ようこそ和知小学校のホームページへ 元気が一番、輝け!和知の子


京丹波町立和知小学校
 

日誌

校長室
12
2019/03/15

3月

Tweet ThisSend to Facebook | by 和知小学校

季節は めぐって

 和知小学校にも、また春がめぐってきました。保護者・地域の皆様には、本年度も、子ども達への応援、学校の教育活動へのご理解・ご協力・ご支援をいただき、ありがとうございました。
 年度末を迎えるにあたって、学校教育の目標について、再確認しておきたいと思います。
 学校教育は、子ども達に「生きる力」を育むことによって、子ども達が幸せになることを目指しています。「生きる力」として、「知(確かな学力)」と「徳(豊かな心)」、「体(健康な体)」の育成に取り組んでいます。
 身に付けた「知・徳・体」が、生きて働くために、必要不可欠なものがあります。それは「良い習慣」です。良い習慣には、学校でつける学習習慣や生活習慣もありますが、「出会った人に気持ちのよい挨拶ができる」、「家で1時間、机に向かって学習する」、「夜は早く寝る」、「朝ごはんをしっかり食べる」などの、家庭や地域の皆様とともに、育んでいくものもあります。
 良い習慣は、子ども達にとって一生の宝物となります。学校で、家庭で、地域で、ともに育んでいきましょう。
 今年度の残りの日々も、来年度も、皆様のご理解・ご協力・ご支援をお願い申しあげ、年度末の挨拶とさせていただきます。

11:41 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/02/13

2月

Tweet ThisSend to Facebook | by 和知小学校

春 遠からじ

 11月に、4年生が植えた「人権の花」である「スイセン」が着実に育っています。球根から伸びた緑色の葉の間に、つぼみのついた白い茎が伸びてきています。ここ数週間の寒さにも負けず、遠からぬ春の準備をしているかのようです。
 2月8日には、「和知小学校伝統文化クラブ卒業公演会」を開催いたしました。保護者・地域の皆様には、お忙しいところ、また厳しい寒さにもかかわらず、多数ご参観いただき、ありがとうございました。とりわけ、伝統文化クラブでご指導をいただきました皆様方には、本当にお世話になりました。おかげさまで、子ども達は日頃の練習の成果を十分に発揮し、立派に発表することができました。あらためて、感謝申し上げます。
 子ども達、特に卒業生は、この発表会にあつい思いを持ってのぞみました。発表の後には、涙を流す姿もあり、「やりきった」という充実感に満ちておりました。このような貴重な体験をさせていただき、和知の子ども達は幸せです。
 卒業式・修了式が約1ヶ月後に近づいてきています。我々、和知小学校の教職員一同、子ども達が有終の美を飾れるよう、努力してまいります。本年度のゴールまで、子ども達への応援と学校へのご理解・ご協力・ご支援を、引き続きよろしくお願いいたします。

14:50 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/01/11

1月

Tweet ThisSend to Facebook | by 和知小学校

新年あけまして おめでとうございます

 1月7日(月)は始業式。子ども達の笑顔と賑やかな声が、新春の学校を華やかにしてくれました。
 始業式では、子ども達に次のような話をしました。
 3学期は短いけれど、とても大切な学期です。1年間のまとめをするとともに、次の学年に進む準備をする学期です。1年間学んできたことがきちんと身に付いたかどうか確かめ、しっかり復習して身に付けていきます。伝統文化クラブ卒業公演やなわとび大会、6年生を送る会、卒業式などの行事をみんなの協力で成功させて、次の学年・学校へ進級・進学する心の準備もします。
 ところで、木には「年輪」があります。年輪の黒いところは、厳しい冬の間にゆっくりじっくり育ったしるしです。ぎゅっと堅くなっています。年輪があるから、木は強く大きく育つことができます。みんなも同じです。この3学期にしっかり1年間のまとめや来年度の準備をして、成長のあかしを残していきましょう。

