学校所在地

[本校]
〒620-0857
京都府福知山市土師650
Tel. 0773-27-2151
Fax. 0773-27-2826
Mail. fukuchiyama-hs@kyoto-be.ne.jp

[三和分校]
〒620-1442
京都府福知山市三和町
千束小字橋ノ谷35-1
Tel. 0773-58-2049
Fax. 0773-58-2049
 

   
 
  
PDFファイルをご覧いただくためにはAcrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。
 

アクセス数

663767

平成30年度福知山高校みらい考Ⅱについて

第2学年普通科生徒のみなさんへ

 第2学年「みらい考Ⅱ」レポート原稿をアップします。
 レポート原稿.docx

 

更新情報

                    ―京都府立福知山高等学校ホームページへようこそ!
2019.01.17 部活動ー演劇部活動報告(合同合宿に参加しました)。演劇部
2019.01.09 行事予定-3学期行事予定表(改訂版)を掲載しました。3学期行事予定表
2019.01.07 福高Information-第3学期始業式のようすを更新しました。
2019.01.07 福高Information-芸術特別講演会のようすを更新しました。
2019.01.07 行事予定-3学期行事予定表を掲載しました。
2018.12.28 部活動ー美術部活動報告(近畿高等学校総合文化祭)。美術部
2018.12.28 部活動ー美術部活動報告(京都国立近代美術館美術鑑賞)。美術部
2018.12.28 部活動―サッカー部活動報告(技術講習会)。サッカー部
2018.12.28 部活動―サッカー部活動報告(新人大会に向けて)。
サッカー部
2018.12.21 福高Information-第2学期終業式のようすを更新しました。
2018.12.21 福高Information-最先端物理学特別講義を行いました。
 

福高Information

―福高からのお知らせ・広報
12345
2019/01/07

芸術特別講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by 福知山高校管理者
 福知山高校では、予測不可能ともいわれるこれからの時代を生きる生徒にとって、感性を磨く芸術は大切なものであると考え様々な取組を行っています。その取組の一つが芸術特別講演会です。
 本年度は11月19日に、東京大学名誉教授、大原美術館館長の高階秀爾先生をお招きし、芸術特別講演会を行い、「東洋の美」と「西洋の美」の違いについて分かりやすく紹介していただきました。「日本特有の美意識を持って世界で活躍できる建築士になりたい」と代表生徒が謝辞を述べました。高階先生の研究されてきたことが生徒の心に響き、美術鑑賞への興味関心を持つ契機となりました。
 講演後の座談会には、芸術学や歴史学に興味を持つ生徒20名が参加し、「今、無駄と思えるものに、実は大切なものある」といったメッセージをたくさん受け取ることができました。
 
 

18:00
2019/01/07

3学期始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 附属中学校
 1月7日、第3学期始業式を行いました。校長先生より、アフリカンペイントアーティストのSHOGENさんの生き方から、目標に向かって努力を怠らないように激励の言葉をいただきました。SHOGENさんは、営業部員として働いていたが、雑貨店でペイントアート(ティンガティンガ)に出会ったことがきっかけで脱サラし、発祥の地であるタンザニアに渡航された方です。中学生、高校生ともにチャレンジ精神を大切に、次の時代への備えもふくめ、充実した3学期になるようにしてほしいと思います。
 

17:00
2018/12/21

2学期終業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 附属中学校
 12月21日、2学期の終業式を行いました。吹奏楽部の伴奏で校歌を歌い、宮下校長先生のお話を聴きました。ノーベル医学生理学賞を受賞された本庶佑特別教授や、近年活躍している若い世代のスポーツ選手の姿勢に触れ、「確固たる目標をもつこと」と「その目標を達成するために粘り強く取り組むこと、あきらめないこと」の大切さについて話されました。これから始まる冬休みを、安全に有意義に過ごし、元気な姿で新年を迎え、3学期をスタートできるように願っています。
 

17:00
2018/12/21

最先端物理学特別講義

Tweet ThisSend to Facebook | by 福知山高校管理者
 平成30年12月14日(金)第3限に、最先端物理学講義と題し、文理科学科2年6組物理選択者20名を対象に、大阪大学サイバーメディアセンター招聘教授で、現在、内閣府宇宙開発戦略推進事務局参事官 山口 修治 様を招いて講演会を行いました。
 
