普通科

福知山高校の普通科は,1学年4~5クラスです。習熟度別クラス編制(入学前に実施する学力診断テストなどを参考に総合的に判断)に加え、数学・英語において習熟度別授業を行い、生徒一人ひとりの着実な学力向上を目指しています。

2年生からは志望ごとにコースに分かれ、クラスを編制します。2年生では、数学・英語に加え、自然科学コースにおいて理科の習熟度別授業も行い、大学入試2次試験に必要な学力を養います。

学習を基盤に部活動や学校行事、ボランティア活動等との両立を通じて「人間力」を磨きます。

多様な希望進路に対応したカリキュラムで丁寧な進路指導を行っています。それぞれの希望する進路に向けて幅広く学習します。
 

みらい考

みらい考とは、福知山高校普通科が独自に行っている課題解決学習です。

自らテーマを決め、そのテーマについて調査・フィールドワークなどを通して考察します。まとめとして発表を行い、生徒どうしで意見・感想の交流を行います。

これらの活動を通じて、課題解決力や表現力を養います。