京都府立桂高等学校
 

 

京都府立桂高等学校 →HOME
〒615-8102
京都市西京区川島松ノ木本町27
Tel:(075)391-2151
Fax:(075)391-2153
e-mail:
  
katsura-hs@kyoto-be.ne.jp
        →アクセス
 

カウンタ

COUNTER849424

日誌

授業 >> 記事詳細

2019/11/18

行動につながるプレゼンテーション

| by KRP主担
2019年11月18日(月)

探究活動での実験や調査は、実施して終わりではありません。
結果を確認するための実験や調査ではないからこそ、
結果やデータを分析し、何がわかって何がわからないのか、
まとめておく必要があります。

そして、まとめた内容やこれからの展望を発表し、
他者から意見をもらうことで探究が進んでいきます。

今回は、発表する時に気をつけるべきことについて
特別講義を行っていただきました。

講師は、株式会社リブセンス取締役の中里基様です。


講義のテーマは「行動につながるプレゼンテーション」

ポイントはたくさんありました。
・知ること、できるようになることは本来楽しいこと
・似たものどうしには共感が生まれ、異なる点から成長する
・相手を知るためには、まず自分をオープンにして知らせること
・良い点だけをアピールするのは、かえって怪しい
・悪い面があるとしても、ポジティブに表現すること
・主語、述語を使って文章にする
そして最後に
・メッセージ(主張)を自分で信じて話すこと

講義の後半には、プレゼンテーションの演習を行いました。
お題は「1年前の自分(中3生)に桂高校をアピールしよう」です。


発表内容を検討


発表資料を作成


発表

短い時間で、発表をまとめることができました。

中里様より、
・資料構成も発表内容も工夫があって良かった
・校風が自由、しかし自己責任が伴うという展開に感心した
との講評をいただきました。
特に、2点目については、社会に出てからの生き方にも
つながる姿勢として大切な考え方だということでした。

研究内容についても自信をもって話せるように、
プレゼンテーションの準備をしましょう。

10:22

KRP 中間発表資料作成

11月19日(月)、KRPの授業で、中間発表に向けた資料作成を行いました。
各班で先日行った実験やフィールドワークの結果などを持ち寄り、資料を作成しました。



先生の助言もいただきながら、資料をまとめていきます。





どの情報が必要で、どのように伝えるのが効果的か考えて資料を作ります。



かなり形になってきました!

2時間という短い時間の中ではありましたが、ほとんどの班が資料だけではなく原稿の作成も終えることができ、1学期から培ってきた時間管理能力が発揮されていると感じられました。

来週はいよいよ発表を行います。
 

KRPで探究活動を行いました

11月5日(月)、これまで各班で準備や計画を行ってきた実験・フィールドワークを実際に行いました。





この日に向けて、各班で実験計画を練って来ました。







分からないことは、図書室やパソコン教室に移動して調べました。









持ち寄った資料を調べたり、教室のタブレットを使って調べたりもできます。
また、KRPは8人の教員で担当しているため、専門性も様々です。自分たちの調べたいこと・調べようとしていることについて、すぐに先生から助言をもらえます。



完成した計画書を元に、いよいよ実験開始です。



教室内で実験を行う班は、どんどん準備を進めていきます。



屋外で昆虫採集をする班も。



飲料水を使った実験を行う班は、水道の近くで実験を行っていました。



火や薬品を用いて実験を行う班は、実験室へ移動しました。
KRP担当以外の先生も、実験のサポートをしてくださいました。



中間発表に向けて、実験結果を写真に残しています。
良い写真が撮れたでしょうか?



日光を利用して肉が焼けるかどうかという実験をした班もありました。
きつい日差しの中、一生懸命実験を行っていました。



嵐山へフィールドワークに行った班もありました。
外国人観光客の方々にインタビューをしています。御協力いただいた皆様、ありがとうございました。

どの班も非常にユニークな実験を行っていました。
何度も計画を練り直しましたが、実際に実験を行うと思い通りにいかないこともあり、苦戦した班もありましたが、怪我や事故なく実験を終えることができました。

今後は、中間発表に向けて今日の実験結果やアンケート結果などをまとめる作業に入ります。
 

2学期もKRP頑張っています!

夏休みが終わって1ヵ月が経ちました。2学期も、KRPではたくさんの活動を行っています。

9月3日(月)は、GPS-Academicを実施しました。これは、選択式問題や記述・論述問題を通して学力観の転換や思考力への意識づけを行い、考えることの大切さに気付くとともに、そこで得た視点を利用して探究活動の効果を高めることを目的としています。

生徒たちは初めて見る問題形式に戸惑いながらも、時間いっぱい一生懸命取り組んでいました。



終わった後は、ワークシートを用いてグループ学習を行いました。



お互いの考えを共有します。自分の考えをいかに相手に伝えるか、効果的な伝え方は何かを考ええるとともに、相手の考えの良いところや悪いところを見つけるのも大切な学習です。



班内でアンケートを取っています。班での学習は、自分以外の視点を知る大切な機会です。

9月10日(月)は、EDULE Design株式会社 代表取締役の梶田 泰里様を外部講師としてお招きし、時間管理についての講演をしていただきました。





自分が普段どのような時間の過ごし方をしているのか明確にするワークショップでは、自分の生活をグラフに書くことで、未来の目標に近付くために削ることのできる時間を視覚的に確認できました。

9月25日(火)は、いよいよ探究活動に向けて具体的なテーマを決めるプレゼンを行いました。
各自が夏休みの課題として考えたテーマを分野別に分け、各グループの中で自分の探究したいテーマについて発表を行いました。



メモを取りながら耳を傾けます。発表の後は質疑応答の時間もあり、活発な意見交換が見られました。



全員の発表が終わったグループから、進行役と書記役を決め、探究活動のテーマとして何が良いかを話し合いました。
どの班も全員が積極的に発言を行い、探究活動への強い意欲が感じられました。
 
 https://www.kyoto-be.ne.jp/katsura-hs/cms/?page_id=47