 講演の様子

 講演では、山口先生から、国が現在推進している最新の宇宙開発・利用や、その未来についての動向を、わかりやすい説明に楽しいトークを交えてお話いただきました。
 講義内容として、先生からは「宇宙は人類最後のフロンティアと考えられている。従来、国家が中心となり宇宙開発・利用が進められてきた。近年、これまで宇宙に関係のなかったベンチャー企業の力も加わり、開発速度が加速、衛星通信・放送・GPSだけでなく衛星データの利用や宇宙旅行など、新たなマーケットが生まれつつある。2030年代、人類は火星軌道への到達を目指している。そのため、2020年代、まず、月近傍に拠点を建設することが提唱されている。」といった最新の話題を語っていただきました。

月を拠点にした火星の開発について 

 参加していた生徒からは、「稲の収穫時期を見極めることに応用できるなど可能性が広がることは魅力だ。」、「宇宙旅行のことが聞けてよかった。昔は人類が空を飛ぶなんて夢だったが今は僕も飛行機に乗る。もしかしたら今から何十年後かには宇宙旅行が実現しているかもしれないと感じた。」、「ロケット打上げに100億円もかかるなんて驚いた。また、宇宙飛行士には学力や体力だけでなく、人格も重要だと知った。」などの感想が寄せられ、多くの生徒が「話を聞いてわくわくした。」と答えました。また数名の生徒は「ぜひ宇宙に行ってみたい。」と夢をふくらませていました。
 最後に先生からは、宇宙飛行士らの言葉を引用しながら「イオンエンジンのように1円玉を押す程度の力でも、止まらずゆっくり進み続ければ60億キロも進める。」、「いまできないことでもあきらめず願い続ければ必ず夢は叶う。」など、進路実現に向け、今まさに努力している生徒たちへの熱い激励メッセージをいただきました。
 本当に短い時間でしたが、生徒たちにとってとても意義深く、感動の時間となりました。
16:30
2018/11/19

平成30年度授業研究大会(公開授業)を行いました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 福知山高校管理者

 去る11月8日(木)、府内の府立学校および中丹管内の小中学校、教育委員会から計48名の教職員を招き、平成30年度授業研究大会(公開授業)を行いました。

 当日は、5限・6限に全教科による研究授業を行い、7限には各教科毎に分かれて研究協議を行いました。本年度の研究主題は「主体的・対話的で深い学びの実現に向けて」とし、また各教科ごとに小テーマを設け、春から取り組んできたことや日頃の教育実践について、学校や校種の垣根を越えて、活発な議論が行われました。アクティブラーニングなど、授業での工夫や悩みなどについて交流したほか、授業改善に向けての貴重な意見も交わされ、今後の教育活動に生かせる有意義な一日となりました。

 生徒たちにとっても、自己の「学び方」を見直すよい機会となったようです。実際、日頃から同じ教室で同じ授業を受けていても「得る学び」には違いがあるもので、生徒自らの授業への参加の仕方の大切さについて、気付くことができる一日だったのではないでしょうか。
     
     

<参加していただいた教職員の声>(アンケートから)

・一度で指示の通る生徒さん方の聞く姿勢や、自分の意見を堂々と発表できる雰囲気から、普段からの学習への関心の高さがうかがえました。先生と生徒の信頼関係も垣間見えました。
・「主体的・対話的で深い学び」という言葉に踊らされず、「どんな生徒を育てたいか」を教師がしっかりともち、生徒とそのゴールを共有しながら学び合っていくことが大切だと考えさせられました。
・大変素直で意欲の高い生徒で、関心しました。日本史では、時系列的に複雑な問いにも熱心に考えようとしていました。
・非常に勉強になりました。授業に取り入れている内容や、レベルの高さに感動するとともに、自分の授業の中にも活用して、よりよい授業を提供しなければとの思いをあらためて感じました。特に、高1では新入試が始まり、そのためには何が必要かということを常に学びながら授業をされていたように感じました。
・大変レベルの高いアクティブラーニングでした。全員の生徒が真剣に取り組んでいました。
・研究協議は、校種を超えて意見交流ができたので有意義でした。
・整然としたクラスで生徒たちの「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けて努力されている姿が印象的でした。自校の生徒も福知山高校のように希望進路の実現をさせていきながら「深い学び」になるよう授業していきたいと思いました。
・各校のいろいろな意見が聞けてよかった。大変参考になりました。
・電子黒板、タブレット等の有効活用もよいことと思いました。
・大変素晴らしい企画です。福高の授業のレベルの高さを感じました。
・研究協議での議論が大いに参加者の参考になりました。こうした機会をまた設けていただけると、授業改善の悩みや、ヒントを共有していけると思います。とても良い機会になりました。
・新しい学力と入試、時代に向けて今後も研究を進めたいと思います。本日は貴重な機会をいただき、ありがとうございました。
・このような広く開かれた公開授業の機会は今後も期待したい。今日はありがとうございました。
                                                                                (一部抜粋)
     
     
     
     


15:00
12345