 今学期も、子ども達への応援と学校へのご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

13:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/12/19

12月

Tweet ThisSend to Facebook | by 和知小学校

ありがとうございます

 「山粧う」から「山眠る」季節に移り変わり、21日(金)は2学期の終業式です。今学期も保護者と地域の皆様には、本校教育の推進にご理解とご協力、ご支援をいただき、ほんとうにありがとうございました。おかげさまで充実した2学期の終業を迎えることができます。
 今学期の主な行事や取組として、9月には「運動会」、10月には「学習発表会」、11月には「校内持久走大会」や「駅伝大会」、12月には「人権旬間」を開催・実施しました。それぞれの行事や取組を通じて、子ども達の大きな成長がみられました。保護者と地域の皆様の応援や見守りのおかげだと感謝しております。
 22日からは、子ども達が待ちに待っていた冬休みに入ります。年末・年始を、ご家族の皆様と楽しく有意義に、過ごすことでしょう。子ども達がその中で、昔ながらの習慣、和知地域ならではの風習を、体験できることを祈念しております。
 3学期も皆様方の子ども達への応援や見守り、本校へのご理解とご協力、ご支援をお願いして、2学期終業の挨拶とさていただきます。

16:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/11/16

11月

Tweet ThisSend to Facebook | by 和知小学校

「 人 権 の 花 」
 11月9日(金)、「人権の花」運動として、4年生児童が本校を代表して「スイセン」の球根を植えました。
 スイセンは、人権の花にふさわしく白や黄色の「やさしい」色あいの花です。
 スイセンは「強い」花でもあります。冷たい雪や氷に覆われた地面の中でもしっかりと育ち、早春に咲きます。どの花よりも早く、春の訪れを教えてくれます。
 しかし、そんな強いスイセンも、冷たい雪や氷に覆われている間は、咲くことができません。雪や氷がとけて、「あたたかい」春が訪れないと、咲かないのです。
 子ども達にも、スイセンのように一人一人強く育ってほしいと思います。
 また、冷たい雪や氷の中では、スイセンが咲かないように、子ども達を取り巻く環境「学校」「家庭」「地域」が、春のように「あたたかく」「おもいやり」のあるものであるようにと願っています。
 そして、子ども達一人一人が、スイセンのような「やさしい」花を、心の中にいっぱい咲かせてほしいと祈念しています。


11:26 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2018/08/31

8月

Tweet ThisSend to Facebook | by 和知小学校

目的を持って取り組む
 猛暑の中、静まりかえっていた学校に、子ども達の元気な声が帰ってきました。2学期は多くの行事や取組に挑戦し、成長していく学期です。どの行事や取組にも、しっかり目的を持って取り組んでいきたいものです。
 イソップ寓話に「3人のレンガ職人」の話があります。
 旅人が、ある町を訪れたとき、レンガを積んでいる3人の職人に出会います。旅人が「何をしているのですか?」と尋ねると、3人は異なった返事をしました。
 1人目は、つらそうな顔をして「レンガを積んでいるんだ。」とこたえました。
 2人目は、元気そうに「壁をつくっているんだ。これで生活しているんだ。」とこたえました。
 3人目は、瞳を輝かせて、こうこたえました。「私はこの町のために、歴史に残る大聖堂をつくっているんだ!」
 やっていることは全く同じでも、しっかりとした目的を持つことで、意欲的になり、自分のやっていることに、誇りを持つようになります。


14:29 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2018/07/17

7月

Tweet ThisSend to Facebook | by 和知小学校

夏休みを迎えるにあたって
 梅雨が明け、本格的な夏がやってきました。校庭には蝉の鳴き声が響いています。子ども達が待ち望んでいる夏休みがそこまで来ています。今学期も保護者・地域の皆様には、本校教育の推進にご理解・ご協力をいただきましたことに、厚くお礼申し上げます。
 過日の「平成30年7月豪雨」では、本校校区でも被災された方々がおられ、1日も早く普段の生活へ戻られますことを祈念しております。
 7月3日の地域別懇談会では、全ご家庭の参加のもと、主任・民生児童委員の皆様にも多数ご参加いただき、夏休みの行事や生活についてご協議いただきました。ありがとうございました。夏休みも引き続き、子ども達に良い習慣が身についていきますよう、よろしくお願いいたします。夏休みが規則正しい生活と豊かな体験で充実したものとなりますことを願っています。


