学校ニュース

高等部ニュース
1234
2020/10/28new

布加工の歴史

Tweet ThisSend to Facebook | by tyuutan

<この記事は高等部8・9組の生徒が作成しました。>

 

僕たちは、中丹支援学校の布加工の歴史について調べるために、布加工担当の先生にいろいろなことを聞いてみました。まず、布加工は、1984年ごろは、元々家庭科の授業だった事がわかりました。その後、1988年ごろに「職業」といわれるようになり、さらに「作業学習」と変わっていったそうです。

また、製品はイオン福知山店やスーパーマツモトあやべ店などで、毎年販売しています。現在の製品は10種類、過去も合わせると30種類もあるそうです。

先生に、得意な作業を聞いてみると、「端のミシンがけ、アイロンがけ、布の裁断など」ということでした。布加工について知らない事がたくさんありましたが、質問することで、たくさんのことが分かってきました。これからも、たくさんの製品を心を込めて作っていきたいです。


これはエコバッグを作っている様子です。彼に「作ってみた感想は?」とたずねたところ、「布加工は色々失敗したことはあるし、難しいけど楽しい事もあります。」と答えてくれました。


14:15
2020/10/28new

楽しい1・2組の音楽

Tweet ThisSend to Facebook | by tyuutan

<この記事は高等部8・9組の生徒が作成しました。>

中学部12組の音楽では、夏のお祭りのイメージでキラキラした飾りやカツラをつけて、楽しくマツケンサンバを踊ったりしていました。生徒たちは前で踊る先生を見ながら、一緒に体を動かして楽しんでいました。

1学期は、楽器の勉強で雨の音をならしたり波の音をレインスティックで鳴らしたりしていたそうです。2学期は、花火の音や色々な身近な音を楽器で表現していました。たとえば、太鼓をドーンと鳴らしたり、たくさん打ったりしていろいろな花火を表現していました。

 
14:11
2020/10/28new

小学部8組 いもほり練習

Tweet ThisSend to Facebook | by tyuutan

<この記事は高等部8・9組の生徒が作成しました。>

 

1012()に、小学部全員が夜久野のある農家の畑に校外学習に行きました。当日までに行った小学部8組のいもほり練習について紹介します。

8組のいもほり練習では、一人一人がもくもくと集中しつつ、楽しそうな表情を浮かべている児童もいました。 皆とても上手に掘ることが出来ていました。

芋堀りのポイントはゆっくりと探すこと、しっかり根を切ることなのだそうです。さつま芋の模型を使用して練習し、根を切る動作をベルトとマジックテープを使って行っていました。みんないもほりの当日をとても楽しみにして、練習を繰り返していました。


 
14:05
2020/10/27new

高3・4組 福知山城見学

Tweet ThisSend to Facebook | by tyuutan
<この記事は高等部89組の生徒が作成しました。>

9月9日(水)、高等部3・4組が、1031日(土)に行われる学校祭の作品展に出展する福知山城の絵を描くために福知山城に行きました。

行く途中、日陰のところを選ぶなどの熱中症対策を行いました。暑い日でしたが、福知山城の高い所では、風がスゥーと入って気持ちのよい天気だったそうです。生徒たちは、福知山城を見て想像以上の大きさに驚きながら写真を撮っていました。さらに福知山城の石垣の大きい石や小さい石などを触り、「ざらざらしていた。」と感想を述べていました。

 

 


16:57
2020/10/27new

小4組 寒天遊び

Tweet ThisSend to Facebook | by tyuutan
<この記事は高等部89組の生徒が作成しました。>

小学部4組では、1年生から2年生までが学習しています。遊びの指導で「寒天」を使った授業をしていました。児童たちは、カラフルな「寒天」で楽しそうに型を取ったりパフェを作ったりしていました。遊びの指導では、児童たちが、ルールを守って、皆と一緒に活動することを目標としているそうです。みんなは先生の話をしっかり聞き、ルールを守り、集中して活動していました。


 
16:52
1234