ソフトテニス

 スローガン : 一球入魂(一球一球を真剣に!)
 活動内容  : きれいなオムニ(砂入り人工芝)コートで練習しています。
         中学校からプレーしている上手な人も初心者も、基礎的な練習を中心に
         仲良く一生懸命ソフトテニス部の練習に取り組んでいます。
 活動実績  : □平成30年度両丹高等学校ソフトテニス選手権大会□
         【個人戦】
          ・男子の部:松井捷人・杉本天気ペア … ベスト20
          ・女子の部:山上日和・泉 陽菜ペア … ベスト16
         【団体戦】
          ・女子の部:加悦谷高校 … ベスト4
            ※上記の選手及びチームは、両丹代表として京都府大会出場
 
ソフトテニス部日誌
12
2021/04/27

【ソフトテニス部】コート復活!!!

| by 管理者
 ソフトテニス部は、4月から宮津天橋高等学校宮津学舎との合同での練習が始まっています。合同練習により部員数が増えたことから、これまで使っていなかった本校のテニスコートを整備することにしました。

 雑草がうっそうと茂っていて、とてもコートとしては使用できる状態にないところからのスタート…。


 雑草を取り除き、土をならし、転圧ローラーにて整地し、見事にコートを使用できる状態に蘇らせることができつつあります!

09:11
2020/11/16

【ソフトテニス部】京都府大会(団体戦)で1回戦勝利

| by HP担当者

117日(土)、両丹高等学校ソフトテニス新人大会【団体戦】(東舞鶴公園テニスコート)に出場し、女子チームがベスト6に入賞し、1114日(土)、京都府高等学校ソフトテニス新人大会【団体戦】(太陽が丘テニスコート)に、両丹ブロック代表校として出場しました。


1回戦:対 山城高校【21 勝ち】

2回戦:対 文教高校【03 負け】


2回戦には敗れましたが、「京都府大会で1回戦突破」という目標を達成することができました。


1121日(土)に開催される京都府高等学校ソフトテニスダブルス大会北部ブロック予選【個人戦】(東舞鶴公園テニスコート)が、2020年最後の公式戦です。


試合後、学校に帰ってからも練習をする部員たちの姿です。


10:35
2019/05/07

ソフトテニス部、両丹高校選手権大会に出場

| by HP担当者
加悦高ソフトテニス部、2019年度両丹高校選手権大会で健闘

 5月3・4日に福知山三段池公園テニスコートにて、2019年度両丹高等学校ソフトテニス選手権大会[個人・団体]が開催されました。本校からは男子10人、女子10人が試合に参加しました。

     
 
 個人戦では、[女子]金口・砂後ペアがベスト8に入り、6月1日に丹波自然公園テニスコートにて開催される「京都府大会」への出場が決まりました。

 団体戦では、[男子チーム]は初戦で、工業高校を相手に惜しくも1-2で破れました。一方、[女子チーム]は東舞鶴高校に3-0で勝利しました。続く2回戦では、福知山高校に0-3で惜敗しました。そして、京都府大会への出場権をかけた敗者復活戦では宮津高校と対戦しましたが、健闘したものの勝利には至りませんでした。

 本大会は1・2・3年生が一緒に試合に参加することができる唯一の大会です。加悦谷高校は、2・3年生に加えて、新しく入部した1年生が大いに活躍しました。特に、団体戦では、チームの勝利のために絶えず奮闘する上級生の姿に刺激され、「自分もがんばらないと・・・」と気持ちを駆り立てられる1年生が多かったようです。

 「(引退が近い)先輩たちとこれから少しでも長く部活ができるようにがんばったけど、団体戦で勝てず、みんなで府下大会に行けなかったのが本当に悔しい。」

 これは、ある部員が、大会後のミーティングで語った言葉です。自分自身のためだけではなく、チームのために努力した部員たちの健闘を讃えます。

              
09:30
2019/03/28

ソフトテニス部 日本海高校ソフトテニス大会でベスト4

| by HP担当者
ソフトテニス部が日本海高校ソフトテニス大会に出場!
 