09:50 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/06/19

6月

Tweet ThisSend to Facebook | by 和知小学校

地域の皆様と ともにいただいた賞
 6月10日(日)、福島県南相馬市で開催された「第69回 全国植樹祭」、天皇皇后両陛下御臨席の記念式典において、和知小学校が「国土緑化推進機構会長賞」の表彰を受けました。
 この賞は、和知小学校が長年にわたり、緑化活動と緑化活動を通じた京丹波町役場や府立須知高等学校、和知山野草の森、府立林業大学校、北海道下川町、京丹波町森林組合等、多くの方々との交流を積極的に行ってきたことに対していただいたものです。
 そして、何より、日頃地域の皆様から「うらら会」を通していただいているご支援があったからこそ、受賞できたものと感謝しております。地域の皆様、本当にありがとうございます。皆様とともにいただいた賞です。ここにお披露目いたします。
<和知小学校の主な取組>
  ○京丹波町企画政策課と京丹波町森林組合の協力による植樹活動
  ○府立須知高等学校のウィードの森や京丹波町木育ルームの見学と学習
  ○京丹波町の緑化推進のための本校児童と役場職員との意見交流
  ○北海道下川町の児童の来町と交流、本校児童の下川町への派遣と学習
  ○府立林業大学校と京丹波町企画政策課による町内産材を使った工作
  ○和知山野草の森における植物への関心を高める活動(1年生歓迎遠足)
  ○「うらら会」による和知地域の自然探索フィールドワーク
  ○京丹波町森林組合の育樹や間伐、伐採、運搬等の作業の見学と授業


13:42 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/05/16

5月

Tweet ThisSend to Facebook | by 和知小学校

「良い習慣」は一生の宝物
 目に美しい若葉が、日に日に濃い初夏の色に変わっていく好季節となってまいりました。4月28日には、PTA総会も開催され、いよいよ和知小学校の新年度が本格的に動き出しました。
 PTA総会では、次のような話をしました。「学校では、子ども達に『基礎学力』を身に付けさせ、その基礎学力を『活用する力』を伸ばしていきます。そして、家庭の皆様、地域の皆様、一緒に協力して、子ども達に『良い習慣』を身に付けさせていきましょう。ご協力よろしくお願いいたします。」
 良い習慣とは、「出会った人に挨拶すると気持ちが良い」「歯を磨かないと気持ちが悪い」「家で1時間は勉強しないと気がすまない」「夜は早く寝たい」「朝はしっかりごはんを食べたい」・・・などです。良い習慣は、子ども達の一生の宝物になります。
 では、良い習慣を身に付けさせるには、どうすればいいのでしょうか。日本には、山本五十六の有名な言葉があります。「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ。」です。「①手本を見せる ②説明する ③実際にやらせる ④褒める」ことが、躾の基本です。
 子ども達に一生の宝物を身に付けさせるため、本年度も、家庭・地域の皆様とともに歩んでいきます。どうぞよろしくお願いいたします。


11:06 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2018/04/12

4月

Tweet ThisSend to Facebook | by 和知小学校

新しい春のスタート
 やわらかな陽ざしに校庭の花々も見頃を迎え、和知の里も春本番の好季節となってまいりました。
 平成30年度、和知小学校は、新入生5名を迎え全校児童79名でのスタートです。始業式と入学式では、まず「(体も心も)元気が一番」であること、平成13年(2001年)の開校以来大切にされてきた「(児童が)輝く」ということについて、話しました。その上で、全校児童一人一人が、互いに友達のよさと輝きを認め、学び合いのできる「和知の子」を目指してほしいことも話しました。児童一人一人がそれぞれに自分のよさを発揮し、79人の個性が輝く和知小学校になることを期待しています。
 今年度の教職員人事異動によりまして3名の職員が転出し、新しい職員体制となりました。昨年度に引き続き、地域教育協議会“うらら会”のご支援も受けながら、教職員一同、本校児童の健やかな育ちのために全力で取り組んでいく所存です。保護者の皆様、地域の皆様の変わらないご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


16:41 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12