現在までの訪問者数968048
 
 
       コンセプト
 
 

メニュー

教育局の概要学校教育社会教育講師採用・人材育成学校一覧文化財リンク集ダウンロードページ
◆平成31年度 中丹の教育
『共生社会の実現を目指して』
※各ページをクリックすると、PDFで見ることができます。

(表紙)


  (1ページ)                  (2ページ)    


(3ページ)                   (4ページ) 


(5ページ)                   (6ページ) 


(7ページ) 

※全ページご覧になる場合は、以下の画像をクリックしてください。
(印刷時に製本設定にしていただくと冊子として利用いただけます。)
↓↓↓全ページ↓↓↓

 
「やる気理科観察シート」の活用について

※ 上の活用については、ダブルクリックすると、PDFで見ることができます。
◇ 各シートは、トップメニューの「ダウンロードページ」→「やる気理科観察シート」で、お探しください。
 
平成31年度 小学校外国語活動年間指導計画等 について
小学校外国語活動指導計画等作成検討会議

● 第5学年


● 第6学年


● 5・6年生共通
※ 上記の3つの指導例は、それぞれの部分をダブルクリックすると、PDFで見ることができます。

◇ 外国語に係る詳細授業指導案(例)は、トップメニューの「ダウンロードページ」→「小学校外国語活動」で、お探しください。
 

ダウンロード

<平成30年度>
◆コア会議提出シート例
 実践シート例1.doc / 実践シート例2.doc
 ※ なお、本シートは、ワード(拡張子.doc) となっております。

<~平成29年度>
◆「みんなの笑顔」特別支援教育研修会(10/31)
 自校の振り返りシート.doc

◆学力充実対策会議(5/31)
   実践レポート用紙学力充実対策会議研究協議資料.doc  

中丹地域の特別支援教育の取組全体図(H29)

◆特別支援教育「中丹★研修ガイド」
   表紙.pdf    30中丹★研修ガイド.pdf

◆英語力向上プロジェクト(H25更新)
  つないでシート・ふりかえりシート

◆理科力向上プロジェクト(H27更新)
  小・中学校理科ふりかえりシート 
  やる気!理科実験リーフレット

算数・数学魅力アッププロジェクト

学校と地域を結ぶプロジェクト(H25)

みんなの笑顔プロジェクト(H23更新)
 
                 
                      ↑ 詳しくはここをクリックしてください。



                  
 

中丹管内の学校紹介コーナー

加久藤(かくとう)火山灰の露頭
 福知山市立有仁小学校西側、山の斜面に、※加久藤(かくとう)火山灰層が見られます。京都府内で唯一確認できる、非常に貴重な地質資料です。

 ※加久藤火山灰・・・ 約33万年前の大噴火により加久藤盆地(鹿児島県から宮崎県にまたがるカルデラ性盆地)から飛来した火山灰

絵文字:マル過去に紹介した学校

 
 

京都府教育委員会相談窓口等

性格・行動・友人関係、心や体の発達・学業、
不登校やいじめ、しつけや子育てなどに
ついてのご相談を受け付けています。
電話           メール
  

ネットいじめを発見されたときは、
こちらから通報してください。



京都府教育委員会へのご意見箱
ご意見箱京都府の教育に関するご意見・ご提案をお寄せください。
 
 通 信 3 部 作  管内の「学校」「家庭・地域社会」の取組を発信しています。
               なおこの通信3部作は、平成21年度京都創発事業に認定されました。
     

まなび通信
(府立学校版)

はぐくみ通信

9月24日(第150号)発行
8月26日(第149号)発行
7月29日(第147号・148号)発行

7月11日(第56号)発行

9月20日(第101号)発行






 

 

 

中丹教育局 トピックス

新着情報 >> 記事詳細

2018/12/12

平成30年度中学校外国語科授業研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by tyuutan-kadmin

1122日(木)、管内中学校外国語科主任を対象に、平成30年度中学校外国語科授業研究会を開催しました。
 新学習指導要領で示されている今後の指導の方向性を見据えた単元指導計画、学習指導案、学習到達目標と関連付けた多面的な評価方法などについて、「中学校外国語科チーム会議」研究員で検討し、研究員代表による授業を公開しました。

研究協議では、公開授業で参考になった点や工夫されていることをもとに、「4技能5領域を総合的に育成する指導と評価の工夫改善」について自己(自校)の実践・取組で今後さらに工夫改善を図ることについて交流を深めました。

「英語を使って何ができるか」という観点で、学校や学年、また各単元において付けさせたい力を明確にし、見通しを持たせた授業づくりの大切さを再確認する機会となりました。

 

  
 


08:59