 3月23日(土)・24日(日)、福知山三段池公園テニスコートにて、第27回日本海高校ソフトテニス大会(団体戦)が開催され、加悦谷高校(男女)が大江高校との連合チームで出場しました。



 この大会は、京都府内の高校だけではなく、他府県の高校も参加しました。近畿大会やインターハイの常連校も数多く出場しており、非常にレベルの高い試合が繰り広げられました。

 23日は予選のリーグ内総当たり戦、24日は予選順位によるトーナメント戦が行われました。加悦谷・大江連合チームは、男女ともに1日目のリーグ戦では3位という結果でした。2日目は3位トーナメントで試合が実施され、加悦谷・大江連合チーム[男子]は初戦敗退、一方、加悦谷・大江連合チーム[女子]は最終的にベスト4に入ることができました。

 「練習の成果がでた!」と喜ぶ姿、「思うように動けなかった!」と悔しがる姿。なかなか対戦する機会のない他府県のチームとの試合を通じて、部員それぞれが色々な事を感じたようです。

 加悦高ソフトテニス部、春へ向けて、がんばります。
 

11:45
2019/03/22

ソフトテニス部 ソフトテニスインドア選手権大会で準優勝

| by HP担当者
ソフトテニス部が、地域大会で準優勝!

 2019年3月21日(木)宮津市民体育館にて、丹後ブロックソフトテニスインドア選手権大会(個人戦)が開催され、本校からは男子2ペア、女子2ペアが出場しました。

 京都府北部在住の高校生だけではなく、中学生、社会人と、幅広い年代の方が参加することのできる大会でした。


 

 
 
 大会結果として、本校女子ソフトテニス部の金口・砂後ペアが見事、「準優勝」を果たしました。

 今回の選手権大会で入賞を果たせなかった本校生徒たちも、最初から最後まで粘り強く試合に取り組み、冬の練習の成果を試す機会となりました。

 大会直後のミーティングでは、生徒一人一人が「自分の前進」と「自分の課題」を言葉で表現することで、今後の部活動の目標を考えることができました。

 この度、丹後ブロックソフトテニスインドア選手権大会を開催してくださった地域の大会関係者の皆様、また、応援に来てくださった保護者の皆様には感謝を申し上げます。
10:21
2019/01/15

ソフトテニス部、合同練習会・練習試合を実施

| by HP担当者
加悦高ソフトテニス部、峰高と合同練習会・練習試合を開催

 1月13日(日)、この時期にしては珍しい快晴のもと、峰山高校ソフトテニス部を本校に迎え、「合同練習会」兼「練習試合」を実施しました。

 現在は、ソフトテニスのオフシーズンです。その中で、各校の部員たちが合同練習と練習試合に参加することで、日常の練習成果の確認、現状の課題発見、そして、これからの練習のモチベーションを高めることが、今回の趣旨でした。

 各校の部長どうしの対話をもとに練習メニューを考案し、それを全体に伝えて練習を実施しました。主体的に活動に取り組む姿がなにより印象的でした。

 「この高校は普段こんな練習をしているのか」、「この高校にはこんなプレイヤーがいるのか」など、各自が新しい発見をし、良い刺激の場になったことと思われます。(以下、いくつか写真を紹介します。)

 各校の女子部長2名より、練習メニューの伝達中
 練習風景。雰囲気作りのかけ声が飛び交います。
 練習風景。各校で実践しているメニューに挑戦。

13:30
2018/12/26

ソフトテニス部、次の春へ向けて・・・

| by HP担当者
ソフトテニス部、次の春へ向けて・・

 加悦高ソフトテニス部が出場を予定していた、今季の大会はすべて終了しました。現在は次年度に向けて、部員それぞれがこれからの目標を見直したり、練習メニューを再考したり、体力づくりのトレーニングに取りんだりと、自己探求・調整期間に入っています。
 
