〒629-3444 京都府京丹後市久美浜町橋爪65番地 ℡:0772-82-0069 Fax:0772-82-0690 E-Mail:kumihama-hs@kyoto-be.ne.jp
 


 

お知らせ

■4月23日(金)
緊急事態宣言を踏まえた対応等について

 京都府を対象として新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言(4月25日(日)~5月11日(火))が発令されました。 
 今回の緊急事態宣言に伴う学校教育活動についての、京都府教育委員会から保護者の皆様へのメッセージを掲載しますので
ご一読ください。
 引き続き、感染拡大防止に向けまして、一層の御理解と御協力をお願いします。

   京都府教育委員会からのメッセージ→保護者のみなさまへ.pdf
 

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

日誌

令和2年度News
12345
2021/03/22

【カヌー部】全国長距離選手権入賞!

Tweet ThisSend to Facebook | by カヌー部
3月20日(土)、21(日)、兵庫県芦屋市キャナルパーク内水路にて、第3回全国高等学校カヌー長距離選手権大会が開催され、カヌー部5名が出場しました。

この大会は、5000mの距離で行われるレースです。現在、本校カヌー部では長距離種目にも力を入れています。カヌーマラソン種目を含めたロングレースは、レース展開も分かりやすく、とても魅力的な種目です。

今回は、冬場のトレーニングの成果を試す意味でも大会に臨みました。2021シーズンに向けて、課題と成果を感じられたレースとなりました。今シーズンも全国大会での上位入賞を目指し、部員一同がんばりますので、応援よろしくお願いします!

【K-1】      5000m       3位          白岩 寛大     (1年)


【C-1】      5000m       5位          田村 翔太     (2年)


【WK-1】  5000m        2位        安井 小雪     (2年)
                               4位        埋金 遥        (2年)

 

 
 
 


13:09 | 部活動
2021/03/19

3学期終業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 農業科
 3月19日(金)、春を感じさせる陽気のなか、令和2年度3学期終業式を行いました。
 校長先生からは、令和2年度の目標である「生徒一人ひとりが誇りをもてる学校にする。」取組みについての話がありました。教員の指導力向上、グラウンドの照明施設や多目的教室改修などの学習環境の整備、そして、学習活動や部活動をとおして、生徒が成長している姿が紹介されました。
 また、部長講話では、砂井教務部長より、コロナ禍であたり前のことがあたり前にできなかった状況ではあるが、高校に入学した気持ちを忘れず、自らの目標に向けて歩んで欲しいとの話がありました。
 安井生徒指導部長からは、コロナ禍のなかで「何ができるか」を考え取組んで欲しい。困ったことが起きたら、どうやったら乗り越えられるかを考えることが大切であるとの話がありました。
 最後に、3学期の伝達表彰を行いました。生産科学系列2年生が松林再生プロジェクトでの研究について、第6回全国ユース環境活動発表大会近畿地方大会において、優秀賞を受賞しました。
 それでは皆さん、健康等に留意し、春休みを有意義に過ごしてください。
 
   



15:00 | 学校行事等
2021/03/16

ダンス発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 保健体育科
312()2年生女子による創作ダンスの発表会を行いました。昨年、新型コロナの影響で発表会を見られなかったためイメージが湧かない中で、曲を選び編集し、振り付けやフォーメーション、照明などを考えました。また今年は実施できるか、どのくらいの規模で実施されるのか分からない中でしたが、素晴らしい作品を仕上げ、発表できました。完成させるのにかなり苦労しましたが、当日はステキな笑顔で踊りきりました。かっこよくてかわいくてキラキラ輝いている2年生を見た1年生は、今から来年のダンス発表会が楽しみになったようでした.
   
 2A   2B
   
 2C
17:12
2021/03/01

令和2年度(第73回)卒業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 農業科
3月1日(月)、春の陽気を感じさせるほどの暖かな良き日に、令和2年度(第73回)卒業証書授与式を挙行し、総合学科生70名が久美浜高等学校を巣立っていきました。
 校長先生の式辞では、渋沢栄一氏の「夢七訓」が紹介され、夢を求め続け、幸福になってほしい。成功の陰には努力がある。信念を持って挑戦し続けてほしいとの激励の言葉がありました。
 滝上博行PTA会長様からは、コロナ禍での高校生活を一生の財産とし、仲間、先生、保護者の恩を思い出し、これからの道しるべにしてほしい。失敗を恐れず進み、感謝の気持ちと、他者を思いやり手をさしのべることが力となることを説かれました。
 卒業生代表の谷口稜さんからは、コロナ禍での学校祭の思い出が紹介されました。ショートムービーでの文化祭、学年縦割りの体育祭をとおして、助けあい、協力しあいながら一つのチームとして取り組んできた思い出、今後も「協働・感謝・支え合う心」を忘れずに取り組んでゆきたいと決意を述べました。
         
16:30 | 学校行事等
2021/02/26

介護職員実務者研修修了証交付式 

Tweet ThisSend to Facebook | by 福祉科
 

 

 福祉系列の3年生4名全員が、2・3年次の2年間の介護職員
実務者研修を修了しました。
 2月26日の卒業式予行練習後の交付式にて、校長先生よりそれぞ
れに修了証を交付していただきました。

 


15:33 | 福祉系列
2021/02/24

丹後の民話絵本を点訳

Tweet ThisSend to Facebook | by 福祉科
 2月17日(水)、京丹後市立峰山図書館へ点訳絵本を贈呈しました。

 選択授業「手話・点字」を学ぶ3年生5名が、山田紀美子先生の指導の下、4ヶ月半かけて絵本3冊を点訳しました。
 郷土の歴史や産業を大切に学びたいと、丹後地域が舞台の絵本を選びました。
 絵本を手に取った地域の人達が、点字や視覚障がいについて関心を深めるきっかけになればと思います。
 絵本は市内の6図書館・室で巡回展示した後、貸し出しされる予定です。

  
  
  
09:00 | 授業
2021/02/01

百人一首大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 農業科
 1月27日(水)、1年生ライフスキルとLHRの時間を使って百人一首大会を行いました。緊急事態宣言が出されている中ですが、百人一首大会ができるように様々な工夫をしていただきました。大きなカルタを作って間隔を広く取り、チーム戦ではありますが、対戦順を決めて1人ずつ代表を出して戦ったり、カルタを取るための「手」を手作りしてもらったりしました。生徒たちはとても楽しみながら国語の授業や、冬休みの宿題で暗記した成果を発揮していました。
  


10:02 | 授業
2021/01/26

世界史B(3C選択者) ポスターセッション

Tweet ThisSend to Facebook | by 社会科

 学びの集大成として、問・仮説を設定したポスターセッションを行いました。発表後にも、生徒同士で積極的な質疑応答を行っていました。世界史に関連づけた探究活動でしたが、今回の活動で得たことを、それぞれの進む分野で応用・活用してくことを願っています。

 

発表タイトル

「感染症と社会 ~ 世界的なパンデミックが社会に変化をもたらす?~ 」

「死刑制度は廃止すべきか?」

「日本で‘パン’がなぜ主食として受け入れられるようになったのか?」

「デザインはなぜ誕生したのか?」

「なぜ日本は「幸せな国」になれないのか?」

「なぜ、世界で好まれる服装が違うのか?/服装と性格はどう影響し合っているのか?」

「世界美女には権力が強い人が多いが、メイクによる効果はあったのか?」

「サッカー日本代表が強いのは本当か?」

「かつては王が政権を持ち軍や政治を指揮したが、現代がそうではない理由は何か?/国民主権である現在に、王や天皇が存続し続ける理由は何か?」

「覇権国家の変遷」

「アフターコロナの時代について」

 


08:35 | 授業
2021/01/21

特別講義

Tweet ThisSend to Facebook | by 福祉科
 

「介護職の倫理」     1月17日(火)

 京都府介護福祉士会から神月和枝さんをお招きして、「介護職の倫理」について学びました。

 神月さんは介護福祉士としての御経験だけでなく、介護福祉士の現任教育にも携わっておられ、「介護を受ける方の気持ちに添った介護」について、具体例を示しながら講演いただきました。
 


12:06 | 福祉系列
2021/01/08

3学期始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by HP管理者
1月8日(金)、厳しい寒さのなか、新型コロナウィルスに配慮し、放送にて3学期始業式を行いました。
 校長先生からは、はじめに、年末の大掃除の様子について、農場トイレ、体育館のトイレは、担当の教員から、「皆さんに気持ちよく使ってもらうように当番の生徒が丁寧に掃除し、きれいに使ってもらっています。」と報告があったことが紹介されました。また、年末の体育施設の大掃除をしてくれた運動部の皆さんに感謝して、きれいに使おうと話されました。
 式辞のなかで、最後に担任をされた学年で、卒業式のクラス代表を決めた際の話をされました。一人の手が挙がり、「私は就職します。これが私の最後の卒業式になります。クラス代表にしてください。」との立候補があり、彼女の言葉から社会人になる覚悟がわかりハッとしたこと、そして誰も反対しなかったというエピソードが紹介されました。
 高校は人生のなかでも大きな節目です。3年生の皆さんは、卒業まであと2ヶ月、卒業した高校に誇りを持てるように、最後の学期を過ごしてほしい。
 また、コロナ禍のなかでの実施した修学旅行は、2年生全員の前向きな取組で充実したものになった。次は3年生になる。希望進路の実現に向けて取り組んでほしい。
 1年生は、丹後緑風高等学校の新しい歴史をつくる学年である。4月からは後輩もできる。1年生の間にしっかりと基礎学力を身につけ、2年生からの専門性の高い学習につないでほしい。今後の活躍を期待したい。との話をされました。
 部長講話では、砂井教務部長から、新型コロナウィルスの感染防止の徹底と命の重要性、3学期はまとめの学期である。今年の目標を立て、やらなければならないことをやりきる。そして、自分の目標に立ち向かおう。
 岡本進路指導部長からは、コロナの影響もあり社会は厳しい状況になる。就職するにも進学するにも社会に出てからの厳しさは沢山あるだろう。1・2年生は、これまでの行動を改め、意識を高く持ち、考え続け、行動をするようにとの話がありました。
 

17:00 | 学校行事等
12345