橋立中学校ホームページへ ようこそ 
 

令和2年度 学校経営計画

橋立中学校

学校教育目標

確かな見通しを持って主体的に生き抜く創造性あふれる心豊かな生徒の育成


目指す学校像

一 明るく、きまりのある学校

一 生徒と教師が心をかよわせる学校

一 保護者や地域の信頼に応える学校


目指す生徒像

一 困難や失敗に負けない、しなやかな心をもつ生徒

一 思いやりの心をもって人と接することのできる生徒

一 時と場に応じた適切な言動がとれる生徒


学校経営方針

京都府教育振興プラン、学校教育の重点、与謝野町宮津市中学校組合教育委員会学校教育の重点を踏まえ、知・徳・体の調和のとれた人格の形成を目指す。

1 質の高い学力の育成と個性や能力の伸長(学び合える学級づくり)

2 豊かな人間性をはぐくむ心の教育の充実(認め合える学級づくり)

3 たくましく生きるための健康・体力の向上(高め合える学級づくり)

4 教職員の資質能力の向上        (信頼される学校づくり)

5 協働意識と組織的な指導体制の強化   (地域とつながる学校づくり)


目指す教師像

一 自身が学び続け、授業(指導)に熱心な教師

一 生徒と喜びや悲しみを共有できる教師

一 安全に留意し、健康で明るい教師

一 協働を意識した組織的な指導ができる教師

一 生徒の将来を見通し、指導ができる教師


学校経営の重点【令和2年度の重点】

 「自己指導能力の育成」~ たがやす・きたえる・つなぐ ~


1 個に応じた指導による学力の向上  「小中連携:つなぐ」 

 ア 生徒の学力・学習状況を的確に把握・分析し、生徒一人一人に応じたきめ細かな指導方法の工夫改善に努める。

 イ 校区小学校との連携を強化し、基礎・基本を徹底するとともに、学習習慣の確立を図り、主体的に学びに向かう力の育成を図る。

 ウ 全教育課程で「ことばの力」をはぐくむ言語活動の充実によって、思考力・判断力・表現力の育成を図る授業を創造する。

 エ 評価・評定の研究をより推進し、目標設定・指導実践との一体化を図る。

  (高等学校に進学するための資料にもなることをしっかりと自覚する。)

 オ 新学習指導要領の趣旨理解と移行等、全面実施に向けての準備を徹底する。


2 豊かな感性と人権感覚の育成  「道徳;たがやす」

 ア 自他の生命や人権を尊重する心(人権意識)を育て、同和問題をはじめとするさまざまな人権問題についての正しい理解や実践力の育成に努める。

 イ 特別支援教育についての正しい理解と認識を深め、生徒一人一人に応じた学びを支え、組織的な特別支援教育を推進する。 ※特別ではない特別支援教育

 ウ 生徒指導機能・体制を充実させ、いじめ、暴力行為等の予防、早期発見・早期対応に努める。


3 挑戦意欲と社会性の育成  「特活:きたえる」

 ア 学級活動や生徒会活動、部活動を充実させ、自らの課題を解決する意欲や実践力、対話的な学びを支え学校生活を拓いていく自治力を育てる。

 イ 高い志や目的意識を持ち、自らの進路を主体的に切り拓く能力や態度を育成する。

 ウ 深い生徒理解に基づく教育相談を充実させ、見立てに基づいて組織的に対応を進めるとともに、不登校の予防・未然防止に向けたきめ細かな指導を進める。

 エ 生徒の実態や行動の背景を的確に把握するとともに、育てる生徒指導を計画的に実施し、自主性・社会性を伸ばす。


4 家庭や地域社会とつながり、信頼される学校づくりの推進

 ア 各家庭との連携やPTA活動の充実等により、生徒の規律ある生活習慣(食育・眠育を含む)及び学習習慣の確立に努める。
 イ 生徒と教職員及び生徒相互の心のふれあいを大切にし、深い信頼関係に基づく人間    関係の育成に努める(生徒個々を見つめ、個に応じた適切な声掛けを行う)。

 ウ 学校だよりやホームページ、メール等による情報発信を積極的に行い、地域に開かれた、また家庭や地域社会に信頼される学校づくりを目指す。

 エ 生徒の防災意識等を高めるため、また、教職員の危機対応能力を育成するための実態に即した安全教育を計画的に推進する。

5 課題解決に向けた校内研修の充実

 ア 教職員の資質向上、並びにチームとしての協働意識の高揚につながる研修内容・研修方法を追求する。

 イ 研修内容や分析結果を、実施計画並びに指導実践に反映できる効果的かつ効率的な研修を推進する。

 ウ 新学習指導要領への対応