 4月からの新チーム始動に向けて、いまできていること・できていないこと・できるようにしたいことを考えながら、よりよい集団づくりに向けて邁進中です。

 さっきよりは今、昨日よりは今日、少しずつ前へ。


 最後に、11月に行われた試合の結果をお知らせします。

    ● 11月  3日(土) 京都府高校選抜団体戦北部予選  
             → [女子の部] 加悦谷高校 第5位

    ● 11月10日(土) 京都府高校選抜団体戦京都府予選
             →  女子出場 (1-2で初戦敗退)

    ● 11月23日(金) 京都府高校インドア大会 北部ブロック予選
             → [女子の部] 金口・砂後ペア ベスト8


 これからも、加悦高ソフトテニス部の応援をよろしくお願いします。



08:10
2018/10/22

ソフトテニス部、スポーツを通じて社会貢献

| by HP担当者
ソフトテニス部、スポーツを通して地域貢献

 

1021日(日)、京丹後市の久美浜中央運動公園テニスコートにて「丹後のごっつぉー争奪ソフトテニス大会」が催され、加悦谷高校ソフトテニス部から女子3人が参加し、大会を盛り上げることに貢献しました。

 

6回目の開催を迎えるこの大会は、地域のソフトテニス競技者の技術向上だけではなく、京丹後産食材の消費量や知名度の向上を、目的としています。大会の名称の通り、参加者や上位入賞者には、“丹後のごっつぉー”が送られます。

 

地域の大会とはいえ、全国レベルで活躍されている京都府北部出身の社会人選手も多く参戦されていましたので、高校生たちにとっては非常にやりごたえのある試合となりました。

 

結果として、加悦高の3人は惜しくも3位入賞を果たせませんでしたが、よい試合経験となりましたし、強い社会人選手と交流を深めることができました。

 

この日の経験を弾みにして、次は、113日の新人戦・団体の両丹大会がんばります。



10:55
2018/10/14

ソフトテニス部、京都府大会に出場

| by HP担当者
ソフトテニス部が新人戦の京都府大会に出場

 10月13日(土)、福知山三段池公園テニスコートにて「平成30年度京都府高等学校ソフトテニス新人大会(個人戦)」が行われ、加悦谷高校からは、両丹予選でベスト16入りを果たした、金口(2年)・砂後(2年)ペアが出場しました。

 結果としては、第1回戦で京都成章高校に破れ、初戦敗退に終わりました。しかし、互いに声をかけ合いながら、最後まで健闘し、1点1点を大事にしながらプレーすることができました。

 試合後には、今回見つかった課題を改善し、良いところはさらに磨いていこうと、次の試合を見据えて燃えている2人の姿が見られました。

今後の予定は以下の通りです。
11月  3日「平成30年度両丹高等学校ソフトテニス新人大会(団体戦)」
11月10日「平成30年度京都府高等学校ソフトテニス新人大会(団体戦)」
11月23日「平成30年度京都府高等学校ソフトテニスインドア大会北部ブロック予選」

目標は「京都府大会での1回戦勝利」

これからも加悦高ソフトテニス部の応援、どうぞよろしくお願い申し上げます。
18:12
2018/09/24

ソフトテニス部、両丹新人戦(個人)で府下出場決定

| by HP担当者
加悦高ソフトテニス部 
両丹新人戦(個人)で府下出場決定!

9月22日(土)三段池公園テニスコートで実施された「両丹高等学校ソフトテニス選抜大会(個人戦)」に、加悦谷高校ソフトテニス部が出場しました。

男子は1年生同士が組む1ペアのみの出場でした。結果は初戦敗退でしたが、ファイナルゲームまで持ち込み、一球一球、息をのむような試合で会場を沸かせました。

女子は2ペアが出場しました。1ペアは最初のセットをとりましたが、惜しくも勝利をつかめず、初戦敗退。もう1つのペアは、勢いのある試合を展開して、見事、府下大会進出を果たしました。

次は、10月13日(土)新人戦(個人)府下大会、そして、11月3日(土)新人戦(団体)両丹大会です。応援よろしくお願いします。







13:57
12