京都府立網野高等学校
 
 
生徒会活動日誌
123
2019/11/07

市議会議員の皆さんとの懇談会

| by 生徒会
京丹後市議会議員の皆さんとの懇談会に
現生徒会役員と次期生徒会役員が参加しました。

「自分が住み続けるならこんなまちにしたい」~20年後の京丹後市について~
をテーマにワールドカフェ方式でグループごとにディスカッションをおこないました。
①地域の誇れるもの、残念なところ
②理想の地域の将来について
③理想の将来について自分にできること
について意見を出し合い、各グループで活発に意見が出ていました。

 
 
 

14:04
2019/11/01

与謝の海支援学校交流会

| by 生徒会
第32回丹後府立高校・与謝の海支援学校交流会に参加しました!

   

本校からは、生徒会執行部とボランティア部が参加しました。
支援学校や他の高校の生徒と交流し、
有意義な時間を過ごしました。

13:37
2019/08/07

トウテイランの定植

| by 生徒会

生徒会執行部でトウテイランを植えました

 

度「京都府立丹後緑風高等学校 網野学舎」がスタートすることを受け、網野と久美浜をつなぐ象徴となるようトウテイランを植えようと、生徒会執行部で取り組みました。
トウテイランの栽培・普及に取り組んでおられる、峰山高等学校弥栄分校農園芸科3年生の皆さんの協力を得て、今回の取組が実現しました。

 

なぜ、トウテイランなのか・・・

京都府から島根県までの山陰海岸のごく一部に自生する日本固有の希少種で、環境省レッドデータブックの絶滅危惧種に指定されている貴重な花です。そして、トウテイランは「京丹後市の花」でもあります。しかも、網野~久美浜の海岸沿いに自生しています。網野と久美浜をつなぐ象徴になるのではないかと言うことで、このトウテイランを選びました。

現在、開花しております。
お立ち寄りの際は、ぜひ御覧ください。



 

 
09:56
2019/04/26

今年度生徒会方針が決定!

| by 生徒会
 4月26日(金)に生徒総会を行い、
 今年度の生徒会方針を発表しました。

  生徒会方針
     山溜穿石(さんりゅうせんせき)
          ~What will you do today?~

 山溜穿石の、「山溜」とは山から滴り出る水のことであり、
 山から滴り出る水が、長い時間をかけて、
 岩石に穴をあけることから生まれた四字熟語です。 
 そのことから「小さな努力を重ねていけば、
 どんなことも成し遂げることができる。」という
 意味を持っています。
 
 副題の「What will you do today?」は、
 「今日は何をする?」という意味で、
 小さな努力を重ねることの大切さを強調しています。

 この方針の下、生徒会執行部13名は本格的に動き始めました。
 生徒会活動への御協力をよろしくお願いします。

  
 


17:25
2018/09/20

学芸委員会 文化祭企画

| by HP担当者

 文化祭で行った学芸委員会の企画について紹介します。

 

 文化祭1日目に「図書館からの挑戦~閃きと直感で脱出せよ~」と題してリアル脱出ゲームを行いました。制限時間内に仲間と協力してクイズを解き、図書館から無事脱出できればクリアです!
 当日参加16チーム(計56人)のうち見事脱出できたのは、4チームのみ。なかなか難しい問題ばかりでしたが、生徒はみなそれぞれチームで知恵を絞りながら真剣に挑戦していました。クイズの問題作りや司会進行など、委員たちが試行錯誤した甲斐あって、面白い取組になったと思います。



 2
日目は「古本市・古雑誌市」を行いました。延べ116人の方に参加していただき、大変賑やかなイベントになりました。
気に入った本を見つけて嬉しそうな生徒の姿を見て、こちらも嬉しくなりました。普段あまり本を読まない生徒にも興味を持って様々な本を手に取ってもらえたと思います。

 今回古本・古雑誌提供に御協力いただいたみなさま、ありがとうございました。いただいた古本の一部は古本ボランティアに提供する予定です。

 


 また、文化祭2日目から9月の図書館企画として、「リレー小説を書こう!」とおみくじ企画も行っています。おみくじ企画は今月から
手作りガチャポン方式になりました。リレー小説は文化祭以来なかなか進まず…果たして9月中に物語が完成するのでしょうか…!?



16:00
123