↑中学生の皆様へ↑
 

メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿メディア情報中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置お魚MAP活躍する先輩たち(キャリアモデル)アクセス連携企業京水海洋同窓会
 





 

 

COUNTER

Total 令和3.4~169637

COUNTER

Total 令和2年度  714307
 

COUNTER

Total 平成24.3~6894955

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 

マリンバイオ部

 

日誌

マリンバイオ部の活動を紹介します
12345
2021/06/12new

6腕のヒトデ

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№662

6月5日(土)
魚類相調査において、6腕のイトマキヒトデを採集しました。

イトマキヒトデ 表側
イトマキヒトデ科
多くの生物は体のつくりが中心線から左右対称の左右対称動物ですが、ヒトデは棘皮動物で、基本的な成体の形態は五放射相称性になっており、体の中心か5つの同じ構造が伸びる極めて珍しい動物群に分類され、基本的には5腕です。時々4腕、6腕、7腕の個体が発見されるようです。



裏側


5腕のイトマキヒトデ




飼育することにしました。
12:00
2021/06/11new

トンボが羽化をしていました。

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№661

6月5日(土)
早朝、体育館へ向かう渡り廊下でトンボが羽化をしているのを見つけました。

写真撮影


どこからやって来たのでしょうか?


羽根や体を乾かしているようです。
調べてみると、シオカラトンボのメスのようでした。
12:00
2021/06/10new

メダカ水槽立ち上げ

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№660

6月5日(土)にメダカ水槽を立ち上げて、6日(日)に収容しました。



生体収容






収容した品種は楊貴妃、スーパー幹之、スーパーブラックです。
12:00
2021/06/09new

リュウグウノツカイをいただきました

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№659

5月30日(日)
漁師さんからリュウグウノツカイをいただきました。

宮津市田井漁港


定置網漁業で漁獲


全長:135cm 体高:5cm
12:00
2021/06/04

ヤマセミ

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№658

6月2日(水)、ヤマセミを観察しました。

舞鶴市下漆原付近


ヤマセミ
日本に生息するカワセミ類の中では最大です。下漆原付近では時々観察することができます。



4月10日 撮影


4月5日 撮影


2月14日 撮影


2020年8月4日 撮影


2020年7月27日 撮影


2020年7月13日 撮影

環境破壊等の影響で、全国的に個体数を減少させています。

12:00
2021/06/03

2021年5月 部活動写真

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№657

2021年5月 部活動写真













調査、飼育管理、研究等に取り組みました。
12:00
2021/06/02

ゴルゴンの頭「テヅルモヅル」

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№656

5月28日(金)
海洋科学科から、深海生物のテヅルモヅルをいただきました。(詳しい種類までは不明です。)

底曳網漁業実習を行った際に水揚げされたものです。


表側
テヅルモヅル科の棘皮動物で、クモヒトデの仲間です。
漢字では「手蔓藻蔓」になるようです。


裏側
中央に口が見えます。


学名:Gorgonocephalus eucnemisin
学名には「ゴルゴンの頭」という名前が付けられています。ギリシャ神話のゴルゴンが語源です。

12:00
2021/05/30

リュウグウノツカイより珍しいアカナマダ

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№655

5月28日(金)
宮津市田井の漁師さんからアカナマダをいただきました。



ナヌカザメの卵もいただきました。




アカナマダ
アカマンボウ目 アカナマダ科
図鑑等で調べてみると、墨袋を持っており、総排泄口から墨を噴くようです。


漁獲や打ち上げられる機会が極めて少なく、リュウグウノツカイより珍しい魚です。


体長69cm 体高12cm


著しく側扁する体幅
12:00
2021/05/28

ガンギエイの骨格標本

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№654

ガンギエイの骨格標本が完成しました。

5月14日(金)

ガンギエイ 背面
ガンギエイ科
日本の沿岸域に広く分布しています。
実習船「みずなぎ」の漁獲物です。


腹面






5月17日(月)





5月20日(木) 完成





背面


腹面

軟骨魚類のため鰭が縮んでしまいましたが、種の特徴をとらえた標本に仕上がりました。
12:00
2021/05/27

若いコウノトリ飛来(舞鶴市)

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№653

5月18日(火)
コウノトリを観察しました。

舞鶴市下漆原付近


J0302
初めて観察する個体です。足環からの個体識別で、福井県の巣塔で2020年4月生まれたメスであることが分かりました。まだ若い個体です。


索餌行動
カエルやドジョウを探して食べていました。
12:00
12345