京都府立桂高等学校
 
 

桂blog

桂blog >> 記事詳細

2018/06/25

団体鑑賞に行ってきました②

Tweet ThisSend to Facebook | by 企画部2
6月20日(水)、2・3年生は長岡京記念文化会館で「遥かなる甲子園」を鑑賞しました。

1964年、東京オリンピックの年。
沖縄で風疹が猛威をふるった。その時の妊婦から産まれた子どもの多くが、聴力障害を持っていた。 その子どもたちのために一過性の「ろう学校高等部」がつくられる。
 ろう学校生の一樹は、かつて沖縄代表の応援に駆けつけたとき、そこで『音』を見た。 「ルールに基づいて繰り広げられる戦いに、ろうあ者も健常者もない。」
一樹の想いに賛同して野球好きの仲間が集まり、校長の許可を得て彼らは野球部を作る。
 打球音も聞こえず、会話も困難で危険性のある中、彼らは手話をコミュニケーションとして、ただひたすら、高野連に加盟し、そして甲子園出場の夢のために日々猛特訓を続けていた。
 しかし「高校野球憲章第三章」は一樹たちの思いとは裏腹に、ろうあ者を初めから除外する規定になっていた。 甲子園の道は堅く閉ざされた…。打ち砕かれそうになる一樹を支えたのは、共に頑張ってきた仲間であり母であった。
 加盟をめぐってさまざまな思いが交錯するなか、マスコミや世論にも押されて野球連盟も重い腰を上げ、加盟を審査するためのテスト試合が行われることになった―――。
関西芸術座HPより引用







字幕が横に表示されます。効果音なども表示されていました。



手話のシーンもたくさんありました。



鑑賞後、代表生徒から花束の贈呈が行われました。
生徒たちは舞台に釘付けになっており、あっという間の2時間となりました。
16:26 | 行事
新着情報
 
表示すべき新着情報はありません。