〒629-3444 京都府京丹後市久美浜町橋爪65番地 ℡:0772-82-0069 Fax:0772-82-0690 E-Mail:kumihama-hs@kyoto-be.ne.jp
 

図書館



場 所

1棟(本館)3階

資 料

■一般図書 約23,000冊ほか、雑誌、旅行パンフ、郷土資料 等多数

(所蔵のない本は、他の公共図書館から借り受けて提供します。)

■D V D 約150

司 書

伊達 深雪

館内機能

■閲覧室(約170㎡)

・座席 椅子席40、ソファ席8、ベンチ3

・図書の閲覧、貸出(原則1週間)、資料相談

・タブレット(無線LAN接続、絵本制作アプリ搭載)3台

・メイカーズラボ(筆記具や工作具、ホワイトボードペーパー等が利用できます。)

・ワークショップ(いつでも体験できるものと、イベント時限定のものがあります。)

・ボードゲーム、パズル(対話力や学ぶ力を高めるゲーム類が揃っています。)

■マルチメディアルーム(約20㎡)  

・パソコン(インターネット、文書作成等)2台

・DVD、CD視聴機材

・自習用卓上ライト 4台

・飲食をすることができます。

主な評価

(カッコ内は授賞機関名)

2019年 Library of the Year2019 優秀賞(IRI知的資源イニシアチブ)

2018年 第12回朝の読書大賞 大賞(高橋松之助記念顕彰財団)

2017年 第11回朝の読書大賞 優秀校(高橋松之助記念顕彰財団)

2016年 第28回子ども読書活動優秀実践校 文部科学大臣表彰(文部科学省)

2008年 みんなで読もう!1,000万冊読書キャンペーン 京都府知事賞(京都府)

2007年 みんなで読もう!1,000万冊読書キャンペーン KBS京都賞(京都放送)

 

日誌

図書館News >> 記事詳細

2018/07/20

世代間交流で郷土を知る機会に。学校図書館一般公開中。

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館
 17日(火)に始まった学校図書館の一般公開では、企画展の資料以外も御利用いただいています。
 19日(木)には、かつて久美浜高校に存在した分校「松江分校(昭和27年に廃止された定時制)」の名称の由来を研究している地域の方が郷土資料を探しに来校されました。昼休みには生徒も一緒に、久美浜湾が別名「松江の浦」と呼ばれていたことや、その由来などについて知るため、『久美浜町誌』『熊野郡誌』などをひもといて、郷土研究を試みました。
 生徒達は、自分たちの学校に分校があったことも初耳で、久美浜湾の別名も初めて知り、その由来を「松並木のある入り江だからでは?」と自分たちの推論を述べて、日本全国にある「松江」という地名をインターネット百科事典のウィキペディア等で調べました。しかし、「他所の例はさておき、久美浜湾が松江と呼ばれた明確な根拠というには、そう書いてある<出典>がないと、〇〇だと思うだけでは、ちゃんとした論文とはいえない」「〇〇かも、と思ったら、その根拠が書いてある本をとことん探す」という研究の厳しさと、「気になったらとことん調べたくなる」という追求の楽しさを教わりました。また、この方が、1,200字の文章を書くために毎日4紙の新聞に目を通し、気になる記事を5年以上スクラップし続けておられることや、集めた資料を要約してデータベース化するなどの苦労を聞かせていただき、目を丸くしていました。
 大学のない丹後地方では、「研究」というと縁遠いことのように思いますが、じつは身近には様々な「研究」をされている方がいるということを知り、直に話す機会を得たことは、とてもよい体験になったのではないでしょうか。
 一般公開は、今月30日(月)までの平日9時-17時まで行っています。




推測したことが正しいかどうかは、出典を探して確認することが大切だと教わる生徒達。
14:01