PTA会則


                    京都府立中丹支援学校  PTA会則

第1条(名称) この会は京都府立中丹支援学校PTAとし、事務局を中丹支援学校に置く。

第2条(会員) この会の会員は、本校に在籍する児童生徒の保護者及び教職員をもって構成する。

第3条(目的) この会は、保護者と教職員が協力して児童生徒の障害の軽減克服につとめ、自立と社会参加をめざし、幸福な成長を図るため会員相互の教養と親睦を深めることを目的とする。

第4条(事業) この会は前条の目的を達成するため次の事業や活動を行う。
      1 会員相互の教養(教育・医療・進路)に関する学習を進める。
      2 会員相互の親睦と協力関係を深め合う。
      3 学校内外における教育環境の整備改善に努める。
      4 学校の諸行事に共催や協力関係を進める。
      5 地域・関係P連など関係団体への参加を図る。
      6 その他 本会の目的達成に必要なことを行う。

第5条(役員) この会に次の役員を置く。
      1 会長 1名 副会長 1名 専門部長 3名 庶務・会計 3名 会計監査 2名
      2 役員の任期は1年とし、再任は妨げない。
      3 次期役員が就任するまでは、前任者が代行する。
      4 庶務・会計のうち2名は、教職員をもってあてる。

第6条(役員の任務) 役員の任務は次のとおりとする。
      1 会    長 会長は本会を代表し、会の運営に責任をもつ。
      2 副  会  長 会長を補佐し、会長に事故のある時は、その任務を代行する。
      3 部    長 専門部会を掌握し、この会の目的達成のための活動を行う。
      4 庶務・会計  この会の庶務及び会計出納に関する事務を行う。
      5 会計監査  会計出納事務の監査を行う。

第7条(委員) 委員として次の者を置く。
1 地域委員 地域委員は地域相互の連絡を図ると共に、地域での活動の中心となる。
      2 学部委員 学部委員は、学部集会の意見をまとめ学部活動の中心となる。

第8条(役員及び委員の選出) 役員及び委員は次の方法によって選出する。
      1 役員
            (1) 会 長 役員選考委員会が選考し、信任投票により承認を受ける。
(2) 副会長、専門部長、庶務・会計、会計監査 役員選考委員会が会長候補者と協議の上選考し、信任投票により承認を受ける。
            (3) 信任投票は高等部3年の保護者を除く、PTA会員が行う。 
     2 地域委員

(1) 地域委員は、二市より各2名を役員選考委員会が会長候補者と協議の上選考する。
 


     3 学部委員
(1) 学部委員は、各学部より1名を役員選考委員会が会長候補者と協議の上選考する。
           
      4 役員選考委員
            (1) 役員選考委員は、学部委員・地域委員の奇数人員によって構成する。

第9条(専門部) この会に次の専門部を置く。
      1 教養部 会員相互の教養の向上を図る。
      2 広報部 会報の編集と発行をする。
      3 保体部 保健体育の向上を図る。
  部は合同委員会において構成し、会長が委嘱する。副部長1名は互選により選出する。部員定数はその都度定める。(旧)

 部は合同委員において構成し、会長が委嘱する。必要があれば副部長1名  は部員の互選により選出する。部員定数はその都度定める。

第10条(機関) 本会の運営に関し次の機関を置く。
      1 役員会
(1) 役員会は、会長 副会長 部長 庶務・会計で構成する。
(2) 役員会は、本会の運営について協議し検討を行い各部の連絡調整を図り、必要な事項を処理し総会に提出する議案を調整する。
(3) 役員会は月1回程度開く。また会長が必要と認めたときは、随時召 集する。
      2 合同委員会
(1) 合同委員会は、第6条に定める役員(会計監査を除く)及び第7条 に定める委員をもって構成し、会の運営に関する事項を協議する。ただし緊急やむを得ないときは総会に代えて決議をすることができる。議長はその都度委員の中より選出する。
(2) 役員会に諮り、会長が召集する。
      3 総会
(1) 総会は全会員をもって構成し、この会の最高決議機関で会員の3分の1以上の出席(委任状を含む)がなければその議事を開き議決することはできない。
(2) 総会は定期総会(年1回)と臨時総会とする。臨時総会は会長が必要と認めた時、または会員の3分の1以上の要求があった時開催する。
(3) 総会の議事は、出席者の過半数で決定する。可否同数のときは議長が決定する。
(4) 議長はその都度選出する。
(5) 総会において会則の改廃、決算・予算の承認、事業報告・事業計画の承認、その他重要な事項の審議等をする。

第11条(会計) この会の会計は、会費及びその他の収入をもってあてる。本会計年度は 毎年4月1日より翌年3月31日までとする。会費の額及び納期は総会で決める。

第12条(帳簿) 本会に下記の帳簿を備える。
                記録簿 会計簿 会員名簿 役員名簿 その他必要な帳簿


                                  附  則

第1条 会長及び会計監査を除く役員、委員は各専門部々員として所属するものとする。

第2条 本会員及びその子弟(ただし本校在校生)の死亡の時は、5,000円の香資又は供花を供し弔意を表す。

第3条 本会則は、昭和59年5月23日より実施する。

第4条 本会則は、平成6年3月3日一部改正する。

第5条 本会則は、平成10年3月3日一部改正する。

第6条 本会則は、平成12年5月11日一部改正する。

第7条  本会則は、平成13年5月19日一部改正する。

第8条 本会則は、平成18年5月30日に一部改正する。

第9条 本会則は、平成23年5月17日に一部改正する。

第10条 本会則は、平成24年5月16日に一部改正する。