沿革

昭和502月17日京都府立新設高等学校(右京地区)開設準備室を京都市立梅屋小学校内に設ける
3月1日京都府立北嵯峨高等学校が、京都府条例により設置される
全日制普通科設置決定 但馬 卓 初代校長に補される
4月9日第1回入学式を京都市立洛南中学校講堂において挙行する(入学生269名)
4月10日京都府立朱雀高等学校鳥羽分校において授業開始
8月29日右京区嵯峨大沢柳井手町 プレハブ校舎に移転
9月1日本建築第一期工事開始
昭和513月29日新校舎(管理棟・理科教室・体育館)へ移転
7月29日プレハブ校舎一部移転
昭和523月28日新校舎(第2棟・第4棟・図書館等)へ一部移転
昭和533月28日第3期工事(第3棟)完成
昭和554月1日第2代 森下 貞夫 校長就任
昭和573月20日格技場完成。(400.4平方m)
昭和599月18日創立10周年記念式典挙行
昭和614月1日第3代 片岡 匡三 校長就任
昭和636月30日体育振興施設完成(407.8平方m)
平成44月1日第4代 山口 忠夫 校長就任
平成53月31日コンピュータ教室設置
平成64月1日第5代 田上 浩 校長就任
平成114月1日第6代 丸尾 宣弘 校長就任
平成13   4月
1日
第7代 吉田 荘治 校長就任
平成154月1日第8代 中村 俊孝 校長就任
平成17 4月
1日
第9代 馬場 健  校長就任
平成204月1日第10代 高畑 哲 校長就任
平成234月1日 第11代 吉田 春雄 校長就任
平成26年 4月1日 第12代 須原 洋次 校長就任
平成28年 4月1日 第13代 大溝 誠則 校長就任