〒629-3444 京都府京丹後市久美浜町橋爪65番地 ℡:0772-82-0069 Fax:0772-82-0690 E-Mail:kumihama-hs@kyoto-be.ne.jp
 

図書館



場 所

1棟(本館)3階

資 料

■一般図書 約23,000冊ほか、雑誌、旅行パンフ、郷土資料 等多数

(所蔵のない本は、他の公共図書館から借り受けて提供します。)

■D V D 約150

司 書

伊達 深雪

館内機能

■閲覧室(約170㎡)

・座席 椅子席40、ソファ席8、ベンチ3

・図書の閲覧、貸出(原則1週間)、資料相談

・タブレット(無線LAN接続、絵本制作アプリ搭載)3台

・メイカーズラボ(筆記具や工作具、ホワイトボードペーパー等が利用できます。)

・ワークショップ(いつでも体験できるものと、イベント時限定のものがあります。)

・ボードゲーム、パズル(対話力や学ぶ力を高めるゲーム類が揃っています。)

■マルチメディアルーム(約20㎡)  

・パソコン(インターネット、文書作成等)2台

・DVD、CD視聴機材

・自習用卓上ライト 4台

・飲食をすることができます。

主な評価

(カッコ内は授賞機関名)

2019年 Library of the Year2019 優秀賞(IRI知的資源イニシアチブ)

2018年 第12回朝の読書大賞 大賞(高橋松之助記念顕彰財団)

2017年 第11回朝の読書大賞 優秀校(高橋松之助記念顕彰財団)

2016年 第28回子ども読書活動優秀実践校 文部科学大臣表彰(文部科学省)

2008年 みんなで読もう!1,000万冊読書キャンペーン 京都府知事賞(京都府)

2007年 みんなで読もう!1,000万冊読書キャンペーン KBS京都賞(京都放送)

 

日誌

図書館News >> 記事詳細

2019/08/28

著者プレゼントで「はあって言うゲーム」が入りました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館
 新学期がスタートしました。9月5・6日の文化祭でのクラス演劇にむけて、生徒の皆さんはいま、準備や練習に熱心に取り組んでいることでしょう。
 このたび学校図書館には、演劇練習のストレッチにも良さそうなコミュニケーションゲーム「はあって言うゲーム」と「はあって言うゲーム2」が入りました。このゲームは、「ぷよぷよ」などの人気テレビゲームを手がけたゲームクリエイターの米光一成氏が2017年5月に発表したカードゲームです。このたび、幻冬舎から発売されるにあたり、ボードゲームを教育や交流事業に活用している全国100の団体等の希望者に著作者・米光氏から無償プレゼントのお申し出があり、いただくことができました。

 「はあ」と文字にすると2文字の日本語、実際に言葉で口にするとき、あるいは耳にしたとき、みなさんはその「はあ」をどういう意味だと思いますか。怒りの「はあ」?  とぼけの「はあ」? それとも感動の「はあ」でしょうか? このゲームは、各プレイヤーに異なるシチュエーションが割り当てられ、プレイヤーは声と表情だけでそれを表現し、お互いにどの「はあ」を演じているのかを当てっこするものです。
 演劇でステージにあがるみなさん、これから就職や進学で面接試験に挑むみなさん、表情のストレッチにもってこいのゲームですよ。ぜひクラスのみんなでやってみてください。
 
 遊び方解説はこちら⇒ 「はあって言うゲーム」遊び方解説動画




07:05