる機器や学校内の電気設備について、詳しく教えていただきました。
今回も同協会への就職内定者2名が、授業の始めと終わりに挨拶をしました。

保安講習の様子
2020-01-23

『電気工事施工管理』 高度な国家試験に 17名合格!(2019年度実施分 )

「電気工事施工管理技術検定」は、「建設業法」に基づく 国土交通省主管の国家試験です。
今年度の試験では、2年生12名、3年生 5名 の計17名 が合格しました。(前期・後期の2回)
これにより、電気エネルギー科3年生は総勢 21名 の合格者となりました。

この試験は、電気工事の工程管理・品質管理・安全管理・関係法規等、電気工事の施工管理を行うために
必要となる知識や技術を問われるものであり、電気工事の現場施工管理者となるための国家資格です。

学科試験と実地試験からなり、実地試験においては施工管理の実務経験が問われる記述式であるため、
指定された実務経験がないと受験ができません。在学中は、学科試験のみ受験することができます。
本校電気エネルギー科/電気テクノロジー科の生徒は、高等学校指定学科で学科試験合格後の実地試験が受験
しやすい学科です。電気工事業への就職希望者は、就職先で実務経験を積み、実地試験に合格することで
施工管理技術者となる道が開けます。

「電気工事施工管理技術検定」に合格した2年生12名
2020-01-21

電気エネルギー科 課題研究発表会

3年生の「課題研究」の成果発表会を、1月21日(火)に実施しました。
本年度は、電気エネルギー科として最後の成果発表会であり、生徒たちも立派に発表してくれました。

「課題研究」では電気エネルギーを動力源とした「ものづくり」や、エネルギー教育の
学習内容を実践した、「電気動力車」「エコデンカー」「遊具」等の製作
また本年度初の試みの「学科オリジナル商品開発」にも取り組みました。
生徒たちが創意工夫した「ものづくり」の成果発表の場として、力を入れています。


課題研究発表会の様子
2020-01

第一種・第二種電気工事士試験の結果 (2019年度実施分)

本年度の電気工事士国家試験の、本科の合格者数が確定しました。

第一種電気工事士試験 では、
電気テクノロジー科2年生11名、電気エネルギー科3年生 4名合計15名 が合格しました。
第一種電気工事士試験は難易度が高く、社会的評価が非常に高い国家試験で、
合格後に一定の実務経験を積むことで、免状を取得することができます。
この免状を取得すると、ビルや工場など、規模の大きな施設(自家用電気工作物) の
電気配線工事ができます。今年度は、技能試験受験者全員が合格を勝ち取りました。
第一種電気工事士試験の 電気エネルギー科 3年生の合格者数は20名となりました。

第二種電気工事士試験では、
電気テクノロジー科2年生34名が合格し、2年生段階での合格者数が 過去最高 となりました。
第二種電気工事士試験の、3年生の合格者総数は31名 となりました。


第一種電気工事士試験に合格した3年生20名

第二種電気工事士試験に合格した2年生34名
ページのトップへ戻る