校章とその意義


1 京都府立学校であることを示すため、校名の「中」「丹」の二文字を使って、京都府の花、しだれ桜をかたどっている。

2 五枚の花びらが、校区旧二市三町のそれぞれを意味している。

3 養護学校をあらわす「養」の文字を中央に置くことにより、みんなで手をとりあって、明るく、生き生きとした学校をめざし、守り、
  育てることを意味する。


校歌「みんなの学校」




沿 革
昭和58年9月1日 京都府立新設養護学校(中丹波地区)開設準備室を京都府中丹教育局に設置 室長 辻本 晃一 就任

昭和58年12月1日 
京都府条例30号をもって京都府福知山市大字私市に「京都府立中丹養護学校」設置
                初代校長 辻本 晃一 就任


昭和59年3月26日 現在地に移転

昭和59年4月12日 
第1期工事(教育棟、食堂、機械棟)完成

昭和59年4月13日 開校・入学式挙行

昭和60年3月14日 
小学部・中学部第1回卒業証書授与式挙行

昭和60年4月12日 
第2期工事(管理棟、体育館)完成

昭和60年6月17日 
第2期工事(管理棟、体育館)竣工式挙行

昭和61年3月14日 高等部第1回卒業証書授与式挙行

昭和61年3月25日 
第三期工事(訓練棟、プール)完成

昭和62年4月1日 
第2代校長 拝師 芳孝 就任

平成2年4月1日 
第3代校長 杉之下 與志彦 就任

平成3年4月1日 
第4代校長 池田 賢二 就任

平成5年4月1日 
第5代校長 桂 數毘詁 就任

平成5年11月30日 
開校10周年記念式典挙行

平成6年2月10日 
平成4・5年度文部省特殊教育教育課程研究指定校研究発表

平成7年4月1日 
第6代校長 内藤 正名 就任

平成10年2月1日 
第7代校長 拝師 暢彦 就任

平成11年4月15日 文部省平成11・12年度特殊教育研究協力校(職業教育)研究発表

平成12年3月31日 
教育棟増築工事(教育棟、渡廊下、バス車庫、プラットホーム上屋根)完成

平成13年4月1日 
第8代校長 井上 正次 就任

平成15年12月1日 
開校20周年記念式典挙行

平成17年4月1日 
第9代校長 矢原  守 就任


平成21年4月1日 第10代校長 澤田   均 就任

平成24年4月1日 第11代校長 今井 俊行 就任

平成25年4月1日 第12代校長 碓井 英善 就任

平成26年4月1日 第13代校長 菅生 和